April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
My Photo

クロック


相互リンク


  • おるとグルメ 〜 Alternative Gourmet

リンク(バナーあり)

ココフラッシュ

無料ブログはココログ

« May 2012 | Main | July 2012 »

June 2012

生レバー

生レバー
来月から食べられなくなるなんてもったいない。

名残惜しいです。

麺王

麺王
徳島ラーメン。生タマゴがただで付くのだが、入れるときに崩れてしまった。

こってりしてるが、食べ易い。

フォンブール

フォンブール
リースリングトロッケン。

おいしい。辛口となってますが、すっきりしてて飲み易い。

彦根に行くの巻

昨日、彦根に行ってきました。ひこにゃん目的ではあったのですが会えませんでした。でも、楽しめました。

彦根には大阪から新快速で1時間20分。座っていけたので楽でした。
1206171

駅前には井伊直政の像。角がいいですね。着いたのが1時半。お昼がまだだったので、第2の目的、近江ちゃんぽんを食べに行きました。駅前にお店があるのはリサーチ済でしたから、そのお店へ。
1206172

やはり、ちゃんぽんというよりはタンメン。お酢をいれるところもタンメンかなあと思いました。ただ、豚肉と野菜の組み合わせなのでちゃんぽんと言えないこともないかな。

ご飯を食べたら早速彦根城へ。街中は静か。メジャーなお城があるのでもうすこし、活気があるかなと思いましたが…駅前にはお土産とかもあまり売ってなかったですしね。

1Kmぐらい歩くとお城に着きます。
1206173

屋根のなみなみしているところもこのお城ならではではなかったかな?
1206174

天守閣の前に馬屋を見ました。昔の馬の模型?がありました。サラブレッドに比べると確かに小さい。
1206175

馬屋のそばの多聞櫓というところに階段状のものがあったのですが、ほかの城では見たことがないなと思いました。
1206176

多聞櫓には昔の鯱鉾がありました。こういうのを見るのは好きです。
1206177

天守に向けて歩いて行くと橋がある。これも見たことがなかったので新鮮でした。
1206178

石垣も岩をそのまま使っているところもありましたね。使えるものは使うということでしょうね。コストのことも考えたんでしょうか。
1206179

かなり大変な道を上がっていくと天守閣があります。お城としては大きくはないですが、やはり国宝。威厳があるように思います。
12061710

ここはたくさんの観光客がいました。天守の一番上までずっと並びっぱなし。急な階段でちょっと怖かったです。女性の方はスカートでは無理ですね。いちばん上まで行くと琵琶湖が見えます。この日は良い風が吹いていて、汗をかいた体には気持ち良かったです。
12061711

天守を見た後、玄宮園というところに行きました。途中、井伊大老生誕の地が。歴史ですね。
12061712

玄宮園は庭園です。しかもかなり大きい。お城のチケットがあれば入れます。
12061713

橋から見るともみじが。秋はかなり良い感じではないかと思います。
12061714

彦根城を見たのでどうしようかと思っていたのですが、彦根港から船があるようなので乗ってみようと行ってみました。ところが、10分前に最後の船が出たばかり。困ったと思っていましたが、琵琶湖は初めてなので、水でも触ってみようと思い、港のそばの海水浴?場みたいなところに行きました。
12061715

琵琶湖、でかい。海とは並みの感じが違いました。とても波の周期が早いと思いました。ザバーンではなく、ジャッバ、ジャッバという感じですね。

12061716

水にも触ってみました。天気が良かったせいかぬるく感じました。舐めて見ようかと思いましたが、やめました。

彦根城に行けてよかったです。ひこにゃんは10分遅れで会えませんでしたし、観光船にも10分遅れ。計画がずさんでしたが、まあ良しとします。近江ちゃんぽんも食べられましたしね。

シークァーサー

シークァーサー
トリスハイボールのシークァーサー味?

旨いっす。

喜界島の砂糖のラスク

喜界島の砂糖のラスク
ラスクって昔から好きでたまに食べます。

いかりスーパーで見かけたので買ってみたら、これがなかなか旨い。

普通は牛乳といっしょに食べるがお茶に合うと書いてあるのでブラックコーヒーと合わせてみた。

少し苦味がある砂糖なのかな。ブラックにあいます。クセになるかも。

カルパッチョ

カルパッチョ
梅田の地下街にあるお店で頼みました。

魚のメニューが豊富で好感を持ちました。

カルパッチョの盛り合わせ880円。ただ、カルパッチョは赤身のほうが旨いと思うし、タチウオとアジはオリーブオイルより酢だと思う。

岩ガキ

岩ガキ
夏のカキ。まだ、味が足りない。もっと暑い時期に食べたい。

お茶づけ

お茶づけ
久しぶりに飲み会。

梅お茶づけ、美味しかった。

« May 2012 | Main | July 2012 »

Recent Trackbacks

Categories

折り鶴

  • 100306o18
    ロトのはずれ券で鶴を折ってみました。紙質が固くて意外にかっちりした折り鶴ができますね。

最近借りた本

  • 酒井順子: 携帯の無い青春
    酒井順子と言えば負け犬のイメージなんだが、なんだかうらやましい青春を送っているな。年代的にはほぼ同じ。書いてあることはまあまあ合致する。携帯の無い時代はやはりいろいろめんどくさいことが多かった。電話の取り次ぎしかり酒の飲み方しかりだ。それに今と比べていろんなものにチープ感があった。お金はかかっているんだけどね。大雑把なんだろな。あんまり考えなくても就職はできたし、それなりの生活ができた。知り合いに失業者なんていなかったからね。バブルがはじけて以降、様変わりした感があるな。 酒井順子が国難と言われる今をどう書くかな。ひそかな楽しみにしているのでした。
  • 石田衣良: 東京DOLL
    2004年に書かれたもの。金持ち野郎と若い女の子の話。どちらも才能のある人。個人的にはリアル感はない。おもちゃにしてほしいと思っている女を知らんしね。でも、憧れるなあ。
  • 畠中恵: つくもがみ貸します
    作者の本は本屋ではよく見てたのですが読んだのは初めて。おもしろかったですね。付喪神は物についた神様。損料屋にある品物についた神様とその店の主人の関係がなかなかつかず離れずで愉快。神様なのでえらいんだけど、売られると噂話ができなくなるという弱みを持つ。でも、偉そうなんだよね。愉快愉快。
  • 伊坂幸太郎: オーデュポンの祈り
    約1年ぶりのアップですな。未来を予見できる案山子が殺される。この案山子は会話ができるのだ。ミステリーなのだが、ファンタジーが混ざっている。お話は終盤すごいスピードで展開するのだが、伏線がばっちり張ってあっておもしろかった。時間軸、場所の変化もあり、あっという間に読み終えました。ラストシーンの案山子の描写は素晴らしいの一言。
  • 北村想: 怪人二十面相・伝
    K-20の原作本。映画を見たので原作を読んでみようと思った。話は映画とは全く異なる。江戸川乱歩の二十面相のような昔の言葉を使っているのも雰囲気があってよい。最終章は読ませてくれる。
  • 伊坂幸太郎: チルドレン
    陣内さんがすばらしい。吹っ飛びキャラはいろいろな小説に出てくるが、この方はそれほどでもない。ただ、言動が自己中。まわりがいいように解釈してあたかも予言のようになっているのがご都合主義ぽく見えるが楽しい。短編集なのだが陣内さんは全部に出てくるのでおもしろい。チルドレンIIが特にいい。
  • 坂東眞砂子: 傀儡
    生と死の境目を書くのが作者の得意分野のように思う。この作品でも復讐に命を懸ける男が出てくるが、復習しても先はないと考えている。つまり、すでに死んでいるのだ。体を動かすのは怨念のみ。復讐という目的のみで動いている。あと、話の中で親鸞の話が出てくるが、作者の宗教観に裏打ちされたものかどうかはわからない。だが、他力本願をうまく説明しているなあと感じた。
  • 川上弘美: 風花
    夫婦喧嘩は犬も食わない。裏を返せば、夫婦の間のことは夫婦にしかわからないということだろう。この本の中の夫婦、特に女性のほうは積極的に他人に相談している。友人のような第三者的な人間ではなく、親戚にだ。悩みを相談するなとは言わないが、親類縁者は最終手段に近い位置づけではないか。結局、この夫婦、どうしたいのか、どうもできないこともあるというお話なのか。どうも、よくわからんかった。
  • 田口ランディ: Cure
    ターミナルケアの最近の事情はよく知らない。認知症の介護も昔とは変わったような話も聞く。あと数年もすれば私もいやでもそれらの情報を集めることになるだろう。この本ではガンがフォーカスされていたが、がんに限らず難病と言われる類いの病に冒された人はどう人生を歩むのが幸せなのだろう。ひと括りで結論は出ないのは当たり前だが、幸せと感じられるシステムというのが日本では提供されているのだろうか。それは医療だけでなく、生活に関するあらゆる面でケアされているのだろうか。また、ケアに限らず生きることの大局というものが我々には見えているのだろうか。私は残念ながら見えていない。まったく、残念だが…
  • 吉田修一: 静かな爆弾
    吉田氏の作品は穏やかな感じがする。もちろん、すべてではないと思うが印象として静かである。この作品はそれほどではない。たぶん、耳が聞こえない人とのコミュニケーションを書くとなると意外とせわしくなるのかもしれない。作品の最後は思いと迷いが交錯する。そして、忘れていた静かな思いがはじける。