May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
My Photo

クロック


相互リンク


  • おるとグルメ 〜 Alternative Gourmet

リンク(バナーあり)

ココフラッシュ

無料ブログはココログ

« 四国旅行1日目その2の巻 | Main | 四国旅行2日目その2の巻 »

四国旅行2日目その1の巻

松山のホテルを出てお金をおろしに松山市駅に向かう。その途中、坊っちゃん列車に遭遇。なんか普通に道路(実際は電車が走る線路だが)を蒸気機関車が走るというのも驚き。
0807211

お金をおろし(ほっ)てからまずは手短に子規堂に行く。正岡子規の遺品などを展示してある。夏目漱石の坊ちゃんの原稿とかもあり、松山に来たという実感を得ることができる。
0807212

実際に当時走っていた客車も置いてある。ハ-1、3等客車だろうか。
0807213

次に道後温泉に向かう。昨日も書いたが松山の電車は地味だ。ほとんどどの客車も同じカラーになっている。たぶんこれが普通なのだろうが、長崎の広告バンバンのやつに見慣れているものだから逆に違和感を感じる。
0807214

温泉に着くと、ちょうどからくりが終わったばかり。マドンナだけを見ることができた。
0807215

道後温泉は夜とは違う表情を見せる。すでに温泉に入っている人もいる様子。
0807216

夜はあまり見えなかった瓦の細工も昼ならばよく見える。金がかかっている。ひげなんて折れたらどうするのって感じだ。維持するのも相当費用がかかりそうだ。
0807217

裏側も堂々たるもの。木造4階建て?の建物なんてほんとめったにないからな。しかも実用状態だし。メンテは相当大変なのではないか?
0807218

次に伊佐爾波神社へ行く。階段まで行って「あれ!」と思った。「がんばっていきまっしょい」じゃないかと初めて気づく。ちょうどどこかの少年野球チームが階段でトレーニングしていた。日頃からそういう場所なのかも。
0807219

かなりへたへたになりながらも一応ノンストップで神社まで石段を登り終えた。ちょうどお払いの最中で邪魔かなと思いながらも参拝。ただ、売り子の人もお払いに行っていたのか誰もいなかったのでお守りとか買えなかった。
08072110

また、道後温泉駅に戻ってくると、ちょうどからくりの最中。今度は坊ちゃんも見ることができた。
08072111

予定を繰り上げて1時間ほど早く広島に行くことにしたため、松山観光はこれからジェットコースター張りの展開になった。最終目的地の松山城へ。1DAYチケットを買っていたので電車でロープウェー乗り場へ。停留場からは少し離れているので急いで歩く。ロープウェー乗り場で往復チケットを買っていざ搭乗。日本一短いロープウェーらしい。
08072112

上の駅に着くとひたすら天守閣を目指す。が、この坂が結構きつい。やはり攻めにくくしたんだろうなあ。
08072113

途中松山の景色を眺める。これを見たかったんだ。全体を眺めるってなんとなくわかった気になる(実際は何も分かんないけど)もの。今日は天気もよくて眺めも上出来だった。
08072114

あまり時間もなかったので、天守閣には登らず眺めるだけにした。細かいところまで白く固めてあって力があったんだなあという感じは受ける。りっぱなお城を絵に描いたようだ。
08072116

あまりに暑いので、帰りに売店でいよかんソフトを買う。300円。個人的にはもっと酸っぱくても良かったな。
08072117

おみやげの一六タルトを買って電車に乗る。最後に昼飯を食ってから松山を立とうと思ったわけだ。電車もいよかんカラーなのか。
08072118

最後の食事に選んだのはこれ。ちらしそうめん。1000円ほどしたけど悪くない。驚くほどうまいとは思わなかったが、はずれではない。
08072119

飯を食ったら松山観光港にバスで移動。そこから呉に向かう。乗るのは40010川号、いやいや、しまんとがわ(四万十川)号。高速船はちょっと高いのでフェリーにした。そのため、松山ジェットコースターツアーになったわけだ。
08072120

船は静かに港を出発。今回の四国旅行(のメインイベント)は終わった。松山にはどうしても行ってみたかった。知り合いの出身地でもあったし、四国で一番どこに行きたいといわれるとやっぱ松山かなと思った。理由はよくわからない。
08072121


松山には古いものがたくさんある。これでも大きな空襲を受けたという。特に明治あたりの文化が色濃く残っているのは魅力のように思う。また、いつか10年後になるか、20年後になるかわからないが、行く機会ができればうれしいなと思う。

« 四国旅行1日目その2の巻 | Main | 四国旅行2日目その2の巻 »

白地図」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29396/41930545

Listed below are links to weblogs that reference 四国旅行2日目その1の巻:

« 四国旅行1日目その2の巻 | Main | 四国旅行2日目その2の巻 »

Recent Trackbacks

Categories

折り鶴

  • 100306o18
    ロトのはずれ券で鶴を折ってみました。紙質が固くて意外にかっちりした折り鶴ができますね。

最近借りた本

  • 酒井順子: 携帯の無い青春
    酒井順子と言えば負け犬のイメージなんだが、なんだかうらやましい青春を送っているな。年代的にはほぼ同じ。書いてあることはまあまあ合致する。携帯の無い時代はやはりいろいろめんどくさいことが多かった。電話の取り次ぎしかり酒の飲み方しかりだ。それに今と比べていろんなものにチープ感があった。お金はかかっているんだけどね。大雑把なんだろな。あんまり考えなくても就職はできたし、それなりの生活ができた。知り合いに失業者なんていなかったからね。バブルがはじけて以降、様変わりした感があるな。 酒井順子が国難と言われる今をどう書くかな。ひそかな楽しみにしているのでした。
  • 石田衣良: 東京DOLL
    2004年に書かれたもの。金持ち野郎と若い女の子の話。どちらも才能のある人。個人的にはリアル感はない。おもちゃにしてほしいと思っている女を知らんしね。でも、憧れるなあ。
  • 畠中恵: つくもがみ貸します
    作者の本は本屋ではよく見てたのですが読んだのは初めて。おもしろかったですね。付喪神は物についた神様。損料屋にある品物についた神様とその店の主人の関係がなかなかつかず離れずで愉快。神様なのでえらいんだけど、売られると噂話ができなくなるという弱みを持つ。でも、偉そうなんだよね。愉快愉快。
  • 伊坂幸太郎: オーデュポンの祈り
    約1年ぶりのアップですな。未来を予見できる案山子が殺される。この案山子は会話ができるのだ。ミステリーなのだが、ファンタジーが混ざっている。お話は終盤すごいスピードで展開するのだが、伏線がばっちり張ってあっておもしろかった。時間軸、場所の変化もあり、あっという間に読み終えました。ラストシーンの案山子の描写は素晴らしいの一言。
  • 北村想: 怪人二十面相・伝
    K-20の原作本。映画を見たので原作を読んでみようと思った。話は映画とは全く異なる。江戸川乱歩の二十面相のような昔の言葉を使っているのも雰囲気があってよい。最終章は読ませてくれる。
  • 伊坂幸太郎: チルドレン
    陣内さんがすばらしい。吹っ飛びキャラはいろいろな小説に出てくるが、この方はそれほどでもない。ただ、言動が自己中。まわりがいいように解釈してあたかも予言のようになっているのがご都合主義ぽく見えるが楽しい。短編集なのだが陣内さんは全部に出てくるのでおもしろい。チルドレンIIが特にいい。
  • 坂東眞砂子: 傀儡
    生と死の境目を書くのが作者の得意分野のように思う。この作品でも復讐に命を懸ける男が出てくるが、復習しても先はないと考えている。つまり、すでに死んでいるのだ。体を動かすのは怨念のみ。復讐という目的のみで動いている。あと、話の中で親鸞の話が出てくるが、作者の宗教観に裏打ちされたものかどうかはわからない。だが、他力本願をうまく説明しているなあと感じた。
  • 川上弘美: 風花
    夫婦喧嘩は犬も食わない。裏を返せば、夫婦の間のことは夫婦にしかわからないということだろう。この本の中の夫婦、特に女性のほうは積極的に他人に相談している。友人のような第三者的な人間ではなく、親戚にだ。悩みを相談するなとは言わないが、親類縁者は最終手段に近い位置づけではないか。結局、この夫婦、どうしたいのか、どうもできないこともあるというお話なのか。どうも、よくわからんかった。
  • 田口ランディ: Cure
    ターミナルケアの最近の事情はよく知らない。認知症の介護も昔とは変わったような話も聞く。あと数年もすれば私もいやでもそれらの情報を集めることになるだろう。この本ではガンがフォーカスされていたが、がんに限らず難病と言われる類いの病に冒された人はどう人生を歩むのが幸せなのだろう。ひと括りで結論は出ないのは当たり前だが、幸せと感じられるシステムというのが日本では提供されているのだろうか。それは医療だけでなく、生活に関するあらゆる面でケアされているのだろうか。また、ケアに限らず生きることの大局というものが我々には見えているのだろうか。私は残念ながら見えていない。まったく、残念だが…
  • 吉田修一: 静かな爆弾
    吉田氏の作品は穏やかな感じがする。もちろん、すべてではないと思うが印象として静かである。この作品はそれほどではない。たぶん、耳が聞こえない人とのコミュニケーションを書くとなると意外とせわしくなるのかもしれない。作品の最後は思いと迷いが交錯する。そして、忘れていた静かな思いがはじける。