November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
My Photo

クロック


相互リンク


  • おるとグルメ 〜 Alternative Gourmet

リンク(バナーあり)

ココフラッシュ

無料ブログはココログ

« April 2005 | Main | June 2005 »

May 2005

日本ダービー

今日は暑いね。夏のようです。明日も天気はよさそうですな。金曜日時点で単勝が1.0倍ですか、凄すぎだよ。前日予想はあまり好きではないのですが、明日はWINSまで遠出をする予定なので…

◎ ディープインパクト
◯ アドマイヤジャパン
▲ シックスセンス
△ ローゼンクロイツ
× インティライミ
× ダンツキッチョウ
× シャドウゲイト

ディープには逆らいません。あとは皐月賞組の上位を買います。人気は青葉賞組(といってもどんぐりの背比べか)のようですが、今回は評価を落としました。
競馬には絶対はない。馬券は◎から馬連6点で。あと、◎の単勝をお守り馬券程度。

レース名投資回収
オークス12001260
TOTAL84001260
連敗ストップは喜ばしいことだが、引き分けかな。

日本 VS ペルー

昨日はなにもしていないのにクタクタでログ書く気力もなかった。で今日書くことにした。
終了間際の失点、引き分けで納得できるかというとそんな気はしないので、負けてピリッとしてもらったほうが良いかもしれない。失点シーンは3対3だったわけだが、シュートした選手をペナルティエリアにあっさり入れてしまったことが問題。デフェンスの位置はあれでよいの?それとカウンターは想定の範囲内ではなかったのだろうか。正直6/3は危ないと思う。
なんだろね、アジアカップのときの雰囲気がまったく消えてしまった。シュンスケがいないとだめね。

オークス

ラインクラフトがマイルC取ったとなると、桜花賞のレベルは相当なものか?

◎ シーザリオ
◯ ショウナンパントル
▲ アドマイヤメガミ
△ エアメサイア
× エイシンテンダー
× ジョウノビクトリア
× エリモファイナル

シーザリオ敗けてなお強し、皆さんそう思われたはず。あっしも同感です。桜に続き◎にしてみます。あとは桜花賞から直行した馬を狙います。
桜花賞以外からきた馬も怖いのはたくさんいますが、あえて無視です。
馬券は◎から馬連6点で。

レース名投資回収
NHKマイルカップ12000
TOTAL72000
6連敗、もう笑うしかないな。

V長崎 VS 新日鉄大分

今日は天気も良かったのでサッカー観戦に行きました。
0505151
タイトルにあるように長崎に新しくできたチームV・ファーレン長崎のゲームを見に行きました。Jを目指すということで地元ではテレビ録画中継するほどの気合の入れようです。せっかくなのでテレビではなく生を見ることにしました。九州リーグの試合とかまったく興味はなかったんだが、さすがに今回は見てみたくなった。
で、結果は0-1で負けました。前半のセットプレーからの失点を取り返すことができなかった。後半と前半はチームが違うんじゃないかというぐらい差があった、後半はすばらしかった。後は決め手と落ち着きだけ(原田はすごいな、落ち着きが他の選手はとぜんぜん違う)。前半のゲーム運びが悔やまれる。
お客さんも結構多かった。サポの人も初めてのホームゲームなので気合が入っていたようだ。まあ、あっしも含めて応援慣れしていないお客さんが多くてサポの人も大変だったかも。でも、紙ふぶきはこういうオープンタイプの競技場ではやめたほうが良いかもしれない。紙が競技場外まで飛んでいっていた(スタンド内の紙はゲーム後片付けられていたのだが)。

また、そのうち見に行こう(天気がよければだが…)。

あと、トイレの表示が「便所」ではなくなっていた。スポナビの去年の天皇杯のコラムで書かれていたのだが、今日は「トイレ」になっていた。これもスポナビ効果なら、もっと注文をつけてほしいものだ。イスとかももっと良くなるかもしれない。ゴール裏スタンドもほしいな。屋根も…

絶望先生

「死んだらどうする」ねえ〜、南国以来かな久米田氏の漫画読むのは。もう10年以上も前かい、南国は。今回も下ネタ出ちゃうんでしょうか。そういうキャラは今のところいないからだいじょうぶカナ?

楽しませてね(希望)。

リフレッシュ

昨日ちょっとドライブした。疲れたけど(今日もそれを引きずってしまったが…)、リフレッシュできた。景色が最高。
0505082

天気がもう少しよければ、さらに良かったんだけどね。欲を言えばきりがないしね。また、夏にでも行くよ!

NHKマイルカップ

桜花賞馬参戦。これをどう取るかだが…

◎ シルクトゥルーパー
◯ ラインクラフト
▲ ペールギュント
△ マイネルハーティー
× マルターズビクター
× ディープサマー
× パリブレスト

正直いって今年のメンバーはあまり強くない。牝馬でも充分勝機はあると思う。ただラインクラフトは初東上なのでやや割り引き。
◎は2連勝中。適距離でGIどうか。東京マイルはちょっと長いかもしれないが。▲はマイル重賞実績で。
馬券は◎〜△までの馬連ボックス。

レース名投資回収
天皇賞・春12000
TOTAL60000
5連敗、だんだん感覚がまひしてきた。

天皇賞・春

戦国春天。真っ先に思ったのがライスが勝った天皇賞。このときの再現となるか。

◎ ヒシミラクル
◯ リンカーン
▲ マカイビーディーヴァ
△ ザッツザプレンティ
× アイポッパー
× ビッグゴールド
× トウショウナイト

ミラクル復活に期待します。あのときのライスのように。グルーヴは3000メートル越えのイメージがわかなかったので切りました。逆に怖いのがビッグゴールド、「大型GW」ってのはだめ?
馬券的にはミラクルからの馬連6点。

レース名投資回収
皐月賞12000
TOTAL48000
4連敗…ディープから買ってもだめか。

もう散々

扁桃腺腫らして38度の熱、足ひねってまともに歩けん。たまらん週末だった。よく寝たよ。

きょうはいくらか戻ったが、調子は良くないね。

« April 2005 | Main | June 2005 »

Recent Trackbacks

Categories

折り鶴

  • 100306o18
    ロトのはずれ券で鶴を折ってみました。紙質が固くて意外にかっちりした折り鶴ができますね。

最近借りた本

  • 酒井順子: 携帯の無い青春
    酒井順子と言えば負け犬のイメージなんだが、なんだかうらやましい青春を送っているな。年代的にはほぼ同じ。書いてあることはまあまあ合致する。携帯の無い時代はやはりいろいろめんどくさいことが多かった。電話の取り次ぎしかり酒の飲み方しかりだ。それに今と比べていろんなものにチープ感があった。お金はかかっているんだけどね。大雑把なんだろな。あんまり考えなくても就職はできたし、それなりの生活ができた。知り合いに失業者なんていなかったからね。バブルがはじけて以降、様変わりした感があるな。 酒井順子が国難と言われる今をどう書くかな。ひそかな楽しみにしているのでした。
  • 石田衣良: 東京DOLL
    2004年に書かれたもの。金持ち野郎と若い女の子の話。どちらも才能のある人。個人的にはリアル感はない。おもちゃにしてほしいと思っている女を知らんしね。でも、憧れるなあ。
  • 畠中恵: つくもがみ貸します
    作者の本は本屋ではよく見てたのですが読んだのは初めて。おもしろかったですね。付喪神は物についた神様。損料屋にある品物についた神様とその店の主人の関係がなかなかつかず離れずで愉快。神様なのでえらいんだけど、売られると噂話ができなくなるという弱みを持つ。でも、偉そうなんだよね。愉快愉快。
  • 伊坂幸太郎: オーデュポンの祈り
    約1年ぶりのアップですな。未来を予見できる案山子が殺される。この案山子は会話ができるのだ。ミステリーなのだが、ファンタジーが混ざっている。お話は終盤すごいスピードで展開するのだが、伏線がばっちり張ってあっておもしろかった。時間軸、場所の変化もあり、あっという間に読み終えました。ラストシーンの案山子の描写は素晴らしいの一言。
  • 北村想: 怪人二十面相・伝
    K-20の原作本。映画を見たので原作を読んでみようと思った。話は映画とは全く異なる。江戸川乱歩の二十面相のような昔の言葉を使っているのも雰囲気があってよい。最終章は読ませてくれる。
  • 伊坂幸太郎: チルドレン
    陣内さんがすばらしい。吹っ飛びキャラはいろいろな小説に出てくるが、この方はそれほどでもない。ただ、言動が自己中。まわりがいいように解釈してあたかも予言のようになっているのがご都合主義ぽく見えるが楽しい。短編集なのだが陣内さんは全部に出てくるのでおもしろい。チルドレンIIが特にいい。
  • 坂東眞砂子: 傀儡
    生と死の境目を書くのが作者の得意分野のように思う。この作品でも復讐に命を懸ける男が出てくるが、復習しても先はないと考えている。つまり、すでに死んでいるのだ。体を動かすのは怨念のみ。復讐という目的のみで動いている。あと、話の中で親鸞の話が出てくるが、作者の宗教観に裏打ちされたものかどうかはわからない。だが、他力本願をうまく説明しているなあと感じた。
  • 川上弘美: 風花
    夫婦喧嘩は犬も食わない。裏を返せば、夫婦の間のことは夫婦にしかわからないということだろう。この本の中の夫婦、特に女性のほうは積極的に他人に相談している。友人のような第三者的な人間ではなく、親戚にだ。悩みを相談するなとは言わないが、親類縁者は最終手段に近い位置づけではないか。結局、この夫婦、どうしたいのか、どうもできないこともあるというお話なのか。どうも、よくわからんかった。
  • 田口ランディ: Cure
    ターミナルケアの最近の事情はよく知らない。認知症の介護も昔とは変わったような話も聞く。あと数年もすれば私もいやでもそれらの情報を集めることになるだろう。この本ではガンがフォーカスされていたが、がんに限らず難病と言われる類いの病に冒された人はどう人生を歩むのが幸せなのだろう。ひと括りで結論は出ないのは当たり前だが、幸せと感じられるシステムというのが日本では提供されているのだろうか。それは医療だけでなく、生活に関するあらゆる面でケアされているのだろうか。また、ケアに限らず生きることの大局というものが我々には見えているのだろうか。私は残念ながら見えていない。まったく、残念だが…
  • 吉田修一: 静かな爆弾
    吉田氏の作品は穏やかな感じがする。もちろん、すべてではないと思うが印象として静かである。この作品はそれほどではない。たぶん、耳が聞こえない人とのコミュニケーションを書くとなると意外とせわしくなるのかもしれない。作品の最後は思いと迷いが交錯する。そして、忘れていた静かな思いがはじける。