September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
My Photo

クロック


相互リンク


  • おるとグルメ 〜 Alternative Gourmet

リンク(バナーあり)

ココフラッシュ

無料ブログはココログ

« October 2008 | Main | December 2008 »

November 2008

今日の収穫

この番組。宮崎さんは今一番好感を得ている評論家ではないだろうか。基本的なポジション(思想的なポジション。ノンポリも含め)はわからないのだが、彼の言葉には不思議な納得感がある。

今日の番組では司会役なので論客の意見をさばく立場だったのが、それも見事だったと思う。今日のテーマは金融危機だったのだが今後の経済モデル(これは言いすぎかな?)についてまで話が及んだのはよかった(結論が出るものではないのだが、少なくとも整然と話が進んだのはよかった)。

まだ、数年は世界経済は暗中模索という状況でしょう(グローバル経済モデル(グローバル土地バブル経済モデルか)に続く錬金術をアメリカが見出せるまで)。今日の番組での結論がうまく実現できるかどうかは別にして、期待感の持てる番組だったと思う。BSでやらずに地上波でもいいではないかな。

相川梨絵さんもよかったです。今日一番面白かった番組です。ああ、ジャパンカップとかは別物ですが…

ジャパンカップ

連勝でようやく気分的上がってきた。日頃の精神不安は解消できていないが、競馬のときくらいは楽な気持ちになりたいものだ。

◎マツリダゴッホ
○メイショウサムソン
▲ウオッカ
△ディープスカイ
×オウケンブルースリ
×ペイパルブル
×スクリーンヒーロー

◎は左回りの実績がないが、去年の有馬から馬の雰囲気が変わったように思う。余裕のあるローテーションもいいのではないか。○は海外帰りで割り引く。鞍上久々はどうか?▲、△は前走レコードの反動が怖いのでこれも割り引く。×のオウケンブルースリは怖いんだけど、神戸でディープスカイに負けてるからなあ。ここではどうか。

馬券は◎~△馬連ボックス6点。

ちょっと思ったこと

実は今日もお酒をがばがば飲みました。飲まないと寝れないからです。

まず、がばがばの定義。テレビを見ながら飲むのでマイペースでお酒がなくなります。これを「がばがば」とします。焼酎5合くらいかな2時間で空きました。

次に、寝れないの定義。うとうととしたら起きます。また、うとうととしたら起きます。でも、前回のうとうとから1時間経過していました。たぶん、寝ているんだろうけど、全く寝た感はありません。つらいです。

精神的にぼろぼろになっていますね。先週の篤姫で泣いちゃったからなあ。ドラマとして出来はいいと思うのです。ただ、泣いてしまう自分がちょっとどうかなと思います。結論として、何を思ったかというと、「へろへろですわ」ということです。それをブログで書いてそれなりに納得したかっただけです。つまらないですね。

今の気持ち

今日はうどんを食べました。

Cocolog_oekaki_2008_11_27_23_32

自分のうちのうどんが一番うまいのよ。そう思う日本人は多いと思う。
今日は寒かったから、暖かくてよかった。

精神も凍りつくような毎日だからありがたかった。感謝。今日の夕食に感謝。もちろん、作ってくれた方にも感謝。

本日も大酒だ

本日も大酒だ
という事で、つまみはチーズ。

これは味が濃くっていい。

座して死を待つ

この言葉をネットで調べてみたのだが、慣用句ではないのですね。出典もよくわからなかった。ネット上ではあまりポジティブな使われ方はしていないようだ。

万策尽きはてて、ただ呆けている状態だろうか。個人的にはむしろ潔く無駄にじたばたしないという感じもあったのだが、これは私見でしかない。正しい使い道を知っていないからだ。

以下は私見で書く。

いよいよ手詰まり。時間もあまりない。これは決定ではないのだが。早ければ年末にはおしまい。そうでなくても来年中にはおしまい(だろう)。
もう、じたばたしない。けど眠れない日々はしばらく続くんだなあ…


不安

4人に一人が失業の不安という朝日新聞の記事。主に非正規雇用の方が中心となってそういう感じを持っているらしい。

大企業では失業の感触を持ちわせている人はまだ少ないだろう。だが、中小企業、商店では失業は目の前の問題だ。年収600万で線引きされているが、600万近い収入がある人は中小とはいえ比較的大きな会社のところだろう。300万とかで働く正規社員は記事の数値より多くの不安を抱えているのではないだろうか。

ただ、これが何らかの努力で解決できるレベルであればその不安も小さなものになる。とはいえ、現実はにっちもさっちもいかない状態の可能性が高い。何かのアクションをとれば解決に向かうのであればその努力も惜しまないのであるが、どうしようもない状況ではお手上げなのだ。だまって時間がすぎるのを待つしかなのである。その辛さは病気になるのではないかという感じだろう。

そういう自分も大きな不安を抱えている。しかも、もはやお手上げ状態なのでただただ日々を過ごすしかないのだ。とてもつらい。酒におぼれ、不満をまき散らす。そんな毎日を過ごしていくのだ。いつ終わるともしれない不安を抱えながら生きていかなくてはいけない。生きてゆかなくてはいけないのだ。

マイルチャンピオンシップ

エリ女で今季GI初勝利、500万条件にようやくなれた。ここはひとつ連勝といきたいものだ。

◎スーパーホーネット
○スマイルジャック
▲ショウナンアルバ
△ローレルゲレイロ
×マイネルレーニア
×ブルーメンブラット
×サイレントプライド

◎は毎日王冠でウォッカを破ったことを評価します。「やっぱりウォッカを破っただけありますねえ。」という某競馬番組のMCおねえさんの言葉が聞こえてくるようです。○はこういう時に怖い岩田J騎乗ということで。菊の反動がなければという条件は付くと思いますが。▲はこれもそろそろ走ってもよいのかなと、ウォーエンブレム産駒って春は怖い存在だったのだが…△は前走骨折明けでGII2着なら上積みもあるでしょう。×は短距離強そうなところを選びました。カンパニーは天皇賞4着は認めざるを得ないのですが、逆に反動がないかと思い、思い切って切ります。

馬券は◎から馬連流し6点。

陽炎の辻2 感想

陽炎の辻2最終回を見た。今回のシリーズは磐音とおこんのラブストーリーでした。殺陣の演出は今回の方がよかったかな。山本耕史のかっこよさも相変わらずだ。

奈緒さんの出番があまりなかったのはおこんさんにスポットを当て続ける必要があったんだな、きっと。奈緒さんと別れておこんさんとの新しい旅立ちという大枠があったんだろう。今津屋さんの後添えの話もあるのだが、それはラブストーリーの口実のようなものかなと思いました。

そうなると問題となるのが奈緒さんとの落とし前だが…見受け先が見つかるといういわばハッピーエンド。しかも見受け先の旦那の顔が、ね。

奈緒との障子越しの話の中でようやく陽炎の辻の文言が出てきた。などリつけない逃げ水のような感じなのか。まぼろしか。
次シリーズも期待はしたいのだが、この感じではどうかな…(おっと、これ書いている途中で正月スペシャルの告知かよ)

笑った

笑った
ガヤ盆踊り。

あれ!いくんじゃない?

美しい思い出

この記事(URLは時限的です。)は琴線に触れた。

オグリキャップは1988~1990、中央競馬で走ったが、やはり強かったのは1989年5歳(当時表記)の秋だろう。オールカマーでの復帰戦、持ったままで楽勝。毎日王冠はその年のベストレースにも上がるほどの叩きあい。
天皇賞(秋)で僅差の2着に負けて、つぎのJCでスーパークリークに雪辱かと思いきや、マイルCSからJCへの連闘という常識はずれの路線を歩む。マイルCSは上記の記事のような大逆転劇。さらにつぎのJCでは2着ながら世界レコード走。スーパークリークには最後の直線で雪辱(まあ、次の有馬でまた負けちゃったけど)。

この2週間はけっして馬にとっても、管理者にとっても楽な道程ではなかったはずだ。だれの意思かはよくわからないが、結果としてそのような流れができてしまったのだろう。このGI2連戦は今考えても楽しくてせつなくてしびれる。JCは府中に見に行ったが、あのオレンジのターフの中での熱戦、スタンドの絶叫は今も懐かしく思い出せる。

数年前に笠松かどこかに参上なされた時には「大丈夫かな~」と思ったが、この前のお姿は安心できるものだった。JRAもVIP待遇だったようだし。北海道はなかなか行くことはできない(事実、もう20年行ってない)から実物を見ることはかなわないだろう。当時買った「オグちゃんぬいぐるみ」で我慢するか。

脂肪

脂肪
最近眠れないので、寝酒を大量摂取している。

おかげで激太り。これでも飲んでいくらか痩せる?

エリザベス女王杯

いやはや、これほど反対反対とくれば、もう考えない方がまし。

◎カワカミプリンセス
○トレラピッド
▲ムードインディゴ
△リトルアマポーラ
×マイネレーツェル
×エフティマイア
×レジネッタ

今回の◎は鉄板と信じます。今年の金鯱賞、僅差の3着。買った馬は宝塚記念を勝ったほど。しかも、この時は休養明けでしたから、やはり強かったということ。今回はひとたたきで調子もいくらかよいはず。
○以下はあまり考えていません。重巧者を中心に選択しました。

馬券は◎から馬連流し6点。

新しい抗生物質

新しい抗生物質
風邪が治らない。クラビット錠を追加した。

頭痛い。

今日の気になる言葉

あー、今日はハイテンションです。へべれけです。滅多に2回/1日の更新はしないのですが、こういう事情で…

まず、「がーりー」。出典はありません。「がーりー」ってなんとなく「がり」だなあと思ったまでです。

次に、「報復」。出典はこれ。怖いですね。報復ってやくざの抗争みたいです。経済界のお偉いさんの言葉にしては品がないかなと思いました。なんかどっちらけです。

さらに次、「定額給付金」。出典は多々あるので適当に。定額減税だったのがいつのまにかこういう呼び名に。定額減税やるくらいなら短期間でも消費税をなくした方がいいんじゃないのっていうのが持論なのでついつい厳しい目で見てしまうのだが。やるならやるでとっととやれよという感じである。
やるのかやらんのか、ちまちましてるのがよくない。大枠は政府で決めるから、あとは地方で適当にやってよ感の首相のコメントも、なんだが。そこまで、適当ならばさっさとバラまけよ。ちっちゃい。

なんだか、世のお偉いさんって、いつの世もこんなんだったのかなあ。昔のようにはなかなかいかないんでしょうな。それは何となくわからないではないのです。日本にも40代の指導者出てくれればよいのだが、いかんせん胡散臭いしなあ。同世代としては情けない限りなのです。自分も含めて…

猫とビタミン

1週間ほど前、うちの猫の目が左右にカタカタ動き出した。以前、うちの猫がめまいを起こして、MRIを撮ったのだがそのときは目が上下に動いていた。上下に動くときには脳に障害の可能性がありということでMRIを撮ったのだが、結果異常なし。で、今回左右に動きだしたので、再度動物病院に行ったのだ(左右に動くときには耳に問題があることが多いといわれていた)。

実は前回のときにビタミンB群の欠乏という可能性があるということでビタミン投与(薬局でビタミン剤を買って猫に飲ませるということ)をやったのだが、それが効果あり。症状も出なくなり問題ない生活を送っていた。

まあ、元気になったのでビタミン剤を与えていなかったのだが、また急にめまい発生。しかも、今度は左右に眼球が動くという、似て非なる状況だったので、再度、動物病院行き。

結論を言うと今回も原因は同じ。ビタミンB群の投与で元に戻った。ただし、神経に傷が入っている思われるので回復を促すためにビタミン剤は欠かしてはいけないとのことだった。

ビタミンB群の欠乏の原因はマグロなどをたくさん食べたときにおこるといわれた(マグロが含まれた餌をたくさん食べてはいけませんという意味ではありません。誤解はなさらないように)。また、病気をしたときにもビタミンB群を消耗するということだった。

少なくともうちの猫についてはビタミンBが足らない状況にあるというのは確かなので、ビタミン剤をあげる毎日になった。

まあ、元気になったはなったでうるさいんだがねcrying

最後のニュース

筑紫さんの追悼番組があった。正直どうコメントしていいのかわからない。泣けたし、見入った。生き様も垣間見えた。それは伝わった。

だけどなにより、最後の井上陽水の歌はすごかった。淡々とでもなく、力みもなく、あの番組の最後にあういう歌い方ができる姿勢に驚いた。

とはいえ、筑紫さんの声は昨今のニュースキャスターっぽくなくてよかったんだけどね。昔の古谷綱正さんとか入江徳郎さんとかと同じで朴訥としててね。

癌は怖いね。確かに負けちゃいかんね。恐怖に打ち勝つのは大変だ。これは癌に限った話ではないのだが。

チキン

眠れない。お酒bottleなしでは寝られない。

弱虫だからな。そうやって逃げることしかできない。

はむかっても勝ち目はない。お酒beerに負けるわけではない。できるだけ寝たいからお酒barに頼っているだけ。

困ったな。本当に困ったな。どうすればよいのか見当もつかない。今日もお酒wineを飲んで寝るだけだな。

駄目だ

駄目だ
全く眠れない。

しんどい。心臓がもつのかな。

やみつきになる

やみつきになる
風邪ひいて一週間程風呂に入っていなかった。シャワーのみという状況だった。
今日は久々湯舟に浸かった。

で、新調の綿棒を使用した。なるほど、やみつきになりそうですな。この溝がいい。いいよ、いいよ。

鼻水が止まりません。

かんでもかんでも鼻水が出てきます。

なんでもかんでも鼻水が出てきます。

Cocolog_oekaki_2008_11_07_21_27

ごばっだだああ

納豆&目玉やき

納豆&目玉やき
多分、旨いと思うんたよねえ。

ミルクコーヒー

ミルクコーヒー
ジョージアのミルクコーヒー。

コーヒー牛乳?

喉が痛いので、まいった

喉が痛いので、まいった
せっかくの休日だというのに、喉が痛くて一日中寝てた。
天気もあまり良くなかったので、あきらめもついたのだが、つまらん一日だった。
でも今日は本をたくさん読んだな。それで良しとしよう。

いか漬け

いか漬け
子いか、こっちではびっしいかとも呼ぶ。

塩漬なのだ。旨い。

天皇賞(秋)

一番人気を買わないと来るし、買うと来ないし…基本方針で間違っている。

◎ディープスカイ
○ウォッカ
▲ダイワスカーレット
△アサクサキングス
×ドリームジャーニー
×キングストレイル
×タスカータソルテ

◎は菊をやめてあえて東京コースを選択したところを買う。東京2000の内枠をこなせれば有力と思う。○、▲は人気で。△は大阪杯の走りからこの馬休み明けはいけるのではと思い。×は前走重賞上位馬を選択。

馬券は◎から馬連流し6点。

« October 2008 | Main | December 2008 »

Recent Trackbacks

Categories

折り鶴

  • 100306o18
    ロトのはずれ券で鶴を折ってみました。紙質が固くて意外にかっちりした折り鶴ができますね。

最近借りた本

  • 酒井順子: 携帯の無い青春
    酒井順子と言えば負け犬のイメージなんだが、なんだかうらやましい青春を送っているな。年代的にはほぼ同じ。書いてあることはまあまあ合致する。携帯の無い時代はやはりいろいろめんどくさいことが多かった。電話の取り次ぎしかり酒の飲み方しかりだ。それに今と比べていろんなものにチープ感があった。お金はかかっているんだけどね。大雑把なんだろな。あんまり考えなくても就職はできたし、それなりの生活ができた。知り合いに失業者なんていなかったからね。バブルがはじけて以降、様変わりした感があるな。 酒井順子が国難と言われる今をどう書くかな。ひそかな楽しみにしているのでした。
  • 石田衣良: 東京DOLL
    2004年に書かれたもの。金持ち野郎と若い女の子の話。どちらも才能のある人。個人的にはリアル感はない。おもちゃにしてほしいと思っている女を知らんしね。でも、憧れるなあ。
  • 畠中恵: つくもがみ貸します
    作者の本は本屋ではよく見てたのですが読んだのは初めて。おもしろかったですね。付喪神は物についた神様。損料屋にある品物についた神様とその店の主人の関係がなかなかつかず離れずで愉快。神様なのでえらいんだけど、売られると噂話ができなくなるという弱みを持つ。でも、偉そうなんだよね。愉快愉快。
  • 伊坂幸太郎: オーデュポンの祈り
    約1年ぶりのアップですな。未来を予見できる案山子が殺される。この案山子は会話ができるのだ。ミステリーなのだが、ファンタジーが混ざっている。お話は終盤すごいスピードで展開するのだが、伏線がばっちり張ってあっておもしろかった。時間軸、場所の変化もあり、あっという間に読み終えました。ラストシーンの案山子の描写は素晴らしいの一言。
  • 北村想: 怪人二十面相・伝
    K-20の原作本。映画を見たので原作を読んでみようと思った。話は映画とは全く異なる。江戸川乱歩の二十面相のような昔の言葉を使っているのも雰囲気があってよい。最終章は読ませてくれる。
  • 伊坂幸太郎: チルドレン
    陣内さんがすばらしい。吹っ飛びキャラはいろいろな小説に出てくるが、この方はそれほどでもない。ただ、言動が自己中。まわりがいいように解釈してあたかも予言のようになっているのがご都合主義ぽく見えるが楽しい。短編集なのだが陣内さんは全部に出てくるのでおもしろい。チルドレンIIが特にいい。
  • 坂東眞砂子: 傀儡
    生と死の境目を書くのが作者の得意分野のように思う。この作品でも復讐に命を懸ける男が出てくるが、復習しても先はないと考えている。つまり、すでに死んでいるのだ。体を動かすのは怨念のみ。復讐という目的のみで動いている。あと、話の中で親鸞の話が出てくるが、作者の宗教観に裏打ちされたものかどうかはわからない。だが、他力本願をうまく説明しているなあと感じた。
  • 川上弘美: 風花
    夫婦喧嘩は犬も食わない。裏を返せば、夫婦の間のことは夫婦にしかわからないということだろう。この本の中の夫婦、特に女性のほうは積極的に他人に相談している。友人のような第三者的な人間ではなく、親戚にだ。悩みを相談するなとは言わないが、親類縁者は最終手段に近い位置づけではないか。結局、この夫婦、どうしたいのか、どうもできないこともあるというお話なのか。どうも、よくわからんかった。
  • 田口ランディ: Cure
    ターミナルケアの最近の事情はよく知らない。認知症の介護も昔とは変わったような話も聞く。あと数年もすれば私もいやでもそれらの情報を集めることになるだろう。この本ではガンがフォーカスされていたが、がんに限らず難病と言われる類いの病に冒された人はどう人生を歩むのが幸せなのだろう。ひと括りで結論は出ないのは当たり前だが、幸せと感じられるシステムというのが日本では提供されているのだろうか。それは医療だけでなく、生活に関するあらゆる面でケアされているのだろうか。また、ケアに限らず生きることの大局というものが我々には見えているのだろうか。私は残念ながら見えていない。まったく、残念だが…
  • 吉田修一: 静かな爆弾
    吉田氏の作品は穏やかな感じがする。もちろん、すべてではないと思うが印象として静かである。この作品はそれほどではない。たぶん、耳が聞こえない人とのコミュニケーションを書くとなると意外とせわしくなるのかもしれない。作品の最後は思いと迷いが交錯する。そして、忘れていた静かな思いがはじける。