April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
My Photo

クロック


相互リンク


  • おるとグルメ 〜 Alternative Gourmet

リンク(バナーあり)

ココフラッシュ

無料ブログはココログ

« September 2010 | Main | November 2010 »

October 2010

天皇賞(秋)

連敗ストップこれからは連勝街道と行きたいところだが、台風の影響が見え隠れする…

◎ブエナビスタ
○アーネストリー
▲シンゲン
△ネヴァプション
×ジャガーメイル
×コスモファントム
×キャプテントゥーレ

◎は死角も見当たるのではあるが、軸としてははずせない。○は札幌記念で決めました。天皇賞馬は宝塚8着が引っかかって評価を下げました。ペルーサは3歳馬では上位だと思うがいかんせんゲートが問題なので切りました。そのかわりにコスモファントムを道悪対策で入れました。

馬券は◎から馬連流し6点+◎~△馬連ボックス6点。

レース名  投資額  払い戻し額   差額  
菊花賞 1,200 2,170 970
秋華賞 1,200 0 -1,200
スプリンターズステークス 1,200 0 -1,200
宝塚記念 1,200 0 -1,200
安田記念 1,200 0 -1,200
日本ダービー 1,200 0 -1,200
オークス 1,200 0 -1,200
ヴィクトリアマイル 1,200 0 -1,200
NHKマイルカップ 1,200 0 -1,200
天皇賞(春) 1,200 0 -1,200
皐月賞 1,200 0 -1,200
桜花賞 1,200 0 -1,200
高松宮記念 1,200 0 -1,200
フェブラリーステークス 1,200 1,780 580
TOTAL 18,000 3,950 -14,050

太白楼

太白楼
広坦麺650円。

勝手にラーメンウィークにした今週ラスト。

ちょっとだけ辛いラーメン。今日は飲んだ後だからこんなのが良いのです。

大勝軒

大勝軒
もりそば小580円。

つけ麺苦手の私ですが、これは美味しい。先ず、麺が旨い。スープも後味まで楽しめます。

当たりです。

あづまラーメン

あづまラーメン
みそもやしラーメン650円。

旨いねえ。安心感がある。

ひかり亭

ひかり亭
豚骨ラーメン500円。

麺が細い。普通だなぁ。特に強調するものがない。

あごだしか地鳥の方を今度トライしてみよ。

金龍軒

金龍軒
みそラーメン550円。

思った以上に普通かなぁ。ただし、すりおろした生姜がなかなか良いです。野菜も多いしね。

野菜たっぷりちゃんぽん

野菜たっぷりちゃんぽん
クーポン使って550円。

あー、またリンガーに来てしまった…

腹いっぱいになるからなあ。

菊花賞

12連敗。この連敗街道はいつまで続くんだ。orz

◎ローズキングダム
○トウカイメロディ
▲レーヴドリアン
△クォークスター
×ヒルノダムール
×ビッグウィーク
×アロマカフェ

展開はスロー予想ということなので、上がりのしっかりした馬を重視しました。ヒルノダムールを直前に○→×にしたんだけど迷いました。

馬券は◎から馬連流し6点+◎~△馬連ボックス6点。

レース名  投資額  払い戻し額   差額  
秋華賞 1,200 0 -1,200
スプリンターズステークス 1,200 0 -1,200
宝塚記念 1,200 0 -1,200
安田記念 1,200 0 -1,200
日本ダービー 1,200 0 -1,200
オークス 1,200 0 -1,200
ヴィクトリアマイル 1,200 0 -1,200
NHKマイルカップ 1,200 0 -1,200
天皇賞(春) 1,200 0 -1,200
皐月賞 1,200 0 -1,200
桜花賞 1,200 0 -1,200
高松宮記念 1,200 0 -1,200
フェブラリーステークス 1,200 1,780 580
TOTAL 15,600 1,780 -13,820

実録 坂本龍馬展

長崎歴史文化博物館に実録 坂本龍馬展を見に行ってきました。
1010231

天気が良くなりそうだったんですが、ちょっと雲が多い日になりました。昨日から中岡慎太郎の湿版写真が展示されているということで楽しみにしていきました。写真は取れないので一応雰囲気のあるところをとってみました。佐賀の藩校の写真らしいです。
1010232

あと、龍馬と弥太郎。
1010233

展示品はとても良くまとまっていました。山内容堂の酒杯とかお龍の帯どめのような生活用品からたくさんの手紙や絵など中身が濃かったと思います。刀や鉄砲とかもありましたね。以蔵が持っていた鉄砲とかも。

写真も中岡慎太郎や龍馬(複製?)のものがありました。思ったより小さいんですね。ほんと、良く集まっていました。別途、大河の龍馬伝の展示(別料金)とかもあって、なかなか良かったです。

長崎歴史文化博物館って結構大きいんです。最初に建てたとき、美術館もあるのに何を展示するのよと思っていたのですが、ここまでのものを集めることができるのならばそれなりに意味はあるのかなと思いました。
1010234

県立図書館がすぐ近くにあるので帰りに寄りました。上野彦馬の像があります。他にもこの辺りにはモニュメントがあるんですが、あまり良く知らないんです。
1010235

興味のある方がさるいてみたらどうでしょうかね。

かきちゃんぽん

かきちゃんぽん
780円。今年も始まりましたな。

かき、旨いよなあ。かきといかはちゃんぽんの具の中では好きだなぁ。

あと、練り物。

クモと雲

クモと雲
今日は洗濯日和らしい。

洗濯でもして、のんびりしよかね。

いろは

いろは
ラーメン500円。

軽バン屋台のラーメン屋。特別旨いという訳ではないが及第点。

ニンニクたっぷり入れて…

九州の駅弁

九州の駅弁
今、JR九州でキャンペーンやってるようで。

去年もやってたけど、駅弁って高いんだよねぇ。ちょっとした御馳走だもんなあ。

でも2個くらい買ってみようかと思ってるんです。
何がいいかなぁ。

Moonlight

Moonlight
So maybe, he is king of night.

さらに

さらに
外海町の夕日。少し早いか。

定番コース。

そんでもって

そんでもって
崎戸まで来てしまったのです。

海と風の音がするのです。

長崎楼

長崎楼
大盛ラーメン650円。

旨い。でも不思議なスープ。少し濃い目。ねぎと一緒に飲んだほうが美味しく感じた。

隣に大村線が走っている。カーブの感じが良い。ポイントかも。

良い天気

良い天気
どこか出かけようかと思ってるですが…

秋華賞

とほほ、11連敗。悲しいです。

◎アプリコットフィズ
○エーシンリターンズ
▲アグネスワルツ
△ショウリュウムーン
×アニメイトバイオ
×アパパネ
×ワイルドラズベリー

◎はクイーンS勝ちを評価。後の京都大賞典3着馬を退けたのですから。ここを取ってもよいのではないかと思います。小島師の自信のないコメントがさらに高評価。○~△は先行馬にしました。開催2週目の内回り2000mなら前残りもあるかと。×はその他人気どころで。サンテミリオンは休養明けなので外しました。

馬券は◎から馬連流し6点+◎~△馬連ボックス6点。

レース名  投資額  払い戻し額   差額  
スプリンターズステークス 1,200 0 -1,200
宝塚記念 1,200 0 -1,200
安田記念 1,200 0 -1,200
日本ダービー 1,200 0 -1,200
オークス 1,200 0 -1,200
ヴィクトリアマイル 1,200 0 -1,200
NHKマイルカップ 1,200 0 -1,200
天皇賞(春) 1,200 0 -1,200
皐月賞 1,200 0 -1,200
桜花賞 1,200 0 -1,200
高松宮記念 1,200 0 -1,200
フェブラリーステークス 1,200 1,780 580
TOTAL 14,400 1,780 -12,620

はまよし

はまよし
ラーメン550円。

旨い。さすが噂になるだけあるわ。

豚骨スープが臭みもなく、良い味でした。

ランチタイムはおにぎり付き。◎。

あご家

あご家
あごだしラーメン650円。
おいしい。あごだしいいです。さっぱりしていいです。

パンチがないと言えばそれまでだけど、旨さのほうが勝ってます。

2001

2001
フルハイビジョンで見たらいいな。

部屋の質感がいい。

ラーメン食べたい

ラーメン食べたい
博多でラーメンが食べたか〜。写真はずいぶん前に買ったラーメンWalker福岡2010。

大阪でお金使い過ぎて、今は遠出できない。

長浜を始め行きたいお店がけっこうあるんだがなあ。。

しばらくは長崎のラーメン食うかぁ。

晴天

晴天
10月10日の実力発揮ですかな。

洗濯も出来たし良い日だわ。

上司運がないなあ

どうしてか上司運が悪い。これは学校卒業してから一貫している。

自分自身が能力がないから、よい上役に気に入られないという側面はあるにしろひどすぎる。

特に今の上司は最悪に近い。知識、胆力もないし、人間的に最低だとも思う。

なにかよい方策はないものだろうか。状況が一変するような。


よこはま

よこはま
ラーメン530円。

あっさりしお味。かなり酒飲んだけど、大丈夫でした。

なんだか

なんだか
久しぶりに長崎で飲み会があるなぁ。

やったー

やったー
ついに20%切りました。

目視確認はもしかして初めてかもね。昔は体脂肪を計るなんてしなかったからね。

田舎に帰ったねぇ

田舎に帰ったねぇ
のんびりできる。この風景はいいよ。

スプリンターズステークス

秋緒戦。春が散々だっただけに今日が今後を占う分水嶺。何とか勝ちたい。

◎ローレルゲレイロ
○グリーンバーディー
▲ヘッドライナー
△ウルトラファンタジー
×ダッシャーゴーゴー
×ビービーガルダン
×ワンカラット

◎は去年覇者としました。今回が実質休み明け2戦目。去年と同じパターン。調教も良かったらしいので。○は前走の内容がとてもよかったと思います。▲、△は前残り警戒要員。×は有力どころを入れてみました。キンシャサはやはりこの前の取り消しが心配なので消しました。

馬券は◎から馬連流し6点+◎~△馬連ボックス6点。

今年前半戦まとめ

いやあ、ひどいものだ。わずかに1勝。10,000以上のマイナス。
仕事のトラブルが響いたなぁ。

レース名  投資額  払い戻し額   差額  
宝塚記念 1,200 0 -1,200
安田記念 1,200 0 -1,200
日本ダービー 1,200 0 -1,200
オークス 1,200 0 -1,200
ヴィクトリアマイル 1,200 0 -1,200
NHKマイルカップ 1,200 0 -1,200
天皇賞(春) 1,200 0 -1,200
皐月賞 1,200 0 -1,200
桜花賞 1,200 0 -1,200
高松宮記念 1,200 0 -1,200
フェブラリーステークス 1,200 1,780 580
TOTAL 13,200 1,780 -11,420

なんとか、後半戦で取り戻すぞ。horse

« September 2010 | Main | November 2010 »

Recent Trackbacks

Categories

折り鶴

  • 100306o18
    ロトのはずれ券で鶴を折ってみました。紙質が固くて意外にかっちりした折り鶴ができますね。

最近借りた本

  • 酒井順子: 携帯の無い青春
    酒井順子と言えば負け犬のイメージなんだが、なんだかうらやましい青春を送っているな。年代的にはほぼ同じ。書いてあることはまあまあ合致する。携帯の無い時代はやはりいろいろめんどくさいことが多かった。電話の取り次ぎしかり酒の飲み方しかりだ。それに今と比べていろんなものにチープ感があった。お金はかかっているんだけどね。大雑把なんだろな。あんまり考えなくても就職はできたし、それなりの生活ができた。知り合いに失業者なんていなかったからね。バブルがはじけて以降、様変わりした感があるな。 酒井順子が国難と言われる今をどう書くかな。ひそかな楽しみにしているのでした。
  • 石田衣良: 東京DOLL
    2004年に書かれたもの。金持ち野郎と若い女の子の話。どちらも才能のある人。個人的にはリアル感はない。おもちゃにしてほしいと思っている女を知らんしね。でも、憧れるなあ。
  • 畠中恵: つくもがみ貸します
    作者の本は本屋ではよく見てたのですが読んだのは初めて。おもしろかったですね。付喪神は物についた神様。損料屋にある品物についた神様とその店の主人の関係がなかなかつかず離れずで愉快。神様なのでえらいんだけど、売られると噂話ができなくなるという弱みを持つ。でも、偉そうなんだよね。愉快愉快。
  • 伊坂幸太郎: オーデュポンの祈り
    約1年ぶりのアップですな。未来を予見できる案山子が殺される。この案山子は会話ができるのだ。ミステリーなのだが、ファンタジーが混ざっている。お話は終盤すごいスピードで展開するのだが、伏線がばっちり張ってあっておもしろかった。時間軸、場所の変化もあり、あっという間に読み終えました。ラストシーンの案山子の描写は素晴らしいの一言。
  • 北村想: 怪人二十面相・伝
    K-20の原作本。映画を見たので原作を読んでみようと思った。話は映画とは全く異なる。江戸川乱歩の二十面相のような昔の言葉を使っているのも雰囲気があってよい。最終章は読ませてくれる。
  • 伊坂幸太郎: チルドレン
    陣内さんがすばらしい。吹っ飛びキャラはいろいろな小説に出てくるが、この方はそれほどでもない。ただ、言動が自己中。まわりがいいように解釈してあたかも予言のようになっているのがご都合主義ぽく見えるが楽しい。短編集なのだが陣内さんは全部に出てくるのでおもしろい。チルドレンIIが特にいい。
  • 坂東眞砂子: 傀儡
    生と死の境目を書くのが作者の得意分野のように思う。この作品でも復讐に命を懸ける男が出てくるが、復習しても先はないと考えている。つまり、すでに死んでいるのだ。体を動かすのは怨念のみ。復讐という目的のみで動いている。あと、話の中で親鸞の話が出てくるが、作者の宗教観に裏打ちされたものかどうかはわからない。だが、他力本願をうまく説明しているなあと感じた。
  • 川上弘美: 風花
    夫婦喧嘩は犬も食わない。裏を返せば、夫婦の間のことは夫婦にしかわからないということだろう。この本の中の夫婦、特に女性のほうは積極的に他人に相談している。友人のような第三者的な人間ではなく、親戚にだ。悩みを相談するなとは言わないが、親類縁者は最終手段に近い位置づけではないか。結局、この夫婦、どうしたいのか、どうもできないこともあるというお話なのか。どうも、よくわからんかった。
  • 田口ランディ: Cure
    ターミナルケアの最近の事情はよく知らない。認知症の介護も昔とは変わったような話も聞く。あと数年もすれば私もいやでもそれらの情報を集めることになるだろう。この本ではガンがフォーカスされていたが、がんに限らず難病と言われる類いの病に冒された人はどう人生を歩むのが幸せなのだろう。ひと括りで結論は出ないのは当たり前だが、幸せと感じられるシステムというのが日本では提供されているのだろうか。それは医療だけでなく、生活に関するあらゆる面でケアされているのだろうか。また、ケアに限らず生きることの大局というものが我々には見えているのだろうか。私は残念ながら見えていない。まったく、残念だが…
  • 吉田修一: 静かな爆弾
    吉田氏の作品は穏やかな感じがする。もちろん、すべてではないと思うが印象として静かである。この作品はそれほどではない。たぶん、耳が聞こえない人とのコミュニケーションを書くとなると意外とせわしくなるのかもしれない。作品の最後は思いと迷いが交錯する。そして、忘れていた静かな思いがはじける。