July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
My Photo

クロック


相互リンク


  • おるとグルメ 〜 Alternative Gourmet

リンク(バナーあり)

ココフラッシュ

無料ブログはココログ

« March 2012 | Main | May 2012 »

April 2012

レッドデータブック

レッドデータブック
長崎の希少生物図鑑です。
ひきがえるやとのさまがえるもリストにあります。

是非、読んで欲しい一冊。
無駄な公共事業ではないか考えるための一つの資料と思います。

四天王

四天王
四天王ラーメン850円。

野菜たっぷりで嫌いではない。でも麺がイマイチ。味は醤油と味噌の合わせでしょうか。

クワンチャイ

クワンチャイ
西宮北口のタイ料理のお店。

トムヤムクン900円。好きなんだけど、高いよなあ。海老が結構入ってるからしかたないかなあ。

でも一緒に頼んだチキンライスのほうが高かったりする。そう考えるとトムヤムクンのほうがいいかな。

難波にて

難波にて
難波でたまに行くお寿司屋さんに行きました。

徳ずしさん。マスターが同県人なんです。恐持てだがいい人なんだなあ。

リーガル・ハイ

リーガル・ハイ
初めて見ました。

面白い。堺雅人はいいなあ。

まて貝

まて貝
懐かしい名前だったからオーダーしたけど、イメージがちょっと違った。

でもおいしかった。

お守り

お守り
猫の病気の回復祈願に行って来ました。

鈴虫寺と今宮神社です。お願いします。

麺匠

麺匠
こがしチャーシュー麺780円。

旨くもまずくもないラーメン。
ただしチャーシューはおいしい。茶美豚だから旨いのか、腕がいいかはわかりません。

凸
1個105円。

まあまあリーズナブル。旨いし。

蟹
シンガポール料理のお店に行きました。

蟹を食べたけど、身がなかった。Sサイズだったからねえ。しかたないかあ。味はよかったが。

でも結構いい値段だったよ。

桜
今日も仕事でした。

写真は昨日の夕方に帰り道で撮ったもの。のんびり花見でもしたかったが、くたくたでやめました。

早く落ち着きたい。

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマト
実写版は初めて見るけど、ちょっと楽しみです。

重い

重い
このところ、あまりいい事がない。気分が重い。

それを忘れようと、いろんな事をやっている。お金もずいぶん使った。

だけど、しばらくは重いものを抱えたまま進む事にする。

そうする。

きっと、また会える

きっと、また会える
腎臓病でかなりきつい状態だ。

また、しばらく家を空ける。帰るまではなんとかもって欲しい。

まだまだ、死ぬには早い。回復を願う。

リンガーハット

リンガーハット
あさりちゃんぽん890円。
鰹節が乗ったちゃんぽんは初めて食べた。あさりは殻つきだったけど、個人的にはむき身でもよかった。

つくねがおいしい。つくねちゃんぽんでもいいかと思うが、インパクトないか。

金麦

金麦
新しい金麦。サントリー得意の天然水仕込み。旨い。

筍
国産ではないかもしれないけど、新物ではないかもしれないけど、春は筍ですね。

鳥彌三

京都にはずいぶん来ているが、敷居が高くて行けなかったお店。鳥彌三に思い切って行ってみました。お昼時、予約なしでしたが大丈夫とのことでした。
1204011_4

通されたのは1階の川沿いの部屋。鴨川が見える。素晴らしい。贅沢。桜にはすこし早かったのが残念。咲いていれば、最高だったでしょう。
1204012

1204013

頼んだのは水炊きコース12,800円。値段は張ります。武田鉄矢がTVで言ってた昔からある骨入れ。歴史ロマンが働きます。
1204014_2

テーブルはいわゆる円卓。ちゃぶ台ではないよ。おしゃれ。粋です。
1204015

天明8年というのがいつかは知らないけど、そんなことはさておき、創業時期を売りに出来ることがすごい。
1204016

先付けで出てきた鳥の肝。これともう一品ありましたが、肝はおいしかった。あまり、甘くなく、血抜きもきれいにされているので臭みもなし。ビールの当てに良かったです。
1204017

鳥は仲居さんが小皿にとってくれます。鍋の管理もすべてやってくれるので、こっちは食べるだけ。軟らかい肉でおいしかったです。だし汁にかき卵を入れて出してくれるのですが、これが少しずつ味を変えてくれてすいすい飲んでしまいました。
1204018

〆は雑炊。出汁が効いてておいしい。お腹いっぱいになるボリュームです。
1204019

この後に、デザートのわらびもちができました。これもおいしかった。
仲居さんはずっと付いてくれるし、世間話をしながら、酒を飲みながら飯を食う。とても贅沢な大人の時間でした。

よかもつ屋

よかもつ屋
大阪の西中島にあります。
ホルモンメインのお店。というか鳥が旨い。

写真は鳥のたたき。次行けたら、もつ鍋か。

« March 2012 | Main | May 2012 »

Recent Trackbacks

Categories

折り鶴

  • 100306o18
    ロトのはずれ券で鶴を折ってみました。紙質が固くて意外にかっちりした折り鶴ができますね。

最近借りた本

  • 酒井順子: 携帯の無い青春
    酒井順子と言えば負け犬のイメージなんだが、なんだかうらやましい青春を送っているな。年代的にはほぼ同じ。書いてあることはまあまあ合致する。携帯の無い時代はやはりいろいろめんどくさいことが多かった。電話の取り次ぎしかり酒の飲み方しかりだ。それに今と比べていろんなものにチープ感があった。お金はかかっているんだけどね。大雑把なんだろな。あんまり考えなくても就職はできたし、それなりの生活ができた。知り合いに失業者なんていなかったからね。バブルがはじけて以降、様変わりした感があるな。 酒井順子が国難と言われる今をどう書くかな。ひそかな楽しみにしているのでした。
  • 石田衣良: 東京DOLL
    2004年に書かれたもの。金持ち野郎と若い女の子の話。どちらも才能のある人。個人的にはリアル感はない。おもちゃにしてほしいと思っている女を知らんしね。でも、憧れるなあ。
  • 畠中恵: つくもがみ貸します
    作者の本は本屋ではよく見てたのですが読んだのは初めて。おもしろかったですね。付喪神は物についた神様。損料屋にある品物についた神様とその店の主人の関係がなかなかつかず離れずで愉快。神様なのでえらいんだけど、売られると噂話ができなくなるという弱みを持つ。でも、偉そうなんだよね。愉快愉快。
  • 伊坂幸太郎: オーデュポンの祈り
    約1年ぶりのアップですな。未来を予見できる案山子が殺される。この案山子は会話ができるのだ。ミステリーなのだが、ファンタジーが混ざっている。お話は終盤すごいスピードで展開するのだが、伏線がばっちり張ってあっておもしろかった。時間軸、場所の変化もあり、あっという間に読み終えました。ラストシーンの案山子の描写は素晴らしいの一言。
  • 北村想: 怪人二十面相・伝
    K-20の原作本。映画を見たので原作を読んでみようと思った。話は映画とは全く異なる。江戸川乱歩の二十面相のような昔の言葉を使っているのも雰囲気があってよい。最終章は読ませてくれる。
  • 伊坂幸太郎: チルドレン
    陣内さんがすばらしい。吹っ飛びキャラはいろいろな小説に出てくるが、この方はそれほどでもない。ただ、言動が自己中。まわりがいいように解釈してあたかも予言のようになっているのがご都合主義ぽく見えるが楽しい。短編集なのだが陣内さんは全部に出てくるのでおもしろい。チルドレンIIが特にいい。
  • 坂東眞砂子: 傀儡
    生と死の境目を書くのが作者の得意分野のように思う。この作品でも復讐に命を懸ける男が出てくるが、復習しても先はないと考えている。つまり、すでに死んでいるのだ。体を動かすのは怨念のみ。復讐という目的のみで動いている。あと、話の中で親鸞の話が出てくるが、作者の宗教観に裏打ちされたものかどうかはわからない。だが、他力本願をうまく説明しているなあと感じた。
  • 川上弘美: 風花
    夫婦喧嘩は犬も食わない。裏を返せば、夫婦の間のことは夫婦にしかわからないということだろう。この本の中の夫婦、特に女性のほうは積極的に他人に相談している。友人のような第三者的な人間ではなく、親戚にだ。悩みを相談するなとは言わないが、親類縁者は最終手段に近い位置づけではないか。結局、この夫婦、どうしたいのか、どうもできないこともあるというお話なのか。どうも、よくわからんかった。
  • 田口ランディ: Cure
    ターミナルケアの最近の事情はよく知らない。認知症の介護も昔とは変わったような話も聞く。あと数年もすれば私もいやでもそれらの情報を集めることになるだろう。この本ではガンがフォーカスされていたが、がんに限らず難病と言われる類いの病に冒された人はどう人生を歩むのが幸せなのだろう。ひと括りで結論は出ないのは当たり前だが、幸せと感じられるシステムというのが日本では提供されているのだろうか。それは医療だけでなく、生活に関するあらゆる面でケアされているのだろうか。また、ケアに限らず生きることの大局というものが我々には見えているのだろうか。私は残念ながら見えていない。まったく、残念だが…
  • 吉田修一: 静かな爆弾
    吉田氏の作品は穏やかな感じがする。もちろん、すべてではないと思うが印象として静かである。この作品はそれほどではない。たぶん、耳が聞こえない人とのコミュニケーションを書くとなると意外とせわしくなるのかもしれない。作品の最後は思いと迷いが交錯する。そして、忘れていた静かな思いがはじける。