May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
My Photo

クロック


相互リンク


  • おるとグルメ 〜 Alternative Gourmet

リンク(バナーあり)

ココフラッシュ

無料ブログはココログ

« May 2006 | Main | July 2006 »

June 2006

いかん!

はまった、ウナコーワ。ネットでなにかリンクねたを探そうとしたら、本人のブログがあった。
仕事に集中していると、どうもぼちぼちつぶやいているらしい「虫刺された手に・・・」って。さむ。

ついでにコーワも入れとくか。

宝塚記念

11年ぶりの京都開催の宝塚記念。前回はあまりいい記憶は無いですね。このレースはマックしかり、オグリしかり、本命が意外と失速してしまうというのもある。去年も2強一騎打ちと思いきやそうではなかった。
とはいえ、春の盾の後のレースだけあって春の天皇賞馬が出てくれば本命視していいでしょうね。

◎ ディープインパクト
○ アイポッパー
▲ リンカーン
△ コスモバルク
× トウカイカムカム
× ハットトリック
× ナリタセンチュリー

◎は当然でしょうね。馬場はどうなのかわからないがそれほど悲観的でない感じですし。後は京都の実績で…

馬券は◎から馬連6点。

レース名投資回収
安田記念18000
TOTAL180007770
とうとう1万マイナスかあ…、今年もだめだな。

日本 VS クロアチア

まずは前半。
やはり暑そうですね。90分のゲームプランを考えて大きなアタックがなかったように思います。これは前回の二の轍を踏まないということでしょうか。
セルジオさんの解説のとおり、アレックスとセンターバックが集中砲火を受けている感じですね。小笠原あたりがもうちょっとキープできればいいのかなと思います。きついとは思いますがね。プレスがかかる前にもう相手は展開してますものね。
川口のセーブには恐れ入りました。もう、何も言うこと無しです。あとは凡ミスをしないでね。

では後半へ。
福西と交代で稲本が入ってきた。守りがちょっと心配。逆にジーコさんの積極采配とも言えるか、珍しい。
クロアチアは明らかにカウンター狙いに来た。前線でのプレスはない。プレスラインは日本のアタッキングハーフのポジション。この線を死守しにきている。
玉田が入ったはいいが、ボールを触れない。相手は疲れているのに突っかける選手にボールが届かないのは問題。
35分を過ぎて中盤がキープできない状態で選手交代をできないものか。リスクはあるとは思うが動ける選手を入れないといかんのではないか。40分、大黒投入。ちょっと遅いかも。FWよりはMFを入れたほうが良かったように思う。中村は動けてなかった。クロアチアは中盤ががんばったと思う。技術的には日本より上だとは思っていたが暑さにはまいっていたようだった。

結局、消耗戦は0-0。日本ベンチも積極的に動いたとは思うが、押し切れなかった。残念。W杯アウェーでの歴史的勝ち点1と思う事にしよう。

鴨居玲見てきたです

小雨の長崎県立美術館に鴨居玲「私の話を聞いてくれ」を見に行ったです。もう1年前になるのですが、県立美術館がリニューアルした。実はそれから初めて行ったのです。あー、鴨居玲ってありますね。
0606181

玄関は近代的でいい感じです。嫌いじゃないです。前の美術館もこじんまりしてて悪いとは思わないのですが、これくらいのドンガラはあってもいいかな。
0606182

で、本題の鴨居ですが、やはり暗い。せつない。自画像で始まり、自画像で終わるのがなやましい。苦悩をキャンバスにたたきつけた人だったのか。画風も迷いの中から独自のものを導いていった道程が見られる。これほど、作品点数の多い人だったというのは知らなかった。

暗黒の中の光ほど美しい。

せいこしゃん

今日のやられたナンバー1。BS-i。

松田聖子コンサート2004。知ってれば、録画したのに。気づいたときには録画できず状態。こりゃ放送を見るしかないと踏ん切りをつけるが、子守り(まあ、わが子ではないから適当ではあるが)。まあ、一応見たことは見たが、こういう状況ではね、あまり楽しめんね。

2年前とはいえだな、めったに見れんものな。改めて、聖子ちゃんはいいわ。

Good Job!!!

ここ2、3日、ナーバスです。オーストラリア戦のダメージ、デカイです。スポーツニュースも見る気ないです。

でも、このブログには救われたな。Thanksです。

日本 VS オーストラリア

前半、じりじりとした展開。決定的局面という点ではオーストラリアのほうが多かった。
中盤はスペースがあるのだが、プレッシャーがきついという感じ。ラフなチェックも多い。
もうちょっとサイドで基点ができないものなのか意図して作っていないのか?

中村の得点はラッキーだが、その前の川口のセーブがあっての得点かもしれない。
サッカーにはこういうことが往々にしてあるが、これもサッカーの神様のおかげかな。

ということで、後半。
両チームともにバテバテ状態の中のゲーム。先にバテたのはオーストラリアの方だが
リフレッシュ要員を入れてきた。日本は坪井の怪我は仕方ないにしても選手の状態把握が
できていないのか、なかなか選手交代をしない。
残念だが、ベンチワークの差かもしれない。こればかりはいかんともしがたいな。

スコアは1-3。なんだかんだいっても、3点目は余計だ。少なくても1-2で終わるべきだった。

ドイツ VS コスタリカ

開幕戦、さっき録画を見終えますた。一応感想だけ。

ドイツの立ち上がりは力入ってましたね。硬かった。先制点が入ってからはいくらか良かったかなって程度。全体的にはでき悪いです。コスタリカはもっと悪かった。超アウェーは理解できるとしても、べた引きで失点しているようではきつい。ワンチョペだけが救いでした。

ドイツのサイドバックって、もっとでかいという印象があったけど、左サイドのラーンって選手はいままでのイメージとは違う。おもしろい。後はもっと強いところとやって、どこまでやれるかだな。

最後に、3階建てのスタンドは迫力ですな。

無問題

オランダ VS オーストラリアの親善試合の録画をさっき前半だけ見た。

ぜんぜん問題なし。なんとかなるよ、きっと。

きっと…

安田記念

今の東京コース、なるほど内枠優勢理論が出るものうなづける結果になっていますね。今回も1枠が人気のようですね。でもねえ、単勝1番人気が絡まない馬連が前日時点とはいえ1番人気になるとは…

◎ オレハマッテルゼ
○ ブリッシュラック
▲ テレグノシス
△ インセンティブガイ
× ハットトリック
× カンパニー
× アサクサデンエン

◎は前走の勝ちっぷりで選びました。さらに距離は伸びますが、「オレ」ハマッテルゼという状況ではないかと…あとはでかい賞金の可能性があるブリッシュ、豊に乗り代わりで新しいところが出ればおもしろいテレ、京王杯2着のインセンティブガイとしました。1枠はどうもイメージがわかず無印です。

馬券は◎から馬連6点。

レース名投資回収
日本ダービー18000
TOTAL162007770
こうも負け続けると書いてることが能書きにしかならんな。しゃーないけど。

« May 2006 | Main | July 2006 »

Recent Trackbacks

Categories

折り鶴

  • 100306o18
    ロトのはずれ券で鶴を折ってみました。紙質が固くて意外にかっちりした折り鶴ができますね。

最近借りた本

  • 酒井順子: 携帯の無い青春
    酒井順子と言えば負け犬のイメージなんだが、なんだかうらやましい青春を送っているな。年代的にはほぼ同じ。書いてあることはまあまあ合致する。携帯の無い時代はやはりいろいろめんどくさいことが多かった。電話の取り次ぎしかり酒の飲み方しかりだ。それに今と比べていろんなものにチープ感があった。お金はかかっているんだけどね。大雑把なんだろな。あんまり考えなくても就職はできたし、それなりの生活ができた。知り合いに失業者なんていなかったからね。バブルがはじけて以降、様変わりした感があるな。 酒井順子が国難と言われる今をどう書くかな。ひそかな楽しみにしているのでした。
  • 石田衣良: 東京DOLL
    2004年に書かれたもの。金持ち野郎と若い女の子の話。どちらも才能のある人。個人的にはリアル感はない。おもちゃにしてほしいと思っている女を知らんしね。でも、憧れるなあ。
  • 畠中恵: つくもがみ貸します
    作者の本は本屋ではよく見てたのですが読んだのは初めて。おもしろかったですね。付喪神は物についた神様。損料屋にある品物についた神様とその店の主人の関係がなかなかつかず離れずで愉快。神様なのでえらいんだけど、売られると噂話ができなくなるという弱みを持つ。でも、偉そうなんだよね。愉快愉快。
  • 伊坂幸太郎: オーデュポンの祈り
    約1年ぶりのアップですな。未来を予見できる案山子が殺される。この案山子は会話ができるのだ。ミステリーなのだが、ファンタジーが混ざっている。お話は終盤すごいスピードで展開するのだが、伏線がばっちり張ってあっておもしろかった。時間軸、場所の変化もあり、あっという間に読み終えました。ラストシーンの案山子の描写は素晴らしいの一言。
  • 北村想: 怪人二十面相・伝
    K-20の原作本。映画を見たので原作を読んでみようと思った。話は映画とは全く異なる。江戸川乱歩の二十面相のような昔の言葉を使っているのも雰囲気があってよい。最終章は読ませてくれる。
  • 伊坂幸太郎: チルドレン
    陣内さんがすばらしい。吹っ飛びキャラはいろいろな小説に出てくるが、この方はそれほどでもない。ただ、言動が自己中。まわりがいいように解釈してあたかも予言のようになっているのがご都合主義ぽく見えるが楽しい。短編集なのだが陣内さんは全部に出てくるのでおもしろい。チルドレンIIが特にいい。
  • 坂東眞砂子: 傀儡
    生と死の境目を書くのが作者の得意分野のように思う。この作品でも復讐に命を懸ける男が出てくるが、復習しても先はないと考えている。つまり、すでに死んでいるのだ。体を動かすのは怨念のみ。復讐という目的のみで動いている。あと、話の中で親鸞の話が出てくるが、作者の宗教観に裏打ちされたものかどうかはわからない。だが、他力本願をうまく説明しているなあと感じた。
  • 川上弘美: 風花
    夫婦喧嘩は犬も食わない。裏を返せば、夫婦の間のことは夫婦にしかわからないということだろう。この本の中の夫婦、特に女性のほうは積極的に他人に相談している。友人のような第三者的な人間ではなく、親戚にだ。悩みを相談するなとは言わないが、親類縁者は最終手段に近い位置づけではないか。結局、この夫婦、どうしたいのか、どうもできないこともあるというお話なのか。どうも、よくわからんかった。
  • 田口ランディ: Cure
    ターミナルケアの最近の事情はよく知らない。認知症の介護も昔とは変わったような話も聞く。あと数年もすれば私もいやでもそれらの情報を集めることになるだろう。この本ではガンがフォーカスされていたが、がんに限らず難病と言われる類いの病に冒された人はどう人生を歩むのが幸せなのだろう。ひと括りで結論は出ないのは当たり前だが、幸せと感じられるシステムというのが日本では提供されているのだろうか。それは医療だけでなく、生活に関するあらゆる面でケアされているのだろうか。また、ケアに限らず生きることの大局というものが我々には見えているのだろうか。私は残念ながら見えていない。まったく、残念だが…
  • 吉田修一: 静かな爆弾
    吉田氏の作品は穏やかな感じがする。もちろん、すべてではないと思うが印象として静かである。この作品はそれほどではない。たぶん、耳が聞こえない人とのコミュニケーションを書くとなると意外とせわしくなるのかもしれない。作品の最後は思いと迷いが交錯する。そして、忘れていた静かな思いがはじける。