September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
My Photo

クロック


相互リンク


  • おるとグルメ 〜 Alternative Gourmet

リンク(バナーあり)

ココフラッシュ

無料ブログはココログ

« July 2006 | Main | September 2006 »

August 2006

End of 頭痛

まあ、こんなものかな。まだ頭痛し。振ると特に痛し。こんなものさ。きっと。今日で頭痛ともお別れ?きっと。

では、おやすみ。

続続続々 頭痛ねたです

風邪っぽい感じはあるのだが、頭痛が取れた。頭振っても痛くない。緊張があったのだろうか。ひとまず良かった。薬はまだあるので飲みきるまでは安心しないことだな。

頭痛ねたはあと1日…か?

続続々 頭痛ねた

今日から薬が変わった。炎症を抑える薬と筋肉の緊張を取る薬らしい。なんとなく効いた気がするが、油断は禁物だね。明日まで様子を見る。頭痛はずいぶん取れたが、頭を振るとまだ痛い。果報を寝て待つ。

続々 頭痛ねた

相変わらず頭痛い。もう10日ほど痛いわけ。肩からきている可能性が高いのだが、仕事イヤ病の可能性もあるわけで…肩回しでどこまで回復するか。もうなんとかして!

続 頭いた

とにかく寝た。頭痛はいくらかよくなった。でもなんでこんなに眠いかな。

今日は強性剤を買ったよ。夏バテなんだよきっと。そう、きっとそう。もうねよ。

頭いた そのあと

針に行く。結構効いたが、一過性かもしれない。様子を見る。頭痛はほんのり残った状態。やはり、のどの痛みにリンクしているのかも。

頭いた 続報

仕事が終わるまでは痛かった頭が会社から帰ると痛くなくなった。精神的頭痛の可能性が高いな。要は「仕事やだ頭痛」ってことか。

まあ、痛くないとはいえ、じんわり痛いのは確か。帰りしなの首マッサージが意外に効いたのかもしれない。明日は針に行く。これでどうでるか。だな。いずれにせよ快方に向かっているようだ。

頭痛いの治らず

今日もダメぽ。首から上が痛いという状況。

寝よ。

変頭痛

頭痛復活。薬を飲むと楽にはなるんだが、薬が切れるとまた痛くなる。ただ、脈に応じてずきずきする偏頭痛の症状は無くなった。のどがまだ少し痛いんだがこれが原因なのかな。頭振るとえらく痛いしなあ。困ったよ…

偏頭痛

のどの痛みが取れていたせいか、今日飲んだ薬がよく効いた。頭の痛みがうそのようになくなった。クーラーに負けたかな。少し暖かくして寝るか…

では、おやすみ。

頭痛治らず

頭痛治らず

仕事にならない。病院行きますた。

熱はひいたが

熱はひいたが

微熱があったのだが回復。
あとは、頭の痛みが取れれば。

頭痛し

頭痛し

かぜらしい。寝る〓

なるか定時定点観察 その4

なかなか毎日は無理だね。忘れちゃったり、急用入ったり、しかもすっぽかされたりね。まあ、いいけどね。
今日は台風接近のため雨模様㍉
0608181

走れ、走れ、走れ

体を動かすと意外にわかることがある。きっと脳の使い方とかそういう部分との関連があるとは思うが専門ではないので割愛します。

飲んだくれてコンビニに行った帰り、ふと思った。サッカー日本代表をめちゃめちゃ飲ませたあげく、目いっぱいのトレーニングをしたらどうなるのだろう。まともなトレーニングではないのだが、酒飲んでフラフラの状態っていわば脳がパンパンの状態ではないかと。

となると、考えながら走るという極限状態に近いのではないかと思うのだが違うのだろうか。正式なトレーニングでないのは重重承知であるが、なんかあぶさんぽくってね。なんかいいでしょ。

晴れた日の虹

晴れた日の虹

こういうこともあるのね。雨の兆しもないのに虹とは。

猫の額 in summer

猫の額 in summer

なんか暇だったので。
すまぬ。

なるか定時定点観察 その3

昨日は別件で実行できず。三日坊主に終わってしまった(いや、二日か)。気を取り直して今日は記録。クーラー室外機の熱風直撃中。ごめんね。
0608161

西へと向かう船2

西へと向かう船2

出航㍉

西へと向かう船

西へと向かう船

出航前の準備中㍉

線香花火 at 田舎

線香花火 at <br />
 田舎

田舎といってもいつも住んでいる所ではあるのだが。
風情ではあるねえ㍉

Firework

Firework

今日はこれくらいにしておいたろ

レンズのない眼鏡≠だて眼鏡

フレームのない眼鏡≠素顔ん

フレームもレンズもない眼鏡≠素顔???

まあ、どうでもいいな。

なるか定時定点観察 その2

定時定点観察2日目。いやあ忘れずによかった。定時は何とかクリアしたが、定点になってない。微妙なずれが残念。まあ、誤差ということで納得する。
0608141

日本サッカーの歌

以前、ブログで探しているといっていた「日本サッカーの歌」のCDを蔦屋で発見。4曲入りのMAXIシングル。アジアカップビデオのエンディングらしいものは、おそらく吹奏楽バージョンってやつ。あとのは触れずにおきましょ…

とりあえず吹奏楽バージョンのみゲット。個人使用目的で使用します。

ブタキム 2

ブタキム 2

昨日と同じセット。
飽きないなあ〜

なるか定時定点観察 その1

ブログで前から一度やって見たかったのがこれ。なかなか時間が許してくれるものでもないが、お盆休みの間だけやってみようと思う。テーマとしては盆栽の葉っぱ。16:45分の状態とする。
0608131

動いた

動いた

いろいろ調べて何とかなった。
ありがたやありがたや

動かず

動かず

いかんなあ。今日解決できるか?

21年前の夏

今、テレビで日航機墜落のニュースをやっている。21年前の今日はとても暑い日だった。この事故がなければ多分その日を覚えていることはないはずだ、単なる暑い日で記憶に残ることはない。
その日あっしは会社の寮にいた。帰省している人が多く、寮に残っていたのは6人くらいだったと思う。早めの夕食で冷やし中華を食って酒を飲んでいたと思う。

何時のニュースからは覚えていないが、帰省の時期だったため知っている人間が絡んでいないかずっと食堂のテレビを見ていた。あとは盆休みの間このニュースで持ちきりだった。知り合いに犠牲者はなくあっし的にはそれまでの事故ではあったが、数百人単位でいっぺんに人が死ぬということはとても怖いと思った。

今、飛行機をよく利用するが、とても快適に移動している。当然のように落ちるとは思って利用はしていない。でもこの事故は小さな恐れを与えてくれている。もちろん乗ってしまえばどうしようもないのだが…

夏の肉球

夏の肉球

一応記録。冬もあるか

ブタキム

ブタキム

長崎の五島豚バラ肉+韓国農協キムチのコンビ。
よく使うセットだが飽きないな。うまからくさ㍉

大あくび

大あくび

ってことはないわな。

眠い

眠い

これから飲み会。
体きつくて眠い。まいった㍉

へヘヘーン

へヘヘーン

このコピーには異義あり。
アシュラ男爵主役でガッチャマンはリメイクできんだろ。

ヘヘーン

ヘヘーン

早いっす

ヘーン

ヘーン

スマン

009

BS2のBSアニメ夜話・番外編「アニメの時間よ永遠に」(リンクは期間限定ではないかと思う)にはちょっとしびれた。

一番は009のオープニング。あっしの前の世代のバージョンのやつ。えれーかっこいいっす。

まあ、辻真先さんはいいな。はじめて見たけど。穏やかだけと芯が熱いというか。のめりこんだ何かを持つ人、独特の感じがあったように思う。

夏のこの時期はちょっとレトロなものを夜中に見るのはいいものですな。戦争の話とか含めてしみるというか、考えさせられるというか。お盆のこの時期の感触があるね。

今日の反省

今日の反省

2桁のアップを目指したがもう無理。
寝る。飲み過ぎ㌔

夕暮れ

夕暮れ

今日は暑かった㌔
でも、こういうそらは夏だけなんだよなあ。

Beer and Beef

Beer and Beef

つまみだ。
牛とビールは一文字違いなのね。

新顔 in summer

新顔 in summer

6年ぶりに新しいマシンを購入。今セッティング中。

サニーサイドアップ on 焼きそば

サニーサイドアップ on <br />
 焼きそば

焼きそばはUFO㌔

海

なぎの海。
遠くには五島があるはず。

快晴 in the sky

快晴 in the sky

今日はどれくらいアップできるかやってみる。
目標2桁㌔

最近のむかつき

今日は暑かった。あんまり暑いので、暑気払いにむかついたやつを挙げてみる。

1) てめえの都合だけいうやつ。こっちの言うことは知らんふり。どうせまともな答えは期待していないけどね。
2) アホ上司。法律ぐらい勉強せい。高い金もらっとるだろうが。
3) お口がくさい人。隣で飯を食われた日にゃ…

気持ちいいー㌔

« July 2006 | Main | September 2006 »

Recent Trackbacks

Categories

折り鶴

  • 100306o18
    ロトのはずれ券で鶴を折ってみました。紙質が固くて意外にかっちりした折り鶴ができますね。

最近借りた本

  • 酒井順子: 携帯の無い青春
    酒井順子と言えば負け犬のイメージなんだが、なんだかうらやましい青春を送っているな。年代的にはほぼ同じ。書いてあることはまあまあ合致する。携帯の無い時代はやはりいろいろめんどくさいことが多かった。電話の取り次ぎしかり酒の飲み方しかりだ。それに今と比べていろんなものにチープ感があった。お金はかかっているんだけどね。大雑把なんだろな。あんまり考えなくても就職はできたし、それなりの生活ができた。知り合いに失業者なんていなかったからね。バブルがはじけて以降、様変わりした感があるな。 酒井順子が国難と言われる今をどう書くかな。ひそかな楽しみにしているのでした。
  • 石田衣良: 東京DOLL
    2004年に書かれたもの。金持ち野郎と若い女の子の話。どちらも才能のある人。個人的にはリアル感はない。おもちゃにしてほしいと思っている女を知らんしね。でも、憧れるなあ。
  • 畠中恵: つくもがみ貸します
    作者の本は本屋ではよく見てたのですが読んだのは初めて。おもしろかったですね。付喪神は物についた神様。損料屋にある品物についた神様とその店の主人の関係がなかなかつかず離れずで愉快。神様なのでえらいんだけど、売られると噂話ができなくなるという弱みを持つ。でも、偉そうなんだよね。愉快愉快。
  • 伊坂幸太郎: オーデュポンの祈り
    約1年ぶりのアップですな。未来を予見できる案山子が殺される。この案山子は会話ができるのだ。ミステリーなのだが、ファンタジーが混ざっている。お話は終盤すごいスピードで展開するのだが、伏線がばっちり張ってあっておもしろかった。時間軸、場所の変化もあり、あっという間に読み終えました。ラストシーンの案山子の描写は素晴らしいの一言。
  • 北村想: 怪人二十面相・伝
    K-20の原作本。映画を見たので原作を読んでみようと思った。話は映画とは全く異なる。江戸川乱歩の二十面相のような昔の言葉を使っているのも雰囲気があってよい。最終章は読ませてくれる。
  • 伊坂幸太郎: チルドレン
    陣内さんがすばらしい。吹っ飛びキャラはいろいろな小説に出てくるが、この方はそれほどでもない。ただ、言動が自己中。まわりがいいように解釈してあたかも予言のようになっているのがご都合主義ぽく見えるが楽しい。短編集なのだが陣内さんは全部に出てくるのでおもしろい。チルドレンIIが特にいい。
  • 坂東眞砂子: 傀儡
    生と死の境目を書くのが作者の得意分野のように思う。この作品でも復讐に命を懸ける男が出てくるが、復習しても先はないと考えている。つまり、すでに死んでいるのだ。体を動かすのは怨念のみ。復讐という目的のみで動いている。あと、話の中で親鸞の話が出てくるが、作者の宗教観に裏打ちされたものかどうかはわからない。だが、他力本願をうまく説明しているなあと感じた。
  • 川上弘美: 風花
    夫婦喧嘩は犬も食わない。裏を返せば、夫婦の間のことは夫婦にしかわからないということだろう。この本の中の夫婦、特に女性のほうは積極的に他人に相談している。友人のような第三者的な人間ではなく、親戚にだ。悩みを相談するなとは言わないが、親類縁者は最終手段に近い位置づけではないか。結局、この夫婦、どうしたいのか、どうもできないこともあるというお話なのか。どうも、よくわからんかった。
  • 田口ランディ: Cure
    ターミナルケアの最近の事情はよく知らない。認知症の介護も昔とは変わったような話も聞く。あと数年もすれば私もいやでもそれらの情報を集めることになるだろう。この本ではガンがフォーカスされていたが、がんに限らず難病と言われる類いの病に冒された人はどう人生を歩むのが幸せなのだろう。ひと括りで結論は出ないのは当たり前だが、幸せと感じられるシステムというのが日本では提供されているのだろうか。それは医療だけでなく、生活に関するあらゆる面でケアされているのだろうか。また、ケアに限らず生きることの大局というものが我々には見えているのだろうか。私は残念ながら見えていない。まったく、残念だが…
  • 吉田修一: 静かな爆弾
    吉田氏の作品は穏やかな感じがする。もちろん、すべてではないと思うが印象として静かである。この作品はそれほどではない。たぶん、耳が聞こえない人とのコミュニケーションを書くとなると意外とせわしくなるのかもしれない。作品の最後は思いと迷いが交錯する。そして、忘れていた静かな思いがはじける。