May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
My Photo

クロック


相互リンク


  • おるとグルメ 〜 Alternative Gourmet

リンク(バナーあり)

ココフラッシュ

無料ブログはココログ

« November 2008 | Main | January 2009 »

December 2008

今年のまとめと来年の展望

まず、今年は人生最悪の年だった。仕事、プライベートともに最悪。特に仕事については来年破綻する可能性が高い。つまり、来年はさらに悪い年になるだろう。

個人的にはいくつかの抱負を持っていたのだが、結局何一つ成就できなんだ。原因は仕事だ。全くといって良いほどうまくいかなかった。これでは抱負もくそもない。年頭から景気は下り坂だった。顕著になったのは9月くらいだが、今年の景気は最初から芳しくなかった。だから、無理な仕事を請けることになる。そうすると、無理がたたって失敗する。この悪循環が今年は続いた。

来年はこの傾向がもっと厳しくなる。それより、仕事自体がなくなる。すでに体も神経もぼろぼろなので対処ができない。来年は全く展望がもてないというのが正直なところだ。TVでは派遣切りが相変わらず放送されているが、来年は他人事ではない。たぶん、同じ事になるのがすぐ目の前に来ている。

明るい何かを見つけたいが、もう奇蹟に頼るしかないという感じだ。

(゜レ゜)難しい

(゜レ゜)難しい
ほんと、どうすれば眠れるんだ?

6時間くらい熟睡したい。
ブログの更新内容が毎日これでは。

どうすればいいの?

今日は寒いね

今日は寒いね
心臓の動きをよくする薬。
寒いのはこたえる。

頭痛いなあ、大丈夫かな

頭痛いなあ、大丈夫かな
血圧の薬を飲んだ。

まだ頭痛いし、不安な部分がある。これでは今夜も眠れないだろう。

まともに正月は迎えられそうにないな。

174-124

174-124
いやあびっくり!

調子悪いので病院に行った。心電図と血圧を測ったら、上が174、下が124。

そりゃ具合が悪いのは当たり前だ。薬もらって、正月は安静だよ。

まいったよ。

反省

反省
頭がまだ痛い。

べつにそのせいではないがコンビニに軽くクレームを付けてしまった。

ちょっと待たされただけなんだけど、今日は我慢できない感じだった。

反省します。ごめんなさい。明日は病院に行こう。

抜けていたなあ

抜けていたなあ
篤姫総集編、家定が1番だよ。

有馬記念

今年も最後のGIになった。個人的には過去最悪の年だった。競馬も良くなかった。最後くらいは有終の美で飾りたい。

◎スクリーンヒーロー
○マツリダゴッホ
▲ダイワスカーレット
△メイショウサムソン
×カワカミプリンセス
×エアジパング
×アサクサキングス

◎は最弱世代といわれた現4歳の新星を挙げる。JCは展開に恵まれた感じはあるが、相手なりに勝負できそうなのは強みではないか。○は連覇をかける馬。中山は強いし、ローテーション的にも何とかなるのではないか。▲は現役最強とは思うが、個人的には距離が長いと思っている。この馬は2000くらいが良いと思う。△はラストランをまずは無事に。カワカミプリンセスにはがんばってほしいんだけど、今の出来でこの相手はどうか。

馬券は◎~△までの馬連ボックス6点。

嫌な感じの頭痛

嫌な感じの頭痛
夕べ飲み会会場まで歩いていたら、急にめまいと頭痛。飲み会出たけど、途中で帰宅。

軽くご飯を食べて寝た。

めまいはとれたが頭はまだ痛い。

なんか、気分の悪い痛みだ。

イケてない芸人

イケてない芸人
最高!

まいったよ

まいったよ
心臓がバクバクします。

落ちそうになるとバクバクします。

だから、眠れない。

心臓がもつか?

きつい

きつい
眠れない。眠いんだけど。
あくびも出るんだけど、眠れない。

これを書いている時も落ちそうなんだけど、眠れない
まいった。

どうすればいいの

どうすればいいの
眠れない。
素直になれたら、聞いています。
なんだかいいです、おやじにも響きます。
でも、眠れない。

さすが

さすが
いしいひさいち、素晴らしい。

このニュアンス。現在の首相をうまく現してると思う。

今日も眠れない。

今日も眠れない。
夜中の2時半に目が覚めて今5時過ぎ、寝たのは3時間。

寝ようとするのだが、ダメ。

たまらん。熟睡したい。

心の栄養失調

毎日新聞の社説には疑問を感じた。人々の心の栄養を満たすのが大事と、言っていることはまっとうだと見える。ただ、私は大新聞の社説はマスコミの代表意見と思っている。そこには問題提起だけではなく、問題解決への大きなバイアスを持ってほしいと思う。

家族の力だけでは心もとないので、地域のつながりを強くするべきだということを述べられている。では、具体的に何をしたら良いのか。個別事案を列挙することはできなくても、何らかのアイデア提起を、それができないのであれば、行政や地域団体のどこが足りていなくて、その部分をどう補えば心の栄養を補充できるのかをという意見を述べてほしかった。

これから先は言い過ぎかもしれないが。通り魔事件は本当に心の栄養失調で片付けられるのだろうか。記事でも結論までは書かれていないが、文脈から言えば通り魔事件の原因は心の栄養失調といっているようだ。そもそも、「心の栄養失調」の定義は何なのだろうか。常識や道徳だろうか。それとも、愛ややさしさだろうか。もしくは、その全てか。

確かに孤独によって暴走への力が強められた感触は報道からも見て取れる。専門家の方もそういう意見だろうと思う。ただ、逆境や孤独が長く続けば耐えられるものも耐えられなくなるものだ。問題解決の方法が見当たらなくなったときに、論理の飛躍が発生する。それが暴走となって現れる、思い込みとして。通り魔はそれが外に向かっただけで、内に向かえば自殺になる。

今、本当に大変な時期で、途方にくれています。おそらく、たくさんの給与をとられているだろう、大新聞の皆様。ぜひ、問題解決のための記事を数多くお届けいただきますよう、お願いいたします。

無常

無常
いつまでも同じ状態でいられる訳がない。

とはいえ、怖い。怖くて眠れない。

助けて。どうすればいいの?

もう拝むしか手はないのか。

朝日杯フューチュリティステークス

精神ふらふら。心臓ばくばく。競馬にも気合が入らんよ。

◎ミッキーパンプキン
○ブレイクランアウト
▲ホッコータキオン
△シェーンヴァルト
×セイウンワンダー
×ツルマルジャパン
×フィフスペトル

◎は鞍上魅力で決めた。今回は混戦ということでペリエの腕でなんとか連を外さないようにしていただきたい。あとは、重賞勝ちなど有力どころを並べました。

馬券は◎から馬連流し6点。

今年のJRAの記念品

今年のJRAの記念品
これです。

有馬記念の優勝レイ型しおり。

多分、使わないなあ。

やっぱり旨い

やっぱり旨い
旨いなあ。

これにさらにこねぎを追加。

旨いなあ。

旨いなあ。

アンデッド

アンデッド
死なないってのはいいね。
死ねないってのはいかがなものか。

アンデッドも悩むよな。多分。

なんだか、数学の論理式ようだ。

ダメ

ダメ
今日はきっちり眠れると思ったんだけど。

ドライブに行ったし、ドリエル飲んだし。

3時間でダメかあ。きついなあ。

ドライブ

気分転換にドライブに出かけた。これが最後になるかもしれないな。

有明海を見る。干潟はいいものだ。
0812141

次に山に入る。嬉野温泉へ。温泉には時間もお金も足りないので入らずじまい。今日は寒かったので本当は入りたかった。
0812142

山を越え、再び海へ。ここは大村湾。西日がもう少し低ければ夕焼けがきれいだったはず。
0812143

好天に恵まれた。幸せなことだ。

阪神ジュベナイルフィリーズ

先週に引き続き、不眠症の上、精神的にくたくたなので馬券はどうかな?

◎ミクロコスモス
○ジェルミナル
▲イナズマアマリリス
△ルシュクル
×デグラーティア
×ブエナビスタ
×メイショウボナール

◎はスローとはいえ前走ラスト3Fを33秒台で走った馬。うまく先行できればチャンスかと。あとは適当。ブエナビスタがすごそうだが、2歳牝馬で後方一気は何かしら不安なので×まで。

馬券は◎から馬連流し6点。

家の年寄り

家の年寄り
まあ、元気で。

レッドクリフ partI

気分転換に映画を見ました。久々の映画、ただそれほど見たいものはなかったのですが、立ち寄った本屋で三国志をモチーフにした映画があるという広告を見ました。それが、レッドクリフです。

赤壁の戦いを描いた映画。怖かったです。今の精神状態では楽しめるというものではなかった。槍が飛んでくるからなあ。心臓に悪い。

とはいえ、諸葛孔明の金城武や周瑜のトニーレオンはかっこよかった。曹操もいいと思ったな。

気分転換というよりはちょっとつらい感じもあったが、映画は良かったと思う。来年の4月にpartIIがあるようだ。見に行ける状態ならば行くかな。

不謹慎ですが。

不謹慎ですが。
このカップ麺は旨い。

3hours tour

3hours tour
3時間だけはきっちり仕事をしてくれます。

でもね、辛いです。

はまる

はまる
今日も大酒だ!

不謹慎ですみません。フィギュアスケートをつまみに飲んでいます。

仮面舞踏会のワルツ。レンタルショップでも見当たらないだなあ。

竜田揚げ棒

竜田揚げ棒
旨い。今日は寝たい!

寝たいんだけど

寝たいんだけど
今日も眠れないのです。

昨日は3時間しか寝ていません。

睡眠改善薬も飲んでいるんですが。

眠いんだけど、眠れない。

家をなくすということ

昨日体調が悪くて書けなかった、篤姫ねたで。大奥を明け渡すことになったのだが、徳川の家系は守られることになった。これもかなり特別な例と思う。

明日から住む家がない。とてもつらいだろう。大奥はしかもすべて女。当時、女一人で生きていくのは大変だったはずだ。

今は独身で過ごしている人は男女にかかわらず多い。持ち家の人もいるし、賃貸で住んでいる人もいる。江戸城明け渡しは大きな事情なので、見方によっては厚い加護が期待できる。逆に個人的なことで住処を追われるというのはつらい。

家をなくすというのは、悲しいものだな。

ジャパンカップダート

精神的にくたくたなので、馬券をとれる気もしないが・・・

◎ヴァーミリアン
○サクセスブロッケン
▲カジノドライヴ
△フリオーソ
×ティンカップチャリス
×カネヒキリ
×ワイルドワンダー

◎は実績上位。鉄板としたい。○はJBCで◎と接戦を演じたので。▲以下は良くわかりません。

馬券は◎から馬連流し6点。

無策の策

今日も篤姫ねたです。江戸城総攻めを行う官軍に対して、勝は攻め込まれた際には江戸に火をつけることを予め情報筋に流す。

いろいろな交渉は今も行われている。しかし、自らを滅ぼすことで得るものがないから攻めるのは止めてねというのはちょっと違う感じがした。今は自分を攻めたら甚大な報復があるという論理でしか交渉は成り立たないと思う。よほどの自信家以外は。

とはいえ、無血クーデターというは世界的にほとんどないものと思っている。まして、君主の国外逃亡すらなかったのだから。

今回の大河ドラマは無血開城が最大のイベントだろう。個人的にもこれをどう描くのかが当初からとても興味があった。というかこれを楽しみ1年間このドラマを見てきた。史実との違いはいくらかあるのだろうが、とても良い出来だと思った。これから明治政府に追われる西郷を描くかどうかはわからないが、興味がある。これからあと2話くらいでしょうか。楽しみにしようと思う。

美しい所作

美しい所作
今日から三日間は篤姫ネタです。

さすが大河、一流の役者の動きは綺麗だ。

なんだか

なんだか
まあ、これはこれでいいか、本当?

来週の楽しみができた

来週の楽しみができた
今やお酒を飲むことだけが楽しみ。

マイボトルです。

うちの猫のめまい再発

昨夜、またうちの猫のめまい再発。もう14歳なので何があっても不思議ではないのだが、かわいそうでね。

今回の眼球が左右に揺れる現象。眼振の左右のカテゴリですね。内耳の神経がいくらかやられているのは確かでしょう。右の耳を触ると耳を伏せるので何かあるのかな後は思いつつも。
今日、病院には行ってきたらしい。注射を売って経過を見るようです。

以下、素人がネットで検索して勝手に診た感じとして。症状としては「前庭障害」というのがぴったり。かかり付けのお医者さんは何も言っていないので決め付けることはしないが、外観がぴったりなのです。前庭障害というのは内耳の障害のようです。お医者さんは鼓膜までは見ますがさすがにそこから先には行きません。大変ですもの。でも、MRIも受けたのに内耳の障害わからないというのはいかがなものかなと思います。

内耳がどういう状態なのか、わかりません。ただ、首も傾いていますし、三半規管がおかしいのかなとかんぐるくらいは素人でもできるわけです。
犬猫の耳鼻咽喉科があればいいのにな。

« November 2008 | Main | January 2009 »

Recent Trackbacks

Categories

折り鶴

  • 100306o18
    ロトのはずれ券で鶴を折ってみました。紙質が固くて意外にかっちりした折り鶴ができますね。

最近借りた本

  • 酒井順子: 携帯の無い青春
    酒井順子と言えば負け犬のイメージなんだが、なんだかうらやましい青春を送っているな。年代的にはほぼ同じ。書いてあることはまあまあ合致する。携帯の無い時代はやはりいろいろめんどくさいことが多かった。電話の取り次ぎしかり酒の飲み方しかりだ。それに今と比べていろんなものにチープ感があった。お金はかかっているんだけどね。大雑把なんだろな。あんまり考えなくても就職はできたし、それなりの生活ができた。知り合いに失業者なんていなかったからね。バブルがはじけて以降、様変わりした感があるな。 酒井順子が国難と言われる今をどう書くかな。ひそかな楽しみにしているのでした。
  • 石田衣良: 東京DOLL
    2004年に書かれたもの。金持ち野郎と若い女の子の話。どちらも才能のある人。個人的にはリアル感はない。おもちゃにしてほしいと思っている女を知らんしね。でも、憧れるなあ。
  • 畠中恵: つくもがみ貸します
    作者の本は本屋ではよく見てたのですが読んだのは初めて。おもしろかったですね。付喪神は物についた神様。損料屋にある品物についた神様とその店の主人の関係がなかなかつかず離れずで愉快。神様なのでえらいんだけど、売られると噂話ができなくなるという弱みを持つ。でも、偉そうなんだよね。愉快愉快。
  • 伊坂幸太郎: オーデュポンの祈り
    約1年ぶりのアップですな。未来を予見できる案山子が殺される。この案山子は会話ができるのだ。ミステリーなのだが、ファンタジーが混ざっている。お話は終盤すごいスピードで展開するのだが、伏線がばっちり張ってあっておもしろかった。時間軸、場所の変化もあり、あっという間に読み終えました。ラストシーンの案山子の描写は素晴らしいの一言。
  • 北村想: 怪人二十面相・伝
    K-20の原作本。映画を見たので原作を読んでみようと思った。話は映画とは全く異なる。江戸川乱歩の二十面相のような昔の言葉を使っているのも雰囲気があってよい。最終章は読ませてくれる。
  • 伊坂幸太郎: チルドレン
    陣内さんがすばらしい。吹っ飛びキャラはいろいろな小説に出てくるが、この方はそれほどでもない。ただ、言動が自己中。まわりがいいように解釈してあたかも予言のようになっているのがご都合主義ぽく見えるが楽しい。短編集なのだが陣内さんは全部に出てくるのでおもしろい。チルドレンIIが特にいい。
  • 坂東眞砂子: 傀儡
    生と死の境目を書くのが作者の得意分野のように思う。この作品でも復讐に命を懸ける男が出てくるが、復習しても先はないと考えている。つまり、すでに死んでいるのだ。体を動かすのは怨念のみ。復讐という目的のみで動いている。あと、話の中で親鸞の話が出てくるが、作者の宗教観に裏打ちされたものかどうかはわからない。だが、他力本願をうまく説明しているなあと感じた。
  • 川上弘美: 風花
    夫婦喧嘩は犬も食わない。裏を返せば、夫婦の間のことは夫婦にしかわからないということだろう。この本の中の夫婦、特に女性のほうは積極的に他人に相談している。友人のような第三者的な人間ではなく、親戚にだ。悩みを相談するなとは言わないが、親類縁者は最終手段に近い位置づけではないか。結局、この夫婦、どうしたいのか、どうもできないこともあるというお話なのか。どうも、よくわからんかった。
  • 田口ランディ: Cure
    ターミナルケアの最近の事情はよく知らない。認知症の介護も昔とは変わったような話も聞く。あと数年もすれば私もいやでもそれらの情報を集めることになるだろう。この本ではガンがフォーカスされていたが、がんに限らず難病と言われる類いの病に冒された人はどう人生を歩むのが幸せなのだろう。ひと括りで結論は出ないのは当たり前だが、幸せと感じられるシステムというのが日本では提供されているのだろうか。それは医療だけでなく、生活に関するあらゆる面でケアされているのだろうか。また、ケアに限らず生きることの大局というものが我々には見えているのだろうか。私は残念ながら見えていない。まったく、残念だが…
  • 吉田修一: 静かな爆弾
    吉田氏の作品は穏やかな感じがする。もちろん、すべてではないと思うが印象として静かである。この作品はそれほどではない。たぶん、耳が聞こえない人とのコミュニケーションを書くとなると意外とせわしくなるのかもしれない。作品の最後は思いと迷いが交錯する。そして、忘れていた静かな思いがはじける。