April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
My Photo

クロック


相互リンク


  • おるとグルメ 〜 Alternative Gourmet

リンク(バナーあり)

ココフラッシュ

無料ブログはココログ

« November 2007 | Main | January 2008 »

December 2007

2007年を振り返って

今年はきつい一年だった。いいことがあまりなかった。そりぁ、楽しいことはあったけど、つらいことのほうが多かった。

まず、仕事が大変だった。忙しいのは悪いことではないのだが、限度がある。利益的にもそれほど上がらなかった。将来につながればいいとは思うが、それも期待としては少ない。来年は続けるか見切るか判断する年になる。

遊びもあまり良くはない。特に競馬は悲惨の一言。予想がまるでダメだ。そんなにお金をつぎ込むほうではないのだが、損したな。体を動かすことが極端に減った。仕事が忙しかったこともあるが、体力がなくなった。体重も相当増えたので来年は健全な肉体を取り戻したい。

株も勉強したが、大変な年だった。1割くらい損をした。それほど大きな額ではないし、借りた金はないので自己責任の範囲でなんとかなるのだが、つらかったな。ちょっと高かったが勉強代ということにしておこう。

うーん、楽しいことがあったと書いたけど、浮かばないな。きっと、思い浮かばないほど小さな楽しみだったのよ。来年はもう少し能動的に生きよう。つらいことを切り離すことができるようになろう。

ワイン購入

ワイン購入
今年お気に入りの二種類。正月用だ。

京極堂

京極堂
魍魎のハコ「漢字出ず」を見に行った。

「うぶめ」が問題ありだったので心配だったが、今度のはよかった。

硬質の色合いがいい。素晴らしい。魍魎の説明もくどくなくてよかった。
ラストは時間かけすぎた感もあったが、まずまずでは。

最も注目だった「はこの中の少女」はやはり難しかったかな?

有馬記念

今年もラスト。全敗回避をしないと。

◎メイショウサムソン
○ロックドゥカンブ
▲ポップロック
△ダイワスカーレット
×ドリームパスポート
×ダイワメジャー
×ウオッカ

今年のサムソンは強かった。ラストまでよろしくお願い。
馬券は◎から流し6点。

ICOCA

ICOCA
都会はこういうのがあっていいよな。
九州はまだまだ先の話しだ。

サ・セボー買った

サ・セボー買った
今から食う

地獄行き

明日からの出張。生き地獄だよ。

バシバシ、鞭を入れられるだよ。

言葉攻めもきっとあるはずだあよ。

ぼーぅ

カロナール

歯医者でもらった薬。解熱・鎮痛剤なのだがなぜか眠れる。yahooのお薬情報ではそういうことは書いてないんだがなあ。

眠れないことが多かったので、良い良い。

ガリレオ、終わっちゃったね

久々に楽しめた。最終回も面白かった。爆弾の形はなんかなあ、だったけど。

准教授と刑事の関係は昔、昔の明智小五郎&小林少年のような感じだな(ホームズとワトソンでもいいかあ)。特に最終回は犯人が怪人二十面相っぽかったし。アクションはないけどね。

映画もあるらしいが、もう一発ドラマでやらないかな。SPでいいから。ね。

次回の昼食ラインアップっす

次回の昼食ラインアップっす
マルちゃん緑のたぬき
どん兵衛天ぷらそば
マルちゃん紺のきつねそばどん兵衛きつねそば
マルちゃん山菜乱切りそば
そば尽くし。

Damn it

今日は医者に行った。その夜、歯茎がはれた。ちぇっ!

トヨタカップ その5

一日遅れですみやせん。

ACミラン1-浦和0。守備のチーム通しの対決ならば順当なスコア。ACミランは世界屈指のチームということです。そのチームに1-0ならば浦和も世界クラスのチームと思います。

失点は浦和攻勢の直後、カカにペナルティエリアに侵入されセードルフにパス。これをきっちり決められた。セットプレーをすぐに始められ、マークが遅れた感じだった。カカにあそこまで入られたらはやり危険、そういうことでしょう。

浦和も前半はあまり見せ場がなかったが、後半いい攻めを見せていた。フィニッシュがちょっと窮屈だったし、技術的な部分もあったと思うが、スコアには結びつかず。

今朝の新聞の論調を見ると惨敗かと思ったが、それほどの負け方ではないと思う。また来年、十分な状態で世界大会に臨んでほしい。

ジャージャーしてないのにジャージャー麺

名は体を現さず、ですか。浦和vsACミラン。今日は見れず、明日録画でみる。今日は疲れた。寝る。

トヨタカップ その4

ボカ・ジュニアーズ1-エトワール・サヘル0。前半のワンチャンスをものにする技術。後半10人になってからの戦術。ボカは強かった。さすが世界のビッグネームという感じがした。

前半正直それほどいい試合だとは思ってなかった。やはりボカはピークを日曜日においているだろうなと思えた。できればそれほど疲れを残さないゲームをしたかったのだろう。得点シーンは19番の個人技が光った。あれをふかさないのが世界クラスなのだろう。エトワール・サヘルは9番が積極的に行ったがフィニッシュまでは行かなかった。

後半ボカに退場者が出てゲームが動くかと思ったが、ここからのボカがすごかった。パスの精度、ボールの運び、なにかチームのオーラみたいなものがあったように思う。エトワール・サヘルも前を厚くしたがそれほど有効ではなかった。チャンスはあったが非常に難しいものだった。

明日は浦和がACミランに挑むがホームアドバンテージがどれほど発揮できるか、ミランファンも結構いるだろうし。

あ、これはうれしい

あ、これはうれしい
たまにはいいもの送るじゃないJRA。

トヨタカップ その3

浦和3-セパハン1。浦和おめでとう。

先週の金曜日に試合をしたせいか、セパハンの動きが悪い。テレビではインフルエンザで困っているようなことも言っていたが何か関連があったのかもしれない。レギュレーションとはいえ少しかわいそうな気もする。13番の選手が入った後半2失点してしまったが、前半に比べると怖かった。怪我の選手が出ていたら結果も変わったかも。ゴールにも嫌われた。

浦和はゴールに嫌われなかったのが救い。シュートの精度が良くなかった。ワシントンのゴールはエレガントだったけど。セパハンの動きがもう一つだっただけに自力の差を見せつけてほしかった。木曜日は疲労との戦いもあるだろうけど、ACミラン相手に一泡吹かせてほしいものだ。

トヨタカップ その2

国立の昼間のゲーム、メキシコとチュニジアのゲーム、当事国にどのように伝わっていたのだろう。どちらもあまり放映しにくい時間帯ではなかったのかな。このあたりは詳しくはないのであまり口を挟むべきではないのだろうが…逆の立場なら、もうちょっと放映時間に配慮があってもと思う。

さて、今日のエトワール・サヘルとパチューカのゲーム、中盤の質については疑問がある。それほどプレスがきついとは思えなかったのだが、相手に渡すパスがとても多かったように思う。さすがに自陣でのそういうシーンはなかったが中盤は相手のパスを奪ってはまた相手に渡すという場面が多かったように思う。これはデフェンスが良かったというイメージではない。やはり、パス精度が悪かったというほうが妥当だと思う。

スコアはエトワール・サヘル1-パチューカ0だったが、内容は逆。パチューカがゴールに嫌われてしまった。まるで前日の広島のようだった。サッカーは強いチームが必ずしも勝つわけではないということだろう。明日の浦和がゴールに嫌われないこと祈る。


朝日杯フューチュリティステークス

去年の勝馬ドリームジャーニーが昨日の鳴尾記念で惨敗。朝日杯の格って一昔前とは比べ物にならないくらい落ちた感もある。そろそろ、2歳チャンプにとどまらない馬が出てきてほしい。

◎スズジュピター
○アポロドルチェ
▲キャプテントゥーレ
△レッツゴーキリシマ
×ドリームシグナル
×エーシンフォワード
×ドリームガードナー

◎は東スポ杯の内容で。負けたけど休み明けを考慮すれば十分ではないか。ただし、中山コースがどうなのかという不安はある。○は中山が合いそう。▲、△は前で勝負できる馬なので。

馬券は◎~△の馬連ボックスで。

今度の昼食ラインアップ

今度の昼食ラインアップ
どん兵衛きつねうどん
どん兵衛肉うどん
マルちゃん緑のたぬき
マルちゃん赤いきつね
どん兵衛天ぷらそば

今年最後かな?

トヨタカップ その1

ワイタケレとセパハンのゲーム。テレビ観戦だった、うまい酒が飲めました。結果はセパハンの勝利に終わった。しかし、前半の失点がなければと思わせる試合にはなった。

ワイタケレの前半の2失点は最終ラインの混乱だろう。それは2点目のハンド(結果的にはハンドをとらずにその後のゴールを採用したが)に見て取れる。ワイタケレの最終ラインは3バック。セパハンは意識的にトップを開いた位置に配置したように思う。そのような場合本来ならばサイドの選手またはボランチの選手が対応するべきなのだろうが、そこを3バックのサイドの選手が対応してしまった。そのため残りの選手の対応が後手を踏んだ可能性がある。これはベンチからの支持で対応するのは難しいかもしれない。あらかじめ場数を踏んでいなくては対応できなかったかもしれない。

セパハンは斜めのボールの精度が高い。これはイランの代表チームにも言えることなのだが、アジアではトップクラスではないかな。13番、23番?は怖そうだね。

後半の後半、ワイタケレの応援が激しかった。今日の国立のお客さんはおもしろい。実におもしろい。シドニーのオリンピック予選のマニラvsどっか(ネパールだったと思うが・・・違うか?)のゲームくらい楽しかった。もし、このゲームが3-2でセパハンだったら、ワイタケレの0.5点はお客さんの得点だと思う。本来ならば開催国枠とワイタケレなのでこういう感じにはならないんだろうけどな、どっちかというとこういうほうがおもしろいな。(日本に限っての話ではあるんだろうが)

徒労

無駄な努力。いや、無駄な時間。

まあ、どうでもいいけど。

キビナ130円

キビナ130円
飲み屋なら500円くらい取られるかな?

体が痒い

肝機能障害でしょうか、体のあちらこちらが痒いです。寒くなってドロドロ血のために血行が悪くなっているものと思います。

だから、今日は酒抜きました。えらいです。このまま、酒やめますまでいけたらいいんだけどな。無理だな。

ふーん

ふーん
4回再送ですよ。

しかもゴミ記事残るし、時系列おかしいし。

昼食ラインアップはマルちゃん

昼食ラインアップはマルちゃん
マルちゃん讃岐風うどん
マルちゃん山菜乱切りそば
マルちゃん豚汁うどん
マルちゃん緑のたぬき
マルちゃん赤いきつね

再送4回目だすよ。

昼食ラインアップはマルちゃん

昼食ラインアップはマルちゃん
マルちゃん讃岐風うどん
マルちゃん山菜乱切りそば
マルちゃん豚汁うどん
マルちゃん緑のたぬき
マルちゃん赤いきつね

再送三回目だすよ。

次の昼食ラインアップはマルちゃん

なぜぇーか、携帯からブログ投稿ができず。

0712021

マルちゃん讃岐うどん
マルちゃん山菜乱切りそば
マルちゃん豚汁うどん
マルちゃん緑のたぬき
マルちゃん赤いきつね

今週はマルちゃん祭り。

阪神ジュベナイルフィリーズ

今の阪神は前がとまらない様子。先行する馬に有力どころが多い。2歳牝馬で早くなりやすい傾向があるレースでどういう展開になるかが、キーポイントではないだろうか。

◎レジネッタ
○ラルケット
▲シャランジュ
△アロマキャンドル
×エイムアットビップ
×オディール
×トールポピー

今年のメンバーは去年に比べると小粒感がある(去年がすごすぎか)。ならば思い切って穴目を狙う。◎は上がりの時計と屋根の強化。去年逃げ切れなかった武豊のリベンジを期待。○もバスキエで買ってみる。あとは牡馬相手の実績で決めました。人気どころは×で押さえて。他にも面白そうなのがいるけど、ここまで。

馬券は◎から馬連流し6点。

« November 2007 | Main | January 2008 »

Recent Trackbacks

Categories

折り鶴

  • 100306o18
    ロトのはずれ券で鶴を折ってみました。紙質が固くて意外にかっちりした折り鶴ができますね。

最近借りた本

  • 酒井順子: 携帯の無い青春
    酒井順子と言えば負け犬のイメージなんだが、なんだかうらやましい青春を送っているな。年代的にはほぼ同じ。書いてあることはまあまあ合致する。携帯の無い時代はやはりいろいろめんどくさいことが多かった。電話の取り次ぎしかり酒の飲み方しかりだ。それに今と比べていろんなものにチープ感があった。お金はかかっているんだけどね。大雑把なんだろな。あんまり考えなくても就職はできたし、それなりの生活ができた。知り合いに失業者なんていなかったからね。バブルがはじけて以降、様変わりした感があるな。 酒井順子が国難と言われる今をどう書くかな。ひそかな楽しみにしているのでした。
  • 石田衣良: 東京DOLL
    2004年に書かれたもの。金持ち野郎と若い女の子の話。どちらも才能のある人。個人的にはリアル感はない。おもちゃにしてほしいと思っている女を知らんしね。でも、憧れるなあ。
  • 畠中恵: つくもがみ貸します
    作者の本は本屋ではよく見てたのですが読んだのは初めて。おもしろかったですね。付喪神は物についた神様。損料屋にある品物についた神様とその店の主人の関係がなかなかつかず離れずで愉快。神様なのでえらいんだけど、売られると噂話ができなくなるという弱みを持つ。でも、偉そうなんだよね。愉快愉快。
  • 伊坂幸太郎: オーデュポンの祈り
    約1年ぶりのアップですな。未来を予見できる案山子が殺される。この案山子は会話ができるのだ。ミステリーなのだが、ファンタジーが混ざっている。お話は終盤すごいスピードで展開するのだが、伏線がばっちり張ってあっておもしろかった。時間軸、場所の変化もあり、あっという間に読み終えました。ラストシーンの案山子の描写は素晴らしいの一言。
  • 北村想: 怪人二十面相・伝
    K-20の原作本。映画を見たので原作を読んでみようと思った。話は映画とは全く異なる。江戸川乱歩の二十面相のような昔の言葉を使っているのも雰囲気があってよい。最終章は読ませてくれる。
  • 伊坂幸太郎: チルドレン
    陣内さんがすばらしい。吹っ飛びキャラはいろいろな小説に出てくるが、この方はそれほどでもない。ただ、言動が自己中。まわりがいいように解釈してあたかも予言のようになっているのがご都合主義ぽく見えるが楽しい。短編集なのだが陣内さんは全部に出てくるのでおもしろい。チルドレンIIが特にいい。
  • 坂東眞砂子: 傀儡
    生と死の境目を書くのが作者の得意分野のように思う。この作品でも復讐に命を懸ける男が出てくるが、復習しても先はないと考えている。つまり、すでに死んでいるのだ。体を動かすのは怨念のみ。復讐という目的のみで動いている。あと、話の中で親鸞の話が出てくるが、作者の宗教観に裏打ちされたものかどうかはわからない。だが、他力本願をうまく説明しているなあと感じた。
  • 川上弘美: 風花
    夫婦喧嘩は犬も食わない。裏を返せば、夫婦の間のことは夫婦にしかわからないということだろう。この本の中の夫婦、特に女性のほうは積極的に他人に相談している。友人のような第三者的な人間ではなく、親戚にだ。悩みを相談するなとは言わないが、親類縁者は最終手段に近い位置づけではないか。結局、この夫婦、どうしたいのか、どうもできないこともあるというお話なのか。どうも、よくわからんかった。
  • 田口ランディ: Cure
    ターミナルケアの最近の事情はよく知らない。認知症の介護も昔とは変わったような話も聞く。あと数年もすれば私もいやでもそれらの情報を集めることになるだろう。この本ではガンがフォーカスされていたが、がんに限らず難病と言われる類いの病に冒された人はどう人生を歩むのが幸せなのだろう。ひと括りで結論は出ないのは当たり前だが、幸せと感じられるシステムというのが日本では提供されているのだろうか。それは医療だけでなく、生活に関するあらゆる面でケアされているのだろうか。また、ケアに限らず生きることの大局というものが我々には見えているのだろうか。私は残念ながら見えていない。まったく、残念だが…
  • 吉田修一: 静かな爆弾
    吉田氏の作品は穏やかな感じがする。もちろん、すべてではないと思うが印象として静かである。この作品はそれほどではない。たぶん、耳が聞こえない人とのコミュニケーションを書くとなると意外とせわしくなるのかもしれない。作品の最後は思いと迷いが交錯する。そして、忘れていた静かな思いがはじける。