November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
My Photo

クロック


相互リンク


  • おるとグルメ 〜 Alternative Gourmet

リンク(バナーあり)

ココフラッシュ

無料ブログはココログ

Main | May 2004 »

April 2004

キサスキサスキサス

Yahoo! JAPANで”「競走馬失格」の馬が24連勝”という記事を読んだ。
”キサスキサスキサス”というなんとも読みづらい「さすがの猿飛」に出てくるような名前の馬だった。
荒尾競馬に所属する馬らしい。

あっしは中央競馬と地方競馬は一体化したほうがいいと思っている口だが、こういう中央と地方のコントラストみたいなものをみると、そういうのも揺らいでしまう。

もちろん、連勝は中央でもありえないことではない。転厩したら勝ちだすというケースもあると思う。
でも、ここまでの記事にはならないし、24連勝なんて数字はありえない。こんなに勝ったら殿堂入りの名馬になってしまう。

地方競馬では100連敗とか、20連勝とか中央ではありえない、とっぴょうしもない数字が出てくるところにおもしろいところがあるのかもしれない。昔、ホクトベガが何10馬身差かで勝ったのも地方の交流レースだったように思う。

競馬はスターホースいれば売上が上がるみたいなところがあるから、キサスキサスキサスには勝ちまくってほしい。出場可能なのか知らないけど、ジャパンカップダートに出られるくらいに…

今朝の風景

今朝、散歩に行きました。天気がよかったので、デジカメを持っていきました。

ちょうど今が、つつじの盛り(実は、ちょっと過ぎてしまっていますが)。
何枚かカメラに収めました。
いいおっさんが花の写真をとるというのも、結構、人目を気にしますね。

そのうちの一枚。画像が小さいので一番花が大きく写ったものを載せます。

SANYO0404292.jpg

いいおやじが花の写真でもないのですが、まあ、季節を残す意味合いも含めて…

本日のラーメン

本日の昼食は、「中華三昧 北京風」です。
キャベツを刻んで麺と一緒に一緒に茹でました。

小ねぎ、ラー油、おろしにんにくで味付け。

ご覧あれ。

SANY00404291.JPG

色の調整がうまくないか。写真はむずかしい。

年金ゴタゴタ

まあ、どうでも良いが…、たまには時事ネタでも。

年金払ったの払わなかったの、国会議員さんが自己申告してますね。
「福田さんが払ってなかったあ」ってニュース速報まで出るもんなあ。
「年金未納3兄弟」命名者の菅さんも払ってなかった時期があるそうで…
「私も兄弟の杯を頂きます」ってことでしょうか。

あっしも転職を結構やったので、こういう手続きの切り替えをやりました。
面倒ではあるよね、確かに。

健康保険もそう、1つにすりゃいいのに。なんか、再計算とかが発生するもんだから、
来年から保険料大幅アップなんつーこともありましたよ。

年金も議員年金ベースなんていうのがいいね!10年、年に100万程度
払えば、一生、毎年400万ぐらい頂けるそうな。無理してでも払うね、たぶん。
いまだかつて年収400万を超えたことなんてないもんな。貧乏人向けだよ。
たまには小さな夢でも見ろって、国も言ってくれてもいいじゃん。

年金って、世代間扶養って考え方があるってことは、互助制度みたいなものでしょ。
いまは弱肉強食傾向が強いから、助け合いなんていってられないよ。
買い物のつり、1円、2円を募金箱に入れるのとはわけが違う。

年金維持するなら、所得税累進で、金持ちからごっそり取ればいいんじゃないの?
年金世代は総中流ってね…

だれも働かない社会にはなるね。たぶん。

今日もラーメンを食す

本日の昼食はこれ。「麺の達人 みそ」。
麺達シリーズはうまい。でも、ちょっと値がはるので贅沢品。

にらが余っていたので、ごま油で軽くいためてトッピング。

ご覧あれ。

SANY00404271.JPG

やっぱ、まずそう。写真の補正がうまくいかん。
デジカメのピントが甘いし。つまらんことばかりじゃ!

メジロの思い出

北野ミヤさんの逝去の記事をスポーツ新聞で見ました。

私が競馬を始めたのはタマモ‐オグリのころからですが、
その2年後、ハクタイセイ、アイネスフウジン、ホワイトストーンに
メジロライアン、メジロマックイーンがクラシック路線を
賑わしました。私はアイネスフウジンのファンだったのですが、
メジロのオーナーだった北野さんが、ライアンが菊花賞を取れなかったときに、
これを取れなかったらもうGIは勝てないぐらいのことを横山典に言ったという記事が
出たような記憶があります。結構きついなあという印象がありました。

さらにその何年かあとに、ライアンの引退式を東京競馬場に見に行きました。
横山典が泣きながら挨拶をしたのを思い出します。メジロのオーナーも近くに
いらっしゃったと思います。挨拶もされたのかな、ここは記憶が怪しいですが…

北野ミヤさんの名前を見ると、そのつど、この引退式を思い出します。

メジロといえば天皇賞の3代制覇がもっとも有名なのでしょうが、
私はライアンなんですよ、しかも、この引退式の横山典の挨拶のシーンが
一番記憶に残る出来事でした。

メジロにはダービー制覇という悲願があるはずですが、後継者の方が
いつかこれを達成されて、北野ミヤさんの名前が出ると、また、
この引退式を思い出すんでしょうなあ~

おめでとうございます、日本女子代表

A代表の試合より面白かったです。アトランタオリンピックの
男子サッカーの予選と同じような印象を受けました。

当時のサウジはとても強くて男子オリンピックチームは
勝てないのではないかというのが下馬評だったのですが、
シャーアラムスタジアムですごいゲームをやってオリンピックの
切符を取ったのを思い出しました。

今日のゲームはすばらしい内容でした。日本のゲームコンセプトを予想すると、
相手のアウトサイドからのセンタリングの精度をできるかぎり低くして
セカンドボールを確実に拾うというものではなかったかと思います。
これによって相手のボランチを上げさせないで、味方のボランチラインを
楽にさせて、中盤のイチシアチブを得たいという感じではなかったかと思います。

得点シーンは3点目を除いていずれも相手の最終ラインのミスによるものでしたが、
中盤の押し上げが効いたものだと思いました。

北朝鮮のアウトサイドのクロスの精度は予選リーグでも群を抜いているように
思えました。相手のサイドバックからのセンタリングををどれだけ封じるかが
この試合の生命線だと思っていました。
日本は相手のクロスをおおむね封じ、逆に中盤を制して北朝鮮の守りを
混乱させたように感じました。

本当におめでとうございました、アテネでの健闘を祈りたいと思います。
女子チームはとても面白いチームだと思いました。
特に沢選手、宮本選手は98年の日本代表の中田、山口選手のような
イメージを持ちました。

せっかく、アジアのトップチームに勝って世界大会に行くのですから、
メダルを目標にしてほしいと思います。今日は良いものを見させてもらいました。

最後に…
どうでもよいことかもしれないけど。
日本女子代表なの?女子日本代表なの?

一応、ココログのトップページにリンクできる格好が整ったかなと…

今週の月曜日にココログにページを作りました。
何とか体裁が整ったかなと思うので、
トップページにつなぎます、以後、よろしくお願いいたします。

だいじょうぶかな~三菱自動車

今日一番のショックは三菱自動車の再建のニュースでした。
ダイムラークライスラーが支援撤退を決めたというものでした。
外資は怖い。おそらくなんの根回しもなかったんでしょうね。

マイカーは三菱ミニカなのですが、もう10年乗っているので、そろそろ買い替えだったのですよ。
SANY00404231.JPG

三菱の営業の方も熱心だったのですが…、こちらも銭なしで…。

一応、三菱グループが支援表明はしているようですが、なにせ自動車業界外のみの
支援では限界もあるかもしれませんねえ。

あと、レッズが心配。

本日の爆笑

いや今日、週刊現代を買ったんですけど、花くまゆうさくさんの
「不死身のニッポン」には笑わせて戴きました。

そうですよ、グレ得ですよ、世の中ベクトルが良い方向に向かっている
者の身方ですよ。まじめにやって弁護士や教師になった人は馬鹿みたいね。

「まじめに生きて損したね・・・」

ということで…

やきそばを食す

本日の昼食はやきそばでございます。もちろん、インスタント。
「日清焼きそば」、王道でございます。

おかか、のりふりかけ(同梱)、紅しょうがを載せます。

紅しょうがはとんこつラーメンにも使えるので、重宝します。

おかかがあるとないでは味に大きな違いがあります。
切らさないようにしないと。それほど高くはないし、日持ちもするのでこれまた重宝。

味付けにおたふくソースをちょっと追加しているのが、今回の味噌です。

ご覧あれ。

SANY0404221.JPG

写真は2人前です。焼きそばはこれくらい作らないと、おなかにたまらない。
スープもいつか用意しよう。

今回は写真の色補正を施しました。少し暖色系にしてみました。
フラッシュの反射が少しはごまかせたと思うのですが…

長崎は晴れでした

今日は長崎に行きました。用事を済ませた後にグラバー園あたりまで、
ぶらりとしてきました。

港にはサファイアプリンセスが止まっていたので、カメラに収める。

SANY0404201.JPG

もっと、ズームインしたのもあったんだけど、ピンボケでした…

今日は天気がよくて最高でした。やや暑かったんですが、
天気が悪いよりはゼンゼンまし。

「長崎は雨の日より、晴れの日のほうが断然よい」

ということで…

MJ2

最近、はまってしまったのが、SEGAのMJ2
MJより金を食うのが困り者なのだが、はまちゃったのよねえ。
金がないので「何とか1位にならなくては~」、と力が入る。

私は初段と1級を行ったりきたりしている人なのだが、
1級になるとたまに10級とかの人と打つことになる。
さくさく打つ人もいるんだけど、長考する人にもよく出くわす。

MJ2は”タイムイズマネー”なので金があれば、いくら考えてもいいんだけど、
あっしなんかはイライラしてしまいます。ペースが乱れます。

仲間内で麻雀卓囲ったりしたときにもたもたされると、毒吐いてバッサリ
なんてこともしないでもないですけど。
MJ2ってプレッシャーが掛けられないからどうしようもない。

でも、今日は2連勝したし、トータル浮きでよかったよかった。
マージャンの好不調って意外と生活に連動してしまうように思う。
いい気分で明日を迎えることにしよう。

ラーメンを食す

金がない私のお昼はもっぱらラーメンです。
今日は「うまかっちゃん しょうゆとんこつ味」を食しました。

紅しょうが、高菜漬け、ねぎ、ごま、揚げにんにく、ラー油で味付けしました。
トッピングで20円ぐらいはかかっているかもしれない。

ご覧あれ。

SANY0003x.JPG

写真に撮ると、あまりおいしそうに見えない。というか、気持ち悪い。
こういうのをみると撮影技術って大切なのねと思う。

タイトル曲がかっこいい

せっかくのblog初日なので、無理無理ネタを作る。

NHKのニュース10のオープニングの曲がかなりかっこいい。
この手の曲って売り出してあるのか?NHKに聞くのもだるいしなあ…

それにくらべて報道ステーションの曲は緊張感ないな。
ニュース23の曲はきらいじゃないんだけどな。
日テレやフジの23時台のニュースは見ないので曲自体よう知らん。
テレ東系列はうちでは映らんしな。

まあ、どうでもよいことだが…

ダービーはコスモバルク

同じく、昨日のネタ。

さつき賞、ダイワメジャーにはやられた。コスモバルクから馬連7点買いで
はずすのだから、わたしゃたいしたものだ。

でも、コスモバルクは負けて強しでした。距離にも問題はなさそうだし、
無事にダービーに出てきてほしいですね。
出てきたら、当然、

ダービーはコスモバルク

ということで…

やるな、女子日本代表

今日はネタがないなあ。で、昨日のネタ。

昨日、女子サッカーのアテネ予選をテレビで見た。うちのほうは生放送ではなかったのだが、
コマーシャルが多くて困った。生放送でこんなにCMが入ったらぶち切れますな。

試合のほうはベトナム相手に楽勝。実力差がわからないのでなんともいえないが、
シュートの精度には驚いた。とりあえず枠に行くもんなあ。キーパーの威圧感が
女子の場合にはないのかなあ。とりあえず、今週は女子代表に注目しましょう。

blog開始

blogを始めます。日々のあれこれを書き込んでいこうと思うわけです。
こういうのは苦手でホームページの更新もままならない人だから
どこまで続くか見ものです。

「まあ、のんびりいきますかあ」斬り!ということで…

Main | May 2004 »

Recent Trackbacks

Categories

折り鶴

  • 100306o18
    ロトのはずれ券で鶴を折ってみました。紙質が固くて意外にかっちりした折り鶴ができますね。

最近借りた本

  • 酒井順子: 携帯の無い青春
    酒井順子と言えば負け犬のイメージなんだが、なんだかうらやましい青春を送っているな。年代的にはほぼ同じ。書いてあることはまあまあ合致する。携帯の無い時代はやはりいろいろめんどくさいことが多かった。電話の取り次ぎしかり酒の飲み方しかりだ。それに今と比べていろんなものにチープ感があった。お金はかかっているんだけどね。大雑把なんだろな。あんまり考えなくても就職はできたし、それなりの生活ができた。知り合いに失業者なんていなかったからね。バブルがはじけて以降、様変わりした感があるな。 酒井順子が国難と言われる今をどう書くかな。ひそかな楽しみにしているのでした。
  • 石田衣良: 東京DOLL
    2004年に書かれたもの。金持ち野郎と若い女の子の話。どちらも才能のある人。個人的にはリアル感はない。おもちゃにしてほしいと思っている女を知らんしね。でも、憧れるなあ。
  • 畠中恵: つくもがみ貸します
    作者の本は本屋ではよく見てたのですが読んだのは初めて。おもしろかったですね。付喪神は物についた神様。損料屋にある品物についた神様とその店の主人の関係がなかなかつかず離れずで愉快。神様なのでえらいんだけど、売られると噂話ができなくなるという弱みを持つ。でも、偉そうなんだよね。愉快愉快。
  • 伊坂幸太郎: オーデュポンの祈り
    約1年ぶりのアップですな。未来を予見できる案山子が殺される。この案山子は会話ができるのだ。ミステリーなのだが、ファンタジーが混ざっている。お話は終盤すごいスピードで展開するのだが、伏線がばっちり張ってあっておもしろかった。時間軸、場所の変化もあり、あっという間に読み終えました。ラストシーンの案山子の描写は素晴らしいの一言。
  • 北村想: 怪人二十面相・伝
    K-20の原作本。映画を見たので原作を読んでみようと思った。話は映画とは全く異なる。江戸川乱歩の二十面相のような昔の言葉を使っているのも雰囲気があってよい。最終章は読ませてくれる。
  • 伊坂幸太郎: チルドレン
    陣内さんがすばらしい。吹っ飛びキャラはいろいろな小説に出てくるが、この方はそれほどでもない。ただ、言動が自己中。まわりがいいように解釈してあたかも予言のようになっているのがご都合主義ぽく見えるが楽しい。短編集なのだが陣内さんは全部に出てくるのでおもしろい。チルドレンIIが特にいい。
  • 坂東眞砂子: 傀儡
    生と死の境目を書くのが作者の得意分野のように思う。この作品でも復讐に命を懸ける男が出てくるが、復習しても先はないと考えている。つまり、すでに死んでいるのだ。体を動かすのは怨念のみ。復讐という目的のみで動いている。あと、話の中で親鸞の話が出てくるが、作者の宗教観に裏打ちされたものかどうかはわからない。だが、他力本願をうまく説明しているなあと感じた。
  • 川上弘美: 風花
    夫婦喧嘩は犬も食わない。裏を返せば、夫婦の間のことは夫婦にしかわからないということだろう。この本の中の夫婦、特に女性のほうは積極的に他人に相談している。友人のような第三者的な人間ではなく、親戚にだ。悩みを相談するなとは言わないが、親類縁者は最終手段に近い位置づけではないか。結局、この夫婦、どうしたいのか、どうもできないこともあるというお話なのか。どうも、よくわからんかった。
  • 田口ランディ: Cure
    ターミナルケアの最近の事情はよく知らない。認知症の介護も昔とは変わったような話も聞く。あと数年もすれば私もいやでもそれらの情報を集めることになるだろう。この本ではガンがフォーカスされていたが、がんに限らず難病と言われる類いの病に冒された人はどう人生を歩むのが幸せなのだろう。ひと括りで結論は出ないのは当たり前だが、幸せと感じられるシステムというのが日本では提供されているのだろうか。それは医療だけでなく、生活に関するあらゆる面でケアされているのだろうか。また、ケアに限らず生きることの大局というものが我々には見えているのだろうか。私は残念ながら見えていない。まったく、残念だが…
  • 吉田修一: 静かな爆弾
    吉田氏の作品は穏やかな感じがする。もちろん、すべてではないと思うが印象として静かである。この作品はそれほどではない。たぶん、耳が聞こえない人とのコミュニケーションを書くとなると意外とせわしくなるのかもしれない。作品の最後は思いと迷いが交錯する。そして、忘れていた静かな思いがはじける。