August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
My Photo

クロック


相互リンク


  • おるとグルメ 〜 Alternative Gourmet

リンク(バナーあり)

ココフラッシュ

無料ブログはココログ

« May 2005 | Main | July 2005 »

June 2005

宝塚記念

2強ムードですが、あっしは1強だと思うな。

◎ タップダンスシチー
◯ ビッグゴールド
▲ コスモバルク
△ ゼンノロブロイ
× シルクフェイマス
× ヴィータローザ
× スイープトウショウ

金鯱賞の内容は破格。楽勝も楽勝。タップの頭は不動です。ビッグゴールドも盾の健闘は光ると思います。ロブロイは休み明け、ペリエじゃないのが不満。
バルクは五十嵐騎手に戻したほうがいいと思うな。ちょっと買いにくくなった。

馬券はタップから6点流し馬連で(あいかわらず、言動と行動が結びついてませんが…)。

レース名投資回収
安田記念12000
TOTAL108002340
馬は難しいですな…大赤字です。

あーあ、知らね

健診の結果が帰ってきた。極悪、肝臓ぼろぼろ。要治療項目あり、要精密検査もあり。こりゃ長くないか?

なかなか物事そうはうまくいかないものです。今は堪え忍ぶこと。とはいえ、そう我慢ばかりはできんのよねえ。酒も増えすぎ、身体おかしくなるわけよ。

北朝鮮 VS 日本

今日のゲームはFIFA直轄ですか?青青のユニはアジア予選ではめずらしいですね。

で、ゲーム内容はというとすばらしかったと思います。確かに前半はヒヤヒヤする場面もありました。実際失点していたら展開は変わっていたでしょう。1つは北朝鮮がベタビキしなかったのが大きかったと思います。3日のイラン戦のように退かれたらどうだったか。日本はこの試合引き分けでも良かったわけでその辺の状況の良さが結果的にプラスに働いたかと思います。もし、3日に北朝鮮で今日がバーレーンだったら意外とすんなりとは行かなかったかも。

後半、大黒様効果はテキメンでした。セルジオの「リーグで結果を出しているヤツを使え」に一票です。もっとキープできる2トップでないとこれから先はいかんと思いますが、日本人の体格を考えると動きでスペースでボールをもらうタイプを2枚そろえる手かなとも思いました。

最後に代表の皆様おめでとう御座います。

安田記念

先週の一点かぶりから一転、難解ムードですね。強力な外国馬もいるし、本当にむずかしいです。馬場状態もまた難しい。

◎ ダイワメジャー
◯ アサクサデンエン
▲ ダンスインザムード
△ オレハマッテルゼ
× ローエングリン
× バランスオブゲーム
× アドマイヤマックス

ダービー卿の内容が良かったダイワメジャーを中心にします。馬場が悪そうなので先行馬を上位に見ました。香港の馬も怖いですが距離と馬場で不向きと判断しました。
馬券は◎から馬連6点です。

レース名投資回収
日本ダービー12001080
TOTAL96002340
先週はわずかに敗け、保険が効かず。

バーレーン VS 日本 (後半)

後半戦です。

そう、こういうまったりしたゲームが日本代表の(現時点の)アジアにおけるゲームだと思う。淡々として、ゆるみがない、過度の興奮もない、事務員が電卓叩くようなゲーム。こういう試合をコンスタントに出来るようになって欲しい。

今日のゲームでは福西が良かったと思う。ここ数試合の課題と言われた最終ライン前のスペースをよく埋めていたと思う。本当はもっと上がりたかっただろうけど。

今日はテレビを見ながらリアルタイムに思ったことを書いてみました。ブログの使いかたとしてはこういうのもいいのかも知れませんね。

バーレーン VS 日本 (前半)

イランVS北朝鮮戦に続き、NHKBS1でテレビ観戦。バーレーン国立競技場、思ったより威圧感の無いスタジアムですね。

新布陣はそれなりに機能しているように見える、というか試合開始からかなりガツガツ行っている。90分持つのかが心配。
ディフェンスについては中沢が戻ったせいか危なげ無し。中盤のチェックが早いせいかも知れない。
小笠原のゴールは良かったが、やはり中盤の厚さが産んだゴールだろう。

今のところ磐石と言って良いと思う(すげー危ないシュートも打たれたけど)。後半もこのまま、追加点を祈りつつ、後半戦に続く(寝なければ)…

イラン VS 北朝鮮 (後半)

後半戦です。

はっきりいって見所が無かった。イランは前半サイド攻撃が無かったので後半はちょっと見せてくれると思ったがそうでもなかった。チームとしてのコンディションが良くなかったのかも知れない。

北朝鮮は攻めの姿勢を見せた。プレスポイントをかなりあげてきた。が、自力の差かな。監督がなんで退場になったのかはちょっとわからん(ちょっと目を外している間に)が、プラン遂行に支障があったかもしれない。

このゲームは次のバンコクの試合のために見ていたが、ほんと怖いぞ、北朝鮮。だいじょうぶか?
この後のバーレーンの試合を見てから考えよう。

では、バーレーン VS 日本 (前半)につづく(寝なければ)…

イラン VS 北朝鮮 (前半)

うぃー(死語)、飲み会から帰ってまいりますた。で、NHKBS1でサッカー観戦です。イランのホームアサディスタジアムの試合です。予想以上に北朝鮮の守備が固い。8-1-1といってもいいぐらい。ハーフタイム直前の失点は残念だが、ゲームプランの確かさという点では及第点だと思う。

これはバンコクのゲームは怖いぞ。まちがいない(死語?)

後半に続く(寝なければ)…

故障

ダービーデーは結局WINSには行かず、うちでごろごろ。テレビ観戦。ディープのゴール番前の速さはナリブー以来でしたな。

で、本題、今年のダービーも故障馬がでましたね(詳しくはJRAのお知らせをどうぞ)。時計は去年と同タイム。23秒台は速いね(勝った馬だけだけど)。最初の千メートルが平均よりちょっと速いくらいだったようなので、後半がきびしい展開だったのでしょう。

もうちょっと重い馬場にできないものなのでしょうかね。ただ、外国みたいなアップダウンじゃないからなあ、速い馬場にでもしないと、意外とまぎれもあるような気がするしなあ。速さこそが日本の競馬のステータスなのかもしれないなあ。

故障繋がりで…伸二疲労骨折とは。痛い。

どうもおかしい

身体を傷めたようだ。血圧が異常に高い。太りすぎが大きいな。まずいよこれは。どうしよう…

« May 2005 | Main | July 2005 »

Recent Trackbacks

Categories

折り鶴

  • 100306o18
    ロトのはずれ券で鶴を折ってみました。紙質が固くて意外にかっちりした折り鶴ができますね。

最近借りた本

  • 酒井順子: 携帯の無い青春
    酒井順子と言えば負け犬のイメージなんだが、なんだかうらやましい青春を送っているな。年代的にはほぼ同じ。書いてあることはまあまあ合致する。携帯の無い時代はやはりいろいろめんどくさいことが多かった。電話の取り次ぎしかり酒の飲み方しかりだ。それに今と比べていろんなものにチープ感があった。お金はかかっているんだけどね。大雑把なんだろな。あんまり考えなくても就職はできたし、それなりの生活ができた。知り合いに失業者なんていなかったからね。バブルがはじけて以降、様変わりした感があるな。 酒井順子が国難と言われる今をどう書くかな。ひそかな楽しみにしているのでした。
  • 石田衣良: 東京DOLL
    2004年に書かれたもの。金持ち野郎と若い女の子の話。どちらも才能のある人。個人的にはリアル感はない。おもちゃにしてほしいと思っている女を知らんしね。でも、憧れるなあ。
  • 畠中恵: つくもがみ貸します
    作者の本は本屋ではよく見てたのですが読んだのは初めて。おもしろかったですね。付喪神は物についた神様。損料屋にある品物についた神様とその店の主人の関係がなかなかつかず離れずで愉快。神様なのでえらいんだけど、売られると噂話ができなくなるという弱みを持つ。でも、偉そうなんだよね。愉快愉快。
  • 伊坂幸太郎: オーデュポンの祈り
    約1年ぶりのアップですな。未来を予見できる案山子が殺される。この案山子は会話ができるのだ。ミステリーなのだが、ファンタジーが混ざっている。お話は終盤すごいスピードで展開するのだが、伏線がばっちり張ってあっておもしろかった。時間軸、場所の変化もあり、あっという間に読み終えました。ラストシーンの案山子の描写は素晴らしいの一言。
  • 北村想: 怪人二十面相・伝
    K-20の原作本。映画を見たので原作を読んでみようと思った。話は映画とは全く異なる。江戸川乱歩の二十面相のような昔の言葉を使っているのも雰囲気があってよい。最終章は読ませてくれる。
  • 伊坂幸太郎: チルドレン
    陣内さんがすばらしい。吹っ飛びキャラはいろいろな小説に出てくるが、この方はそれほどでもない。ただ、言動が自己中。まわりがいいように解釈してあたかも予言のようになっているのがご都合主義ぽく見えるが楽しい。短編集なのだが陣内さんは全部に出てくるのでおもしろい。チルドレンIIが特にいい。
  • 坂東眞砂子: 傀儡
    生と死の境目を書くのが作者の得意分野のように思う。この作品でも復讐に命を懸ける男が出てくるが、復習しても先はないと考えている。つまり、すでに死んでいるのだ。体を動かすのは怨念のみ。復讐という目的のみで動いている。あと、話の中で親鸞の話が出てくるが、作者の宗教観に裏打ちされたものかどうかはわからない。だが、他力本願をうまく説明しているなあと感じた。
  • 川上弘美: 風花
    夫婦喧嘩は犬も食わない。裏を返せば、夫婦の間のことは夫婦にしかわからないということだろう。この本の中の夫婦、特に女性のほうは積極的に他人に相談している。友人のような第三者的な人間ではなく、親戚にだ。悩みを相談するなとは言わないが、親類縁者は最終手段に近い位置づけではないか。結局、この夫婦、どうしたいのか、どうもできないこともあるというお話なのか。どうも、よくわからんかった。
  • 田口ランディ: Cure
    ターミナルケアの最近の事情はよく知らない。認知症の介護も昔とは変わったような話も聞く。あと数年もすれば私もいやでもそれらの情報を集めることになるだろう。この本ではガンがフォーカスされていたが、がんに限らず難病と言われる類いの病に冒された人はどう人生を歩むのが幸せなのだろう。ひと括りで結論は出ないのは当たり前だが、幸せと感じられるシステムというのが日本では提供されているのだろうか。それは医療だけでなく、生活に関するあらゆる面でケアされているのだろうか。また、ケアに限らず生きることの大局というものが我々には見えているのだろうか。私は残念ながら見えていない。まったく、残念だが…
  • 吉田修一: 静かな爆弾
    吉田氏の作品は穏やかな感じがする。もちろん、すべてではないと思うが印象として静かである。この作品はそれほどではない。たぶん、耳が聞こえない人とのコミュニケーションを書くとなると意外とせわしくなるのかもしれない。作品の最後は思いと迷いが交錯する。そして、忘れていた静かな思いがはじける。