September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
My Photo

クロック


相互リンク


  • おるとグルメ 〜 Alternative Gourmet

リンク(バナーあり)

ココフラッシュ

無料ブログはココログ

« April 2004 | Main | June 2004 »

May 2004

日本ダービー

今年のダービーは最後の直線ドキドキした。4角手前でコスモバルク先頭、これは全く考えられなかった。馬がちょっとテンション高かったようですね。下手に抑えるくらいなら行かせるべきだと思うので、この結果は仕方がないと思う。

あっしはバルクから7点買い、まあ今回はバルクと心中でしたから、まあ…しゃーない…。

勝った馬は強い。あんな時計は一昔前のJCクラスでしょ。無事にまた秋に戻ってきてほしい。もちろん、バルクも。

今のJRAの馬場はどこも早すぎやしないか?ダービーは展開上時計が出てしまった感はあるが、それにしてもコースレコードはなんぼなんでも出すぎ。1頭落馬したでしょ。これがもし怪我だったら、ダービーが台無だと思うのだが。

せっかくのお祭りなのでダービー予想

さつき賞のときからダービーは「コスモバルク」に決めていたので、◎はコスモバルク。あとは前走、前々走が好走した馬を選びました。こんな感じ。

◎コスモバルク
○ダイワメジャー
▲キングカメハメハ
△ピサノクウカイ
△ホウキパウェーヴ
△ハイアーゲーム
△コスモサンビーム
△アドマイヤビッグ

あとは馬場状態と馬体重でちょっと変えるかもしれない…

お昼は冷中

今日は冷し中華です。マルタイの冷中です。昨日テレビでマヨネーズをかけるとうまいって言っていたので、レタスを敷いてマヨネーズをたっぷりぶっかけてみました。

ご覧あれ

SANY00405301.JPG

マヨネーズもいけるね。

ひさびさにそば

えー、そばです。そばは近所で買った熊本の乾そば。つゆも熊本産のめんつゆ。だしがいいですよ。
下にもやしを敷いています。見えないですけどね。ざる替わりです。もちろん食べます。

ご覧あれ。

SANY00405291.JPG

さすがに腹いっぱい。

聖子SP

マシューズベストヒットTVを録画していて、今日観ることができた。聖子スペシャルなかなか良かった。セイコズアイはまずかったように思うが、ひきめでは若い。

あっしは聖子世代というとおこがましいかもしれないが、たぶん、合致、です…
今回はRock'n Rougeが琴線にかかりました。たぶん、84年春の新色ってやつではなかったかと。

ディナーショー高そうだしなあ~、ボーナスで行ってみたいなあ。

トリビアで疑問

今日のトリビアの種、「ミリオネラの正解はxxが多い」みたいな奴だった。解答はコンピュータがランダムに決めると言っていたように思ったが、それにしちゃ、最も出てる奴と最も出てない奴では2倍近い差があった。
ここで言っているランダムと言う言葉を本当のランダムと受け取る気はないが、こんなに違いが出るものかい?コンピュータがある戦略にもとづいて答を出しているのかもしれんが。
まあ、試行7000回(だったよね)ぐらいではこれくらい差があるのが普通なのか?統計は全く苦手なのでよくわからんが。

オークス

馬体重を聞いたとき、パドックを見たとき、あまり良い印象はなかった。でも、大丈夫だと思ったんだよねえ~。結果は4着、やっぱ、馬体重が効いたのか?折り合いとか問題なさそうだったから。直線、内側によれるまでは「ああ、こりゃ楽勝だ」とまで思わせたのに。

あっしはダンスインザムードから桜花賞組へ馬連流し6点勝負でした。結局、縦目。

スイープトウショウは距離もったねえ。東京の直線では有効なすえあしでは一番だと思っていたが、距離不安があったからあまり強く押せなかった。甘く見すぎました。

本日の昼食はもやしラーメン

えー、今日はもやしラーメンにしてみました。ベースは「幸楽らーめん しょうゆ」。しょうゆ味にはまいたけがあうかなと思って、まいたけも入れてみました。もやしとまいたけを軽く炒めて、ラー油を少しかけました。

ご覧あれ。

SANY00405231.JPG

しっかし、もやしは万能だね。

今日はキムチラーメン

えー、今日はキムチラーメンを作ってみました。「うまかっちゃん しょうゆとんこつ」がベース。もやしを炒めて、キムチをのせました。

ご覧あれ。

SANY00405221.JPG

今日は奮発してもやしも根切りを使いました。キムチは韓国農協のやつ。たまに買うけどうまいです。

とりあえず、1か月

昨日から2か月目に突入。まあ、ログねたも切れかけているが…
ちったあ、まじめなことも書くか?でも、ぼろが出るのはいやだなあ…
う〜ん。

次の目標 3か月ということで。

馬 vs 鹿

今日のトリビアには笑った。「馬と鹿、どっちが馬鹿ですか?」、すばらしい種です。

他にも動物をくっつけた単語を探した。冊子の辞書を使ったので、あまり見つけられなかった。ボキャもないし。

燕雀…つばめとすずめ。
鴻鵠…おおとりとくぐい(ようわからん)。
犬猿…いぬとさる。
犬馬…いぬとうま。

きっと、もっとあるでしょう。でも、やっぱ、馬対鹿のバーサス具合が一番のような気がするな。

アイネスフウジン in 最強ヒストリー

Yahoo Japanの最強ヒストリー、結構面白いと思っていつも読んでいるのですが、今回はアイネスフウジン。話の中では”さら”っと流されていたが、平成2年の共同通信杯はアイネスフウジンのベストレースではないかと思っています。(まあ、ダービーも確かによかったけどね、ダービーはリアルタイムで見れなかったのよ)

たしか、いつもどおり、逃げたアイネスフウジンを馬群が追うという展開。3コーナーから4コーナー手前でいったん、馬群に吸収されるかという感じでためて、直線に向うとギアチェンジ。あとは楽勝、っていうレースではなかったかと。

薄もやの府中、枯れた芝、時折後ろを振り返りながらレースを進める中野ジョッキー。よかったっすねえ~
こういうコンビ、また出てこんかねえ。

D-netってどうよ

今度の日曜はオークスです。あっしはJRAの馬券をPATで買ってます。i-modeで買えるのは便利。テレビ見ながら投票できるし、いいすよ。

地方にもD-netって投票システムがあるようですが、PATと同じか?まあ、今は参加できそうにないが、余裕が出来たらいいかも。ハルウララ馬券でも買うか?

みみかき

ログネタがないので、困っていたら、みみかきが見えたので、こいつはどうだってことで。

これはもう10年近く前でしょうか、鹿島の祐徳稲荷に行ったとき、その前の通りで買ったものです。あたまにむつごろうのやきものがついています。よく覚えてないが、有田焼のシールがついていたような、いないような…。とはいっても高いものではないです。

最近はあんまり、使用しません。綿棒ばっか。

斜めからの図。
SANY00405162.JPG

横からの図。
SANY00405162.JPG

もうひとつ、写真ではよくわかりませんが、ちゃんと模様もついています。今もあるのかなあ?

本日のお昼

久しぶりにラーメン作成。今日は「幸楽ラーメン しお」。

カット野菜を買ってきて、あんかけラーメンに変身させました。

ご覧あれ。

SANY00405161.JPG

まあ、しょせん、こんなもの。最近、酢入りの食品にこり始めました。やせるとかで…

寝坊でグタグタ

ちょっと体調悪い…おなかがなんというか、しまりがない。だから、ポッコリ状態になっている。疲労感もある。

朝、寝坊した。
めざましをかけ忘れたのが悪かった。何とか列車には間に合ったが、不愉快極まりない。

もう寝よ。

キサス残念。

25連勝ならずでしたか。話題性が無くなるのはもったいないですが、勝負は勝負ですから、しかたないですねえ。関係者の方も再度がんばってほしいですね。

荒尾競馬のホームページを見ましたが、賞金は本当少ない。中央より地方にこそスターホースが必要なのに、これではきついと思いますよ。

まあ、中央と地方に賃金格差みたいなもんですか? ^^;;
ちがうか…

安尾君@新喜劇

この前、久々に吉本新喜劇を観ることができた。テレビですけどね。
結婚式場が舞台のお話だった。

今、一番面白いと思うのは、安尾君。最高です。何度効いても飽きないですか?
文章にしてもつまらんね。舞台を見に行く金はないから、テレビだねえ。一度、大阪まで行ってみたいもんだよ。

あと、マドンナ靖子さん、ウエディングドレス、グッドです。 ^o^d

ポッコリおなかを引っ込める

おなかが出た。ズボンがきつい…。ベルトが出来ん。

今日コンビニでちょっと立ち読みをしていたら、何でも、「ポッコリおなかを引っ込める」みたいな感じのタイトルの本を見かけた。中身まではあまり読まなかったが、ウォーキングとかで治すみたい。

内臓脂肪なのよ、問題は。こいつをなんとかせんと。まあ、溜め込んだのはあっしなので、文句もくそもないが。とりあえず、歩くか~

マイルカップ

ちょっと、体調が悪かったので、更新が遅くなってしまった…

で、マイルカップの回顧。勝ち馬は強いの一言、着差がそれをあらわしていると思う。時計に関してはこの前のダービートライアルも時計が早いので、たぶん、府中の馬場自体が早い時計が出る状態なんだと思う。

あっしの馬券はサンビームを買っていなかったので、ダメ!!でした。

今回も、JRAのCM連動というこじ付けで、カブラヤオー(王)=キングの王様つながり、ということで…
シーキングザダイヤのキングはSeekingのkingなので、ちょっと違うみたいね。

オークスのCMには馬が出てこないけど、最近馬が出てくるCMって、「時代を駆け抜けた名馬たち」と同じ馬を使っていたようですね。オークスのCMに、もし、馬を出すとしたらエアグルーブになるのかな?

ちょっといいことあったので…

今日はちょっといいことがありました。で、DVDでも見ながら飲んでだくれるべ、と思ってレンタル屋へ行きました。でも、そんなに見たい映画がなかったので、いまさらながらでしょうが…UH3+を借りました。見たことなかったので…

感想。
個人的には"Traveling"が元々好きだったのですよ、改めて見て、良かった~。
全体的には、黒がかなり効いた絵の作りのように思えました。黒を使って他の色を浮き上がらせる感じですね。

メイキングはなくてもいいな。PVオンリーの方が酒のつまみにはなりますね。
明日はQueenのJewelsの封を切りますかね。

ミュージックステーション見てたら、W

ミュージックステーションを見てました。Wが「恋のバカンス」を歌っているのを見ました。
ハモってなかったな。残念!!

「歌ってなかったら、マナカナみたいですから、斬り!!」という感じでした。

奥田民生、いい歌歌ってるよ。

長崎お出かけ

今日は長崎にお出かけしました。いやあ、良い天気でした。日差しがもう強いのなんの。

港のほうに行ったので写真を撮りました。飯も喰いたかったが、QueenのDVD買ったから、金なし。

SANY00405061.JPG

カメラの設定を”風景”に変えたら、意外とうまく撮れた。でも、少し暗いかもしれない。

ティッシュ男@仮装大賞

今日の仮想大賞で、ティッシュの気持ちを説いてた男、おもしろかった。
本当に素人か?芸人さんにも見えたが…。プロの芸だとしたらつまらないが、素人だったら面白い人だ。
確かに仮装か?という感じはしたけどね。

最も笑ったのは優勝した人だが、インパクトはティッシュ男だったな。あっしの中の優勝者はごきぶり退治の仮装。正統派の仮装だったし、お話的にも良かったと思う。

ちょっと気になったのは、伊東四朗さんの顔が怖かったのと、キーパー姿の欽ちゃん。サッカーのユニフォームって、やっぱ体が相当鍛えられていないとかっこ悪い。代表用だと余計にそう感じる。

本日食したラーメン

アップが遅くなってしまったが、本日作ったラーメンはこれです。
「中華三昧 広東風」です。最近はしょうゆ味に凝っています。
おろしにんにく、ねぎ、メンマをトッピング。

ご覧あれ。

SANY00405051.JPG

もう、写真の下手さはあきらめた。そんな写真にこだわりはないし、いいや。

Tomcat

久しぶりにサーバサイドJavaを使う。といっても、仕事で使っていたのはどこかの会社の専用のフレームワークだったし、自宅で組んでいたときはJservを使っていたので、Tomcatを触ったのはいつ以来だろう…もう、5年とか前じゃないか。そのときも、インストールして、何か簡単なサンプルを入れておしまいだったような気がする。

今回も多分、ちょっとインストールしてサンプル流して終りだと思うが、ほとんど忘れている自分が怖かった。もうろくしたね、あ~あ。
まあ、年だししゃーないか、Eclipseとかもつなげてみますかね。ちったー、楽しめるかな?

本日の昼食ですから…

今日の昼食は「麺の達人 しょうゆ」です。

ねぎとおろしにんにくを入れました。野菜を千切りにする道具とかで白髪に出来るかと思ったのですが、うまくいかず。結局、包丁でゴリゴリ切ることになりました。まあ、不器用なあっしが白髪ねぎを作るすべはないちゅーことです。

ご覧あれ。

SANY005041.JPG

暗い部屋でとるせいか、どーも、写真の見栄えがしない。

せっかくの憲法記念日なので

今日はネタがない。特に何も面白いことがない。でも、憲法記念日なので憲法についてちょっと考える。

日本国憲法は硬性憲法なので、普通の法律より変えにくくなっている。憲法ってなんかちょっと普通の法律よりえらく見えるのでこれはいたしかたない、と昔は思っていた。でも、他の国では意外と簡単に変えているようだ。

法律って、言葉難しいし、古臭い字で書かれたものもあるし、あっしのような小市民にはなじみがない。重要な法令はパンフレットみたいなものになって配布されたりするので、法律の条文を読むことはまずない。

しかし、憲法ぐらいは本当はもっと条文を読むべきなのかもしれない。たとえ、書いてあることがわからなくても。なんかそういうのって意外と大切なのかもしれないと思ったりもする。
「今度憲法変わります。こことこことここです。」なんてアナウンスされても、今のあっしにはまったくわからんもん。現状を知り、変化を知ることが、重要なんだろね、きっと。

春の天皇賞

ノーマークの先行馬は怖いですね。特に今の京都は前残りですから、こういう結果もやむを得ません。

去年は買った馬なんですが、今年はちょっと買えない。無理やり、こじつけるとJRAのCMがイナリワンだったから、このところもっとも地方で走っていた馬が勝ったというところですか…

本日の大笑い

ギター侍、おもしろい。応援してます。

ただ、いつまで、斬り続けられるか、どこまで、ネタがもつのか…。
切腹!

今日のお昼~

今日は冷中です。「五木の冷し中華」という製品です。
きゅうり、ビアソー、たまごをトッピングしました。

ご覧あれ。

SANY00405011.JPG

雑な盛りが男の料理になっていると思うのですよ…

« April 2004 | Main | June 2004 »

Recent Trackbacks

Categories

折り鶴

  • 100306o18
    ロトのはずれ券で鶴を折ってみました。紙質が固くて意外にかっちりした折り鶴ができますね。

最近借りた本

  • 酒井順子: 携帯の無い青春
    酒井順子と言えば負け犬のイメージなんだが、なんだかうらやましい青春を送っているな。年代的にはほぼ同じ。書いてあることはまあまあ合致する。携帯の無い時代はやはりいろいろめんどくさいことが多かった。電話の取り次ぎしかり酒の飲み方しかりだ。それに今と比べていろんなものにチープ感があった。お金はかかっているんだけどね。大雑把なんだろな。あんまり考えなくても就職はできたし、それなりの生活ができた。知り合いに失業者なんていなかったからね。バブルがはじけて以降、様変わりした感があるな。 酒井順子が国難と言われる今をどう書くかな。ひそかな楽しみにしているのでした。
  • 石田衣良: 東京DOLL
    2004年に書かれたもの。金持ち野郎と若い女の子の話。どちらも才能のある人。個人的にはリアル感はない。おもちゃにしてほしいと思っている女を知らんしね。でも、憧れるなあ。
  • 畠中恵: つくもがみ貸します
    作者の本は本屋ではよく見てたのですが読んだのは初めて。おもしろかったですね。付喪神は物についた神様。損料屋にある品物についた神様とその店の主人の関係がなかなかつかず離れずで愉快。神様なのでえらいんだけど、売られると噂話ができなくなるという弱みを持つ。でも、偉そうなんだよね。愉快愉快。
  • 伊坂幸太郎: オーデュポンの祈り
    約1年ぶりのアップですな。未来を予見できる案山子が殺される。この案山子は会話ができるのだ。ミステリーなのだが、ファンタジーが混ざっている。お話は終盤すごいスピードで展開するのだが、伏線がばっちり張ってあっておもしろかった。時間軸、場所の変化もあり、あっという間に読み終えました。ラストシーンの案山子の描写は素晴らしいの一言。
  • 北村想: 怪人二十面相・伝
    K-20の原作本。映画を見たので原作を読んでみようと思った。話は映画とは全く異なる。江戸川乱歩の二十面相のような昔の言葉を使っているのも雰囲気があってよい。最終章は読ませてくれる。
  • 伊坂幸太郎: チルドレン
    陣内さんがすばらしい。吹っ飛びキャラはいろいろな小説に出てくるが、この方はそれほどでもない。ただ、言動が自己中。まわりがいいように解釈してあたかも予言のようになっているのがご都合主義ぽく見えるが楽しい。短編集なのだが陣内さんは全部に出てくるのでおもしろい。チルドレンIIが特にいい。
  • 坂東眞砂子: 傀儡
    生と死の境目を書くのが作者の得意分野のように思う。この作品でも復讐に命を懸ける男が出てくるが、復習しても先はないと考えている。つまり、すでに死んでいるのだ。体を動かすのは怨念のみ。復讐という目的のみで動いている。あと、話の中で親鸞の話が出てくるが、作者の宗教観に裏打ちされたものかどうかはわからない。だが、他力本願をうまく説明しているなあと感じた。
  • 川上弘美: 風花
    夫婦喧嘩は犬も食わない。裏を返せば、夫婦の間のことは夫婦にしかわからないということだろう。この本の中の夫婦、特に女性のほうは積極的に他人に相談している。友人のような第三者的な人間ではなく、親戚にだ。悩みを相談するなとは言わないが、親類縁者は最終手段に近い位置づけではないか。結局、この夫婦、どうしたいのか、どうもできないこともあるというお話なのか。どうも、よくわからんかった。
  • 田口ランディ: Cure
    ターミナルケアの最近の事情はよく知らない。認知症の介護も昔とは変わったような話も聞く。あと数年もすれば私もいやでもそれらの情報を集めることになるだろう。この本ではガンがフォーカスされていたが、がんに限らず難病と言われる類いの病に冒された人はどう人生を歩むのが幸せなのだろう。ひと括りで結論は出ないのは当たり前だが、幸せと感じられるシステムというのが日本では提供されているのだろうか。それは医療だけでなく、生活に関するあらゆる面でケアされているのだろうか。また、ケアに限らず生きることの大局というものが我々には見えているのだろうか。私は残念ながら見えていない。まったく、残念だが…
  • 吉田修一: 静かな爆弾
    吉田氏の作品は穏やかな感じがする。もちろん、すべてではないと思うが印象として静かである。この作品はそれほどではない。たぶん、耳が聞こえない人とのコミュニケーションを書くとなると意外とせわしくなるのかもしれない。作品の最後は思いと迷いが交錯する。そして、忘れていた静かな思いがはじける。