November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
My Photo

クロック


相互リンク


  • おるとグルメ 〜 Alternative Gourmet

リンク(バナーあり)

ココフラッシュ

無料ブログはココログ

« December 2010 | Main | February 2011 »

January 2011

中央軒

中央軒
長崎ちゃんぽん840円。

具が多くて贅沢。味はあっさり。野菜が物足りない。
関西で食べられる長崎ちゃんぽんでは旨いという話。
確かに全然別物っていうのもあるからなあ。

くくる

くくる
大阪にはずいぶんいるけど、タコ焼き屋でタコ焼きを買うのは初めて。

旨い。

ありがとう

ありがとう
すかっとした。

ザッケローニ監督、最高。

カテナチオ

カテナチオ
ザックやるな。ここでイタリアのお家芸ですか。

河豚

河豚
大阪は河豚が安く食べられるという感じがあります。

今日はそういうお店に行きました。てっさを少しだけ食べることができました。

さぶっ

さぶっ
室内気温15度。靴下掃いて寝るなんて。

エアコンがきかない。何故?

塩元帥再び

塩元帥再び
塩つけ麺800円。

久しぶりの塩元帥。今日はつけ麺にしました。スープは塩ラーメンと同じかなぁ。ゆず入り。タマゴ旨い。

ねぎ塩ラーメンを次は狙ってみよう。

東雲亭

東雲亭
ごま味噌つけ麺300g840円。

あまり辛くないので食べ易い。肉味噌なんだがレンゲがついて来るので、すくって食べられるのがうれしい。

ニンニクまるごとトッピングも可能なので、次は休日の前にトライしよう。

東洋亭

東洋亭
ハンバーグランチ1155円。
まるごとトマトのサラダがおしゃれ。ハンバーグはボリュームがあって旨い。

幸せになるわぁ。

伏見稲荷

伏見稲荷
久しぶりの伏見稲荷です。

去年来た時は門が改修中だったのですが、綺麗になってましたね。

今年の商売がうまくいきますようにお願いしました。

去年のお守りを持って来るのを忘れてたので、多分来月くらいにもう一度来る事になるかなぁ。

キャッチーその2

キャッチーその2
ビニール!どーん

キャッチーその1

キャッチーその1
プラスチック!どーん

鍋
腹一杯。

なんば

なんば
今日は飲み会。あまり寒くない。

飲むよー。

あー、ついに

このブログの人気記事のトップが「上司運がないなあ」とわ。ちょっぴり悲しい。元気がないなぁ。

そもそも、上司運がないのは自分の能力がないせいというのは持論としてあるのです。能力があれば大概能力のある上司に引き抜かれます。直接の部下ではなくても、プロジェクトなどので一緒に仕事をすることもできます。もちろん、能力のある上司=良い上司であるとは限りません。ですが、人間的にダメな奴は仕事もダメなのが普通です。

中小、零細では似たり寄ったりの上司しかいないとか、社長からアホという場合もあるはずです。でも、力があればよその会社の人の目に触れることがあるかもしれません。上手くいけば引き抜きという可能性も0ではないのです。

私は上司運がないと思っています。多くの方が同じ思いをしているのかなあと思います。私はもう結構な年ですが、なんとか良い方向に持っていこうと思っています。どうせ、体が動くうちは働かないと食べていけないのですから、できるだけ良い状況を長く保てるようにしようと思います。

起業という手もありますが、結局、取引先運がないなあという状況になってしまってはいけないのです。自分を強みをさらに磨こうと思います。生き抜くために。

柿の種×チョコ

柿の種×チョコ
正直微妙。

甘い。柿のが甘いなんて…ダメ。

洛中たれ○?

洛中たれ○?
無濾過。香りが良い。少し辛い。キリっとしててなかなか。

夢屋台

夢屋台
夢ラーメン790円。

トッピングで食べさせるラーメンと思います。スープはこってりしているがコクがない感じ。

崩しチャーシューを掻き交ぜて食べるとちょうど良い。次はねぎともやしを追加したい。

大前田

大前田
つけ麺300g900円。

肉が旨い。牛肉かなぁ。味は醤油。いいと思います。

レモン搾り

レモン搾り
今日は串揚げを食べに梅田に行った。

レモンを搾る道具を初めて見た。串揚げも上品で旨かったけど、この道具のほうがひっかかった。

肉にんにく

肉にんにく
コイケヤのポテチ。ニンニク味がなかなか。

寒いです

寒いです
家の猫が今日はぺったりきます。

室温10度。寒いわな。なので、寝よかね。

BS競馬

BS競馬
11Chで始まったらしい。

後ろのCGがうざったいわ。

温泉

温泉
行きたい。

来週からまた大阪出張。関西にもいい温泉はあるけど、足がないのだ。

明日は天気が心配だが、温泉行きたいなあ。

ソニックに猫

ソニックに猫
JR九州のソニックにたま駅長ペイントがあるのね。

正月にも見かけのだが、最近は長崎−博多間にいるようだ。

がんばれ宮崎。

新しいお薬

新しいお薬
新しい血圧の薬。今まではジェネリックだったが今度のは違うので少し高い。

効いてくれ〜

殺菌

殺菌
いろいろ殺菌しなくては。
ハー。orz

祐徳稲荷に行く

祐徳稲荷に車で出かけた。3が日だけあって大渋滞。あと2kで40分ほどかかった。今日も寒かった。あいにくの天気。細かい雨が降っていた。
1101031

参道はまずまずの人出。天気のせいかいくらか少なかったように思う。とはいえ、先に言ったくらいの渋滞が発生するくらいの人がいたわけだ。寒いので早く帰ろう状態になったので参道をほとんど素通りして神社へ直行。
1101032

おみくじは末吉。まあ、あとは右肩上がりの一年と思うようにするかな。写真がうまくなくてこれくらいしかない(人が多くて顔が結構はっきり入っていた)。帰りに参道でちくわを買ったのだがこれが旨い。うちはいつも買っているが、ぜひ、祐徳稲荷に行ったら買って見て下さいな。

みかん

みかん
はるか、デコポン、クレメンタイン。

クレメンタインって初めて食べた。あまり甘くなくて良い。

霜降り白菜ちゃんぽん

霜降り白菜ちゃんぽん
リンガーハットの季節メニュー650円。

ゆず風味はいるのかな?まずくはないが、ちゃんぽんぽくない。イマイチ。

稲荷詣で

稲荷詣で
天気もよく、近くの稲荷神社に参拝しました。

景気がよくなって欲しいと思うなあ。

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます
今年一年が良い年でありますように。

なんだけど、朝から家の猫のフンを踏む始末。

おみくじは末吉。また我慢と忍耐で乗り切る年かなぁ。前進が欲しいなあ。

« December 2010 | Main | February 2011 »

Recent Trackbacks

Categories

折り鶴

  • 100306o18
    ロトのはずれ券で鶴を折ってみました。紙質が固くて意外にかっちりした折り鶴ができますね。

最近借りた本

  • 酒井順子: 携帯の無い青春
    酒井順子と言えば負け犬のイメージなんだが、なんだかうらやましい青春を送っているな。年代的にはほぼ同じ。書いてあることはまあまあ合致する。携帯の無い時代はやはりいろいろめんどくさいことが多かった。電話の取り次ぎしかり酒の飲み方しかりだ。それに今と比べていろんなものにチープ感があった。お金はかかっているんだけどね。大雑把なんだろな。あんまり考えなくても就職はできたし、それなりの生活ができた。知り合いに失業者なんていなかったからね。バブルがはじけて以降、様変わりした感があるな。 酒井順子が国難と言われる今をどう書くかな。ひそかな楽しみにしているのでした。
  • 石田衣良: 東京DOLL
    2004年に書かれたもの。金持ち野郎と若い女の子の話。どちらも才能のある人。個人的にはリアル感はない。おもちゃにしてほしいと思っている女を知らんしね。でも、憧れるなあ。
  • 畠中恵: つくもがみ貸します
    作者の本は本屋ではよく見てたのですが読んだのは初めて。おもしろかったですね。付喪神は物についた神様。損料屋にある品物についた神様とその店の主人の関係がなかなかつかず離れずで愉快。神様なのでえらいんだけど、売られると噂話ができなくなるという弱みを持つ。でも、偉そうなんだよね。愉快愉快。
  • 伊坂幸太郎: オーデュポンの祈り
    約1年ぶりのアップですな。未来を予見できる案山子が殺される。この案山子は会話ができるのだ。ミステリーなのだが、ファンタジーが混ざっている。お話は終盤すごいスピードで展開するのだが、伏線がばっちり張ってあっておもしろかった。時間軸、場所の変化もあり、あっという間に読み終えました。ラストシーンの案山子の描写は素晴らしいの一言。
  • 北村想: 怪人二十面相・伝
    K-20の原作本。映画を見たので原作を読んでみようと思った。話は映画とは全く異なる。江戸川乱歩の二十面相のような昔の言葉を使っているのも雰囲気があってよい。最終章は読ませてくれる。
  • 伊坂幸太郎: チルドレン
    陣内さんがすばらしい。吹っ飛びキャラはいろいろな小説に出てくるが、この方はそれほどでもない。ただ、言動が自己中。まわりがいいように解釈してあたかも予言のようになっているのがご都合主義ぽく見えるが楽しい。短編集なのだが陣内さんは全部に出てくるのでおもしろい。チルドレンIIが特にいい。
  • 坂東眞砂子: 傀儡
    生と死の境目を書くのが作者の得意分野のように思う。この作品でも復讐に命を懸ける男が出てくるが、復習しても先はないと考えている。つまり、すでに死んでいるのだ。体を動かすのは怨念のみ。復讐という目的のみで動いている。あと、話の中で親鸞の話が出てくるが、作者の宗教観に裏打ちされたものかどうかはわからない。だが、他力本願をうまく説明しているなあと感じた。
  • 川上弘美: 風花
    夫婦喧嘩は犬も食わない。裏を返せば、夫婦の間のことは夫婦にしかわからないということだろう。この本の中の夫婦、特に女性のほうは積極的に他人に相談している。友人のような第三者的な人間ではなく、親戚にだ。悩みを相談するなとは言わないが、親類縁者は最終手段に近い位置づけではないか。結局、この夫婦、どうしたいのか、どうもできないこともあるというお話なのか。どうも、よくわからんかった。
  • 田口ランディ: Cure
    ターミナルケアの最近の事情はよく知らない。認知症の介護も昔とは変わったような話も聞く。あと数年もすれば私もいやでもそれらの情報を集めることになるだろう。この本ではガンがフォーカスされていたが、がんに限らず難病と言われる類いの病に冒された人はどう人生を歩むのが幸せなのだろう。ひと括りで結論は出ないのは当たり前だが、幸せと感じられるシステムというのが日本では提供されているのだろうか。それは医療だけでなく、生活に関するあらゆる面でケアされているのだろうか。また、ケアに限らず生きることの大局というものが我々には見えているのだろうか。私は残念ながら見えていない。まったく、残念だが…
  • 吉田修一: 静かな爆弾
    吉田氏の作品は穏やかな感じがする。もちろん、すべてではないと思うが印象として静かである。この作品はそれほどではない。たぶん、耳が聞こえない人とのコミュニケーションを書くとなると意外とせわしくなるのかもしれない。作品の最後は思いと迷いが交錯する。そして、忘れていた静かな思いがはじける。