September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
My Photo

クロック


相互リンク


  • おるとグルメ 〜 Alternative Gourmet

リンク(バナーあり)

ココフラッシュ

無料ブログはココログ

« October 2010 | Main | December 2010 »

November 2010

ジャパンカップ

外国の馬はもう一つ有名どころはいないようですが、日本の馬はすばらしい面子。ドリジャニ、アパパネ、ビッグウィークあたりがいないくらいですかな?

◎ローズキングダム
○エイシンフラッシュ
▲ブエナビスタ
△ナカヤマフェスタ
×ペルーサ
×ヴィクトワールピサ
×オウケンブルースリ

◎は無冠ですがこの秋の安心感で買います。○は前走の後、ちょっと調子を落としたとはいえ調教がよかったようなので。▲は今回マークがきつそう。内枠ならばもっと評価を上げたのですが、終始外をまわされそうなので少し評価を下げました。△も遠征帰りで割引です。ペルーサは3着はあるかもという程度ではないかと。ヴィクトワールピサ、オウケンブルースリもどうかなって感じで。

馬券は◎から馬連流し6点+◎~△馬連ボックス6点。

レース名  投資額  払い戻し額   差額  
マイルチャンピオンシップ 1,200 0 -1,200
エリザベス女王杯 1,200 2,860 1,660
天皇賞(秋) 1,200 0 -1,200
菊花賞 1,200 2,170 970
秋華賞 1,200 0 -1,200
スプリンターズステークス 1,200 0 -1,200
宝塚記念 1,200 0 -1,200
安田記念 1,200 0 -1,200
日本ダービー 1,200 0 -1,200
オークス 1,200 0 -1,200
ヴィクトリアマイル 1,200 0 -1,200
NHKマイルカップ 1,200 0 -1,200
天皇賞(春) 1,200 0 -1,200
皐月賞 1,200 0 -1,200
桜花賞 1,200 0 -1,200
高松宮記念 1,200 0 -1,200
フェブラリーステークス 1,200 1,780 580
TOTAL 20,400 6,810 -13,590


クリスマスデコレーション

クリスマスデコレーション
近所の教会がクリスマス仕様になりました。

あんまり写真がうまくない。実物はもっといいよ。

散歩

勤労感謝の日の今日、特になにをする気もおこらず。だもんで散歩に行く。市内のお寺の紅葉がなかなかなのでとぼとぼ歩いて行った。

少し肌寒い感じもしたが、良い天気。散歩日和。何より、金がかからない(でも、ラーメン食べたからだめか)。で、紅葉はというとこういう感じでした。

1011231

1011232

1011233

1011234

1011235

1011236

1011237

1011238

1011239

10112310

10112311

もみじもいちょうも色が鮮やかですね。もみじが少し過ぎていたようだったので、もう少し早ければもっと楽しめたかなぁ。

去年は京都のお寺に行って、ものすごい人の中でものすごい紅葉を見たという感じだったが、写真に切り抜けばそれなりに美しいものですね。

金龍軒

金龍軒
みそバターラーメン650円。

カットバターが乗ってくるとは予想外でした。

ウーン。普通。

パラノーマルアクティビティ第2章

うーん。悪くはないんだけどねえ。
1011221

手ぶれがひどくて見てて気持ち悪くなった。この手の映像は自宅のテレビで見るのが一番かも。映画はつらいな。

1作目を見てないのでもしかしたらその続きのエピソードなのかもしれない。青山倫子さんがなかなかよい。シナリオは決して悪くないし、見せ方も良いとは思うのだが、どうしても手ぶれはいただけない。

クリスマスツリー

クリスマスツリー
クリスマス商戦始まったねぇ。


でも、ボーナス期待できず。ため息しかでない。

お腹が…

お腹が…
風邪かなぁ。昨日からお腹が痛い。とくに冷たい水を飲むと痛い。

なんか体から変な臭いがする。風邪ひいた時に出るやつ。

先週から頭痛かったし、どこか悪いのか?

ぬーぼー

ぬーぼー
ボージョレーヌーボーキュヴェノンフィルター。


まだ飲んでないから、味はわからん。後で肉を買いに行く。

楽しみ。

マイルチャンピオンシップ

抜けた存在が見当たらない。本当ならショウワモダンあたりが人気してもよいのに。

◎ゴールスキー
○ダノンヨーヨー
▲テイエムオーロラ
△キンシャサノキセキ
×サプレザ
×スマイルジャック
×ワイルドラズベリー

◎は新鋭となれるか?正直穴狙いとしました。後は近走好成績と上がりのある馬にしました。トゥザグローリーはちょっとインパクト弱いかと。ショウワモダンもなんで天皇賞使ったわからん。ジョーカプ君は京都で逃げは無理でしょうと。サクラ嬢は前走ははまった感があるので。いずれもやめました。

馬券は◎から馬連流し6点+◎~△馬連ボックス6点。

レース名  投資額  払い戻し額   差額  
エリザベス女王杯 1,200 2,860 1,660
天皇賞(秋) 1,200 0 -1,200
菊花賞 1,200 2,170 970
秋華賞 1,200 0 -1,200
スプリンターズステークス 1,200 0 -1,200
宝塚記念 1,200 0 -1,200
安田記念 1,200 0 -1,200
日本ダービー 1,200 0 -1,200
オークス 1,200 0 -1,200
ヴィクトリアマイル 1,200 0 -1,200
NHKマイルカップ 1,200 0 -1,200
天皇賞(春) 1,200 0 -1,200
皐月賞 1,200 0 -1,200
桜花賞 1,200 0 -1,200
高松宮記念 1,200 0 -1,200
フェブラリーステークス 1,200 1,780 580
TOTAL 19,200 6,810 -12,390

困り者

困り者
うちのプリンスは枕がないと嫌らしい。

でもね、こっちはたまらんのですよ。

私、寝相が悪いので潰しそうで、緊張しながら寝るという状態です。

ハァー。

寒いねぇ

寒いねぇ
朝6時30分。どんどん暗くなっていく。

冬が近いね。

あづまラーメン

あづまラーメン
また行ってしまった。

みそバターもやし750円。いつも思うがみそが旨い。もやしとの相性もいいなあ。

ん!バターは?ウーン。

肝臓ケア

肝臓ケア
最近は平日の飲酒は原則止めたのだが、休みの日は飲んでいる。

そこで肝臓ケアのためにウコンを服用している。

以前は粉末を飲んでいたが、苦くて大変だった。錠剤はその点飲み易い。

どう?

エリザベス女王杯

外国の馬が来ると迷いますね。特に今年のようなメジャーな馬の取捨は困ります。

◎メイショウベルーガ
○スノーフェアリー
▲リトルアマポーラ
△アパパネ
×サンテミリオン
×アニメイトバイオ
×ヒカルアマランサス

◎は京都大賞典の勝ち馬です。牡馬に勝って来た力を信頼します。対抗はやはり古馬との勝負をしてきたメジャー馬としました。▲は復調気配ということで。△は中間調子がよくなかったようで…


馬券は◎から馬連流し6点+◎~△馬連ボックス6点。

レース名  投資額  払い戻し額   差額  
天皇賞(秋) 1,200 0 -1,200
菊花賞 1,200 2,170 970
秋華賞 1,200 0 -1,200
スプリンターズステークス 1,200 0 -1,200
宝塚記念 1,200 0 -1,200
安田記念 1,200 0 -1,200
日本ダービー 1,200 0 -1,200
オークス 1,200 0 -1,200
ヴィクトリアマイル 1,200 0 -1,200
NHKマイルカップ 1,200 0 -1,200
天皇賞(春) 1,200 0 -1,200
皐月賞 1,200 0 -1,200
桜花賞 1,200 0 -1,200
高松宮記念 1,200 0 -1,200
フェブラリーステークス 1,200 1,780 580
TOTAL 18,000 3,950 -14,050


がんがら堂久しぶりです

がんがら堂久しぶりです
和歌山スペシャル780円。

まあまあかなぁ。肉はなかなか良いね。

スープがもう一つ。

もう一枚

もう一枚
あー、休みたい。

大阪出張

大阪出張
またまたつらい状態が始まる。

今日が良い天気なのが救いだな。

写真は車窓から有明海を望む。

かわいいやつ

かわいいやつ
パオーンって感じ。

紅葉

昨日雲仙まで紅葉を見に行ったのだが、お昼というのに仁田峠が2時間待ちという始末。さっさとあきらめて小地獄温泉に行きました。なんとか、紅葉もゲットしたかったので、近くの有名旅館の入口で写真をとりました。

カメラが下手。かなり、きれいだった。
1011061

1011062

1011063

失意のまま、帰宅。プリンスの散歩。
1011064

爺さんに救われるかな…


愛菜館

愛菜館
大ざるそば950円。

新そばです。つゆが旨い。そば茶が美味しい。

そばも旨いんだが、そば茶の味が強くて消された感じ。お茶は普通の方がいいのでは?

そば茶は後出しにするとか。

神戸堂

神戸堂
ラーメン550円。甘めの醤油味。麺が細いので自分好みではなかった。

優しい感じの味です。

« October 2010 | Main | December 2010 »

Recent Trackbacks

Categories

折り鶴

  • 100306o18
    ロトのはずれ券で鶴を折ってみました。紙質が固くて意外にかっちりした折り鶴ができますね。

最近借りた本

  • 酒井順子: 携帯の無い青春
    酒井順子と言えば負け犬のイメージなんだが、なんだかうらやましい青春を送っているな。年代的にはほぼ同じ。書いてあることはまあまあ合致する。携帯の無い時代はやはりいろいろめんどくさいことが多かった。電話の取り次ぎしかり酒の飲み方しかりだ。それに今と比べていろんなものにチープ感があった。お金はかかっているんだけどね。大雑把なんだろな。あんまり考えなくても就職はできたし、それなりの生活ができた。知り合いに失業者なんていなかったからね。バブルがはじけて以降、様変わりした感があるな。 酒井順子が国難と言われる今をどう書くかな。ひそかな楽しみにしているのでした。
  • 石田衣良: 東京DOLL
    2004年に書かれたもの。金持ち野郎と若い女の子の話。どちらも才能のある人。個人的にはリアル感はない。おもちゃにしてほしいと思っている女を知らんしね。でも、憧れるなあ。
  • 畠中恵: つくもがみ貸します
    作者の本は本屋ではよく見てたのですが読んだのは初めて。おもしろかったですね。付喪神は物についた神様。損料屋にある品物についた神様とその店の主人の関係がなかなかつかず離れずで愉快。神様なのでえらいんだけど、売られると噂話ができなくなるという弱みを持つ。でも、偉そうなんだよね。愉快愉快。
  • 伊坂幸太郎: オーデュポンの祈り
    約1年ぶりのアップですな。未来を予見できる案山子が殺される。この案山子は会話ができるのだ。ミステリーなのだが、ファンタジーが混ざっている。お話は終盤すごいスピードで展開するのだが、伏線がばっちり張ってあっておもしろかった。時間軸、場所の変化もあり、あっという間に読み終えました。ラストシーンの案山子の描写は素晴らしいの一言。
  • 北村想: 怪人二十面相・伝
    K-20の原作本。映画を見たので原作を読んでみようと思った。話は映画とは全く異なる。江戸川乱歩の二十面相のような昔の言葉を使っているのも雰囲気があってよい。最終章は読ませてくれる。
  • 伊坂幸太郎: チルドレン
    陣内さんがすばらしい。吹っ飛びキャラはいろいろな小説に出てくるが、この方はそれほどでもない。ただ、言動が自己中。まわりがいいように解釈してあたかも予言のようになっているのがご都合主義ぽく見えるが楽しい。短編集なのだが陣内さんは全部に出てくるのでおもしろい。チルドレンIIが特にいい。
  • 坂東眞砂子: 傀儡
    生と死の境目を書くのが作者の得意分野のように思う。この作品でも復讐に命を懸ける男が出てくるが、復習しても先はないと考えている。つまり、すでに死んでいるのだ。体を動かすのは怨念のみ。復讐という目的のみで動いている。あと、話の中で親鸞の話が出てくるが、作者の宗教観に裏打ちされたものかどうかはわからない。だが、他力本願をうまく説明しているなあと感じた。
  • 川上弘美: 風花
    夫婦喧嘩は犬も食わない。裏を返せば、夫婦の間のことは夫婦にしかわからないということだろう。この本の中の夫婦、特に女性のほうは積極的に他人に相談している。友人のような第三者的な人間ではなく、親戚にだ。悩みを相談するなとは言わないが、親類縁者は最終手段に近い位置づけではないか。結局、この夫婦、どうしたいのか、どうもできないこともあるというお話なのか。どうも、よくわからんかった。
  • 田口ランディ: Cure
    ターミナルケアの最近の事情はよく知らない。認知症の介護も昔とは変わったような話も聞く。あと数年もすれば私もいやでもそれらの情報を集めることになるだろう。この本ではガンがフォーカスされていたが、がんに限らず難病と言われる類いの病に冒された人はどう人生を歩むのが幸せなのだろう。ひと括りで結論は出ないのは当たり前だが、幸せと感じられるシステムというのが日本では提供されているのだろうか。それは医療だけでなく、生活に関するあらゆる面でケアされているのだろうか。また、ケアに限らず生きることの大局というものが我々には見えているのだろうか。私は残念ながら見えていない。まったく、残念だが…
  • 吉田修一: 静かな爆弾
    吉田氏の作品は穏やかな感じがする。もちろん、すべてではないと思うが印象として静かである。この作品はそれほどではない。たぶん、耳が聞こえない人とのコミュニケーションを書くとなると意外とせわしくなるのかもしれない。作品の最後は思いと迷いが交錯する。そして、忘れていた静かな思いがはじける。