November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
My Photo

クロック


相互リンク


  • おるとグルメ 〜 Alternative Gourmet

リンク(バナーあり)

ココフラッシュ

無料ブログはココログ

« September 2009 | Main | November 2009 »

October 2009

海きらら

今日はあまりに天気が良いので家にいてはいけないと思った。だから、思い切って佐世保まで行くことにした。お目当ては新しい水族館「海きらら」。
0910311

観光バスもたくさんいてそこそこ盛況のようだ。チケットを買って順路をめぐるとえらくでかい魚に出会う。
0910312

あらとかくえですかね。名判を見なかったので正確なところはわかりません。カメも同じ水槽にいた。3匹いた。カメが意外と速いことが分かった。デジカメをフラッシュなしにしていたのでいくらか時間がかかるのだが、それでもここまでぶれるとなるとうまくないなぁ。
0910313

そのさきにはイルカのショーをやっている水槽を下から見ることができる。
0910314

そのあとは大きい水槽に群れをなす魚が入れてあった。これはアジ。すごくきれい。
0910315

さらにトンネルがあるので、まるで空を泳ぐ魚をみることができる。
0910316

上の2つは1時間ぐらいいてもたぶん退屈はしないだろうな。イルカのショーが終わった後、リフレッシュのためかしばらくイルカが水槽で自由に遊んでいる。このときはボールで遊んでいた。ショーは仕事だからそれなりにストレスはあるはずだ。何も考えずに遊ぶというのは必要だろう。もっとも、狭い水槽だから退屈かもしれないが。ショーよりもこっちのほうがヒーリング感はあったな。
0910317

再び館内に戻る。ハゼ。たまらんな、ハゼドン(これはハゼドンではないですが…)。
0910318

次はクラゲ。クラゲは暗いところなのでなかなかうまく写真が撮れない。まともなのはこれくらいだ。
0910319

次はカブトガニ。なにやら数字が書いてある。なにかな?
09103110

最後、かえるうお。個人的にはかなり引き込まれた。
09103111

海きらら、予想以上の良いできでした。またいつか、カメラをもっと良くして行ってみたい。

ケンタ

ケンタ
なんだか久しぶりに食った。

次はクリスマスかなぁ。クーポンも登録したし。

プレミアムシュークリーム

プレミアムシュークリーム
ローソンのやつだな。

プレミアムだからって特別扱いすることないわな。実際、スプーンで食べるなんて書いてあったけど、店員はスプーン付けてないし。
味はなかなかいい。甘くないのが良い。175円だから当たり前か。

電送人間

電送人間
うーん、警察のダメっぷりがむしろ問題ではなかろうか。

電送には送り先にも物質電送用のでっかい機械が必要で、犯人はそれを前以て送るというのがすごい。

ラストはまあこんなもんかあ。

若き日の鶴田浩二がかわいい感じさえしたなぁ。あとキャバレーの金粉ダンサーがなんかよかった。

ふか

ふか
さめです。刺身です。酢味噌で食べます。

リフティング

リフティング
ずいぶん前にリフティング用ボールを買ったんだけど、練習してない。

メタボが進む…

コメントを承認制にしました

スパムがひどいので承認制にしました。外国語はよくわからないので、基本的に承認しません。よろしくお願いいたします。

今、表示されているものも今後整理します。

菊花賞

天気がよさそうなのが何より。ダービーみたいだとちょっとね。

◎スリーロールス
○リーチザクラウン
▲イコピコ
△アンライバルド
×フォゲッタブル
×アントニオバローズ
×ナカヤマフェスタ

◎は穴を狙ってみました。堅実に33秒台の足を使ってくるタイプのようです。長距離戦なんで屋根が若干不安なんだが、思い切って。○は単独で逃げられるのでやはり怖い。▲以下はトライアル上位とダービー上位を持ってきました。

馬券は◎~△の馬単ボックス12点。

レース名  投資額  払い戻し額   差額  
秋華賞 1,200 0 -1,200
スプリンターズステークス 1,200 5,630 4,430
宝塚記念 1,200 0 -1,200
安田記念 1,200 580 -620
日本ダービー 1,200 0 -1,200
オークス 1,200 0 -1,200
ヴィクトリアマイル 1,200 10,620 9,420
NHKマイルカップ 1,200 0 -1,200
天皇賞(春) 1,200 0 -1,200
皐月賞 1,200 0 -1,200
桜花賞 1,200 1,280 80
高松宮記念 1,200 0 -1,200
フェブラリーステークス 1,200 9,420 8,220
TOTAL 15,600 27,530 11,930

デカ盛

この前から目をつけていた喰道楽北方店のデカ盛に挑戦してきた。せっかく武雄に行くのでまずは温泉に行ってきた。今日は朝から歯医者だったので、武雄温泉についたのは午後1時。温泉客も結構いたのか駐車場が結構込んでいた。人が多そうだったのでちょっと高い鷺の湯に行った。お風呂はそんなに混んでいなくてよかった。
0910241

温泉から上がって、喰道楽に向かった。車で15分くらいだった。道もすいてて良かった。店に入るとそれほど混んでいなく、デカ盛注文。さほどかからず出てきた。
0910242

なるほど、でかいっすわ。ちゃんぽん2杯分とのこと。水面から出ているのは全て具。麺は水面下に隠れている。
そもそも、ラーメン屋さんなのでとんこつスープではあった(ふつう、ちゃんぽんは鶏がらスープ)。くどいかと思ったが、野菜が多いせいでさほど臭みはない。味は問題なし。リンガーハットのダブルでなれているとはいえ、2杯分はつらい。でも、なんとか喰った。時間的には15分で完食(だたし、スープは飲まず)。
お店の人は「テレビを見てこられたんですか?」と言われた。「はい」と言ったが実はTVなんてみてない。で知ったのだから。そうか、テレビにも出るほどのお店だったのか…

夕方に用事があったので早速帰宅へ。途中、喰いすぎのせいかあまりに眠いので途中のPAで休憩。

空がきれい。
0910243

海がきれい。夕日がきれい。
0910244

しばらく大盛り系のたべものはよしておこう。満足したから。

ゆず茶

ゆず茶
耶馬渓で作ってるらしい。香が良い。

虫歯ができてしまった

虫歯ができてしまった
明日は歯医者で虫歯の治療。

歯石の治療はその間やれないからせめてと思い、歯間ブラシを買った。

やわらかタイプなので痛くない、ただし、すぐにくたびれる。

とりあえずしばらく我慢だ。

ヴィヨンの妻

最近はまった会社帰りの映画。今日はヴィヨンの妻です。
0910231

松たか子の品が良いから画面がいい感じになった。きつい感じになっていないのが良い。まじめにやったらどう考えても修羅場の連続、刃傷沙汰の連続といっていいドラマだ。太宰作品がそれでは感じが違う。松さんのまったり感は個人的に好き。ラストシーンは逆にまったり感が災いしてて物足りない感があったかなぁ。

浅野忠信の酔っ払いシーンは素晴らしいの一言。こんなおじさん昔よくいた。こんな洒落た着物は来ていなかったけど、何言ってっか全くわからんのだが、あんまり怖くない酔っ払い。いたなあ。最近、あんまり見かけないのはここまでべろべろに飲む人間が減ったのかもしれない。

広末涼子が最近すごいな。昭和モダンというかああいう髪形がよく似合う。室井滋と伊武雅刀の夫婦も品があってよかった。室井さんが色気あった。びっくり。

満足いく映画でした。

鹿児島いいな

鹿児島いいな
今年最大のヒットは鹿児島旅行だった。今後はつばめで行きたい。

なんとか今年中にもう一度。

握力

握力
最近太り過ぎなので、握力くらいはと思い、チューブと一緒に買いました。

片方50回くらいで止めてます。あまり数こなしたところで痩せはしないでしょうから。

すげー

すげー
旅行本に載っていたのだが、武雄にあるらしい。

次のターゲットだ。

日曜劇場

日曜劇場
今回の日曜劇場は面白い。泣ける。MISIAの歌もいいです。

ちゃんぽん

ちゃんぽん
上野屋のちゃんぽん。昔ながらの味だ。

秋華賞

牝馬三冠がかかったレース。ブエナの脚質も含めて趣きあるレースになりました。

◎ブエナビスタ
○レッドディザイア
▲ジェルミナル
△ブロードストリート
×ミクロコスモス
×ワンカラット
×モルガナイト

春の勢力図が書き換わっていないように感じる。◎はブエナ。札幌記念はあのメンバーで2着ならば問題ない。京都内回り2000mは札幌記念よりは楽ではないか。残りは春の上位馬を選択。桜、樫と同じ着順決着ありと踏みます。

馬券は◎から流し馬単往復12点。

レース名  投資額  払い戻し額   差額  
スプリンターズステークス 1,200 5,630 4,430
宝塚記念 1,200 0 -1,200
安田記念 1,200 580 -620
日本ダービー 1,200 0 -1,200
オークス 1,200 0 -1,200
ヴィクトリアマイル 1,200 10,620 9,420
NHKマイルカップ 1,200 0 -1,200
天皇賞(春) 1,200 0 -1,200
皐月賞 1,200 0 -1,200
桜花賞 1,200 1,280 80
高松宮記念 1,200 0 -1,200
フェブラリーステークス 1,200 9,420 8,220
TOTAL 14,400 27,530 13,130

友近

坊主、議員、漫才師。

最近の友近はこの辺りのニアリーイコールを醸し出すねぇ。

駅弁

駅弁
JR九州の駅弁ランキングをやっているらしい。

数だけ見ても、熊本の充実ぶりには目をみはるものがある。

かれい川は有名だが競争がある所は今後良くなるだろうな。

FINE ZERO

FINE ZERO
ノンアルコールビールをいろいろ試している。

サントリーのやつ、なかなかいいかも。

もやし

もやし
便秘気味なんで、もやしを大量取得。

博多で遊びたい

博多で遊びたい
駅でフリーペーパーを見つけた。来月あたり、久しぶりに博多に行きたい。寒くなったらラーメン旨そう。

住吉神社や櫛田神社にも行きたい。他にもいろいろあるなぁ。

チューブ

チューブ
筋トレ用に購入。パソコンやりながらでもいける手軽さが良いです。

旨い豆腐

旨い豆腐
最近良く食べます。豆乳の青臭さがいいです。

温泉

嬉野温泉まで車を飛ばして行ってきた。たぶん、今年の1月くらいに行った以来か…この前のように温泉チケットを観光協会で購入した。で、今回いった旅館は大正屋さん。
0910111

四季の湯というお風呂に入った。お風呂自体はまあ普通。嬉野独特のぬるぬる湯。お湯もぬるめで長く入れた。ただ、従業員さんが親切。外湯でしかもチケット。あまりありがたくない客かもしれないのに、お風呂まで案内してくれた。貴重品も預かってくれるし安心してお湯につかれた。バスタオルも貸してもらえるとは思わなかったので、贅沢な感じがした。温泉満喫。

お湯から出て、大正屋さんの近くをちょっと散策。ホテルのそばでお湯が出ていた。湯豆腐かと思ったが、違うようだ。(結局、何か分からず)
0910112

豊玉姫神社も近くにあったのでお参りに行った。
0910113

境内にはナマズの神様?使い?がいる。ちゃんとお参り。皮膚病とか、しわとかのご利益があるそうなので、アンチエイジングの期待も込めて。
0910114

今日は天気が良かった。温泉も良かった。充実。
0910115

野菜たっぷりちゃんぽん

野菜たっぷりちゃんぽん
リンガーハットの新メニュー。国産の野菜をたくさん食べてもらおうというコンセプトは納得できる。ボリュームも多くて文句はない。

が、ドレッシングはいらない。あれをかけると少なくとも長崎ちゃんぽんではなくなる気がする。単価にいくらのってくるか知らないが、10円でも安くなるならば安くして欲しいものだ。

奴
アメトーークの鬼奴さんを見ながら、冷や奴を食う。この豆腐旨い。

酢の物

酢の物
これで焼酎を飲みます。

鍋
もしかしてシーズン初かな?

南極料理人

今日は台風がどうなるかわからんかったから昨日映画に行きました。平日のレイトショーだったので、貸切で見ることができました。この前映画を見たときにCMが流れていてなかなか面白そうなので見に行きました。

0910071

南極の昭和基地から1000キロ離れた富士ドーム基地が舞台となるこの映画。南極の基地なので何らかの研究で行っているはずなのだが、ほとんどといっていいほどそのあたりが出てこない。氷を地下の深いところから切り出してきて鉛筆で線を引くところくらいだ。もうちょっと働くシーンがあってもよいのではとも思った。こんな仕事なら1年くらい行ってみてー、と思った。国の仕事だから今より給与もいいだろうしなあ…

ネタばれはあまり書きたくないのだが、隊長が「おれのからだはラーメンでできているんだ」というシーンがあったのだが、これはわかる。ラーメンじゃないけど、酒でできている体を持つ身としては切れたときはたまらんと思う。めちゃくちゃうまそうなものは出てこないのだが、南極でこんな物食えるの?ほんと?と思った。

南極へのロケはできなかったとパンフレットに書いてあった。CGを駆使したらしい。でも、雪原はとてもよくできていた。キャストもおもしろかった。特に大学院生はなかなか雰囲気あったわ。こんな奴いそう。

そんなところで…

映画

映画
久しぶりに映画見た。レイトショーは静かに見られていい。

年末に向けて

年末に向けて
去年のCDをレンタルしてきた。スタンダードもあるらしいので、じっくり聴きますか。

快晴

雲がほとんどよい天気。あまりに天気が良くて、これはもったいないということで有明海までドライブに行った。雲仙がきれいでした。
0910041

干潟もよい風情です。
0910042


スプリンターズステークス

秋緒戦。簡単ではなさそうですね。雨の影響はあまり心配しなくてよさそうなので、正攻法で行きます。

◎グランプリエンゼル
○アルティマトゥーレ
▲ローレルゲレイロ
△ビービーガルダン
×シーニックブラスト
×プレミアムボックス
×アーバニティ

◎はマイルCで3着し、軽量とはいえ3歳牝馬で重賞を取ったのならば実力はあると思います。この路線の主力になってほしい1頭。後は先行する有力馬を選びました。

馬券は◎~△の馬単ボックス12点。

レース名  投資額  払い戻し額   差額  
宝塚記念 1,200 0 -1,200
安田記念 1,200 580 -620
日本ダービー 1,200 0 -1,200
オークス 1,200 0 -1,200
ヴィクトリアマイル 1,200 10,620 9,420
NHKマイルカップ 1,200 0 -1,200
天皇賞(春) 1,200 0 -1,200
皐月賞 1,200 0 -1,200
桜花賞 1,200 1,280 80
高松宮記念 1,200 0 -1,200
フェブラリーステークス 1,200 9,420 8,220
TOTAL 13,200 21,900 8,700

五大王

五大王
旨い。味が強い。宮崎もいいのがあるんですね。

インスタント大砲ラーメン

インスタント大砲ラーメン
うーん、天神のお店でしか実際食べた事はないけど、こんなに豚骨の臭みはなかったと思います。

煮しめ

煮しめ
旨いわ。これから寒くなるとどんどん良くなるね。

天酔楽

天酔楽
てんの文字がでませんでした。味がこいです。

10月だというのに

10月だというのに
夜の11時過ぎに30度近いとは。昼は蝉が鳴いてたしなあ。温暖化でしょうか…

« September 2009 | Main | November 2009 »

Recent Trackbacks

Categories

折り鶴

  • 100306o18
    ロトのはずれ券で鶴を折ってみました。紙質が固くて意外にかっちりした折り鶴ができますね。

最近借りた本

  • 酒井順子: 携帯の無い青春
    酒井順子と言えば負け犬のイメージなんだが、なんだかうらやましい青春を送っているな。年代的にはほぼ同じ。書いてあることはまあまあ合致する。携帯の無い時代はやはりいろいろめんどくさいことが多かった。電話の取り次ぎしかり酒の飲み方しかりだ。それに今と比べていろんなものにチープ感があった。お金はかかっているんだけどね。大雑把なんだろな。あんまり考えなくても就職はできたし、それなりの生活ができた。知り合いに失業者なんていなかったからね。バブルがはじけて以降、様変わりした感があるな。 酒井順子が国難と言われる今をどう書くかな。ひそかな楽しみにしているのでした。
  • 石田衣良: 東京DOLL
    2004年に書かれたもの。金持ち野郎と若い女の子の話。どちらも才能のある人。個人的にはリアル感はない。おもちゃにしてほしいと思っている女を知らんしね。でも、憧れるなあ。
  • 畠中恵: つくもがみ貸します
    作者の本は本屋ではよく見てたのですが読んだのは初めて。おもしろかったですね。付喪神は物についた神様。損料屋にある品物についた神様とその店の主人の関係がなかなかつかず離れずで愉快。神様なのでえらいんだけど、売られると噂話ができなくなるという弱みを持つ。でも、偉そうなんだよね。愉快愉快。
  • 伊坂幸太郎: オーデュポンの祈り
    約1年ぶりのアップですな。未来を予見できる案山子が殺される。この案山子は会話ができるのだ。ミステリーなのだが、ファンタジーが混ざっている。お話は終盤すごいスピードで展開するのだが、伏線がばっちり張ってあっておもしろかった。時間軸、場所の変化もあり、あっという間に読み終えました。ラストシーンの案山子の描写は素晴らしいの一言。
  • 北村想: 怪人二十面相・伝
    K-20の原作本。映画を見たので原作を読んでみようと思った。話は映画とは全く異なる。江戸川乱歩の二十面相のような昔の言葉を使っているのも雰囲気があってよい。最終章は読ませてくれる。
  • 伊坂幸太郎: チルドレン
    陣内さんがすばらしい。吹っ飛びキャラはいろいろな小説に出てくるが、この方はそれほどでもない。ただ、言動が自己中。まわりがいいように解釈してあたかも予言のようになっているのがご都合主義ぽく見えるが楽しい。短編集なのだが陣内さんは全部に出てくるのでおもしろい。チルドレンIIが特にいい。
  • 坂東眞砂子: 傀儡
    生と死の境目を書くのが作者の得意分野のように思う。この作品でも復讐に命を懸ける男が出てくるが、復習しても先はないと考えている。つまり、すでに死んでいるのだ。体を動かすのは怨念のみ。復讐という目的のみで動いている。あと、話の中で親鸞の話が出てくるが、作者の宗教観に裏打ちされたものかどうかはわからない。だが、他力本願をうまく説明しているなあと感じた。
  • 川上弘美: 風花
    夫婦喧嘩は犬も食わない。裏を返せば、夫婦の間のことは夫婦にしかわからないということだろう。この本の中の夫婦、特に女性のほうは積極的に他人に相談している。友人のような第三者的な人間ではなく、親戚にだ。悩みを相談するなとは言わないが、親類縁者は最終手段に近い位置づけではないか。結局、この夫婦、どうしたいのか、どうもできないこともあるというお話なのか。どうも、よくわからんかった。
  • 田口ランディ: Cure
    ターミナルケアの最近の事情はよく知らない。認知症の介護も昔とは変わったような話も聞く。あと数年もすれば私もいやでもそれらの情報を集めることになるだろう。この本ではガンがフォーカスされていたが、がんに限らず難病と言われる類いの病に冒された人はどう人生を歩むのが幸せなのだろう。ひと括りで結論は出ないのは当たり前だが、幸せと感じられるシステムというのが日本では提供されているのだろうか。それは医療だけでなく、生活に関するあらゆる面でケアされているのだろうか。また、ケアに限らず生きることの大局というものが我々には見えているのだろうか。私は残念ながら見えていない。まったく、残念だが…
  • 吉田修一: 静かな爆弾
    吉田氏の作品は穏やかな感じがする。もちろん、すべてではないと思うが印象として静かである。この作品はそれほどではない。たぶん、耳が聞こえない人とのコミュニケーションを書くとなると意外とせわしくなるのかもしれない。作品の最後は思いと迷いが交錯する。そして、忘れていた静かな思いがはじける。