December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
My Photo

クロック


相互リンク


  • おるとグルメ 〜 Alternative Gourmet

リンク(バナーあり)

ココフラッシュ

無料ブログはココログ

日本 VS クロアチア

まずは前半。
やはり暑そうですね。90分のゲームプランを考えて大きなアタックがなかったように思います。これは前回の二の轍を踏まないということでしょうか。
セルジオさんの解説のとおり、アレックスとセンターバックが集中砲火を受けている感じですね。小笠原あたりがもうちょっとキープできればいいのかなと思います。きついとは思いますがね。プレスがかかる前にもう相手は展開してますものね。
川口のセーブには恐れ入りました。もう、何も言うこと無しです。あとは凡ミスをしないでね。

では後半へ。
福西と交代で稲本が入ってきた。守りがちょっと心配。逆にジーコさんの積極采配とも言えるか、珍しい。
クロアチアは明らかにカウンター狙いに来た。前線でのプレスはない。プレスラインは日本のアタッキングハーフのポジション。この線を死守しにきている。
玉田が入ったはいいが、ボールを触れない。相手は疲れているのに突っかける選手にボールが届かないのは問題。
35分を過ぎて中盤がキープできない状態で選手交代をできないものか。リスクはあるとは思うが動ける選手を入れないといかんのではないか。40分、大黒投入。ちょっと遅いかも。FWよりはMFを入れたほうが良かったように思う。中村は動けてなかった。クロアチアは中盤ががんばったと思う。技術的には日本より上だとは思っていたが暑さにはまいっていたようだった。

結局、消耗戦は0-0。日本ベンチも積極的に動いたとは思うが、押し切れなかった。残念。W杯アウェーでの歴史的勝ち点1と思う事にしよう。

日本 VS オーストラリア

前半、じりじりとした展開。決定的局面という点ではオーストラリアのほうが多かった。
中盤はスペースがあるのだが、プレッシャーがきついという感じ。ラフなチェックも多い。
もうちょっとサイドで基点ができないものなのか意図して作っていないのか?

中村の得点はラッキーだが、その前の川口のセーブがあっての得点かもしれない。
サッカーにはこういうことが往々にしてあるが、これもサッカーの神様のおかげかな。

ということで、後半。
両チームともにバテバテ状態の中のゲーム。先にバテたのはオーストラリアの方だが
リフレッシュ要員を入れてきた。日本は坪井の怪我は仕方ないにしても選手の状態把握が
できていないのか、なかなか選手交代をしない。
残念だが、ベンチワークの差かもしれない。こればかりはいかんともしがたいな。

スコアは1-3。なんだかんだいっても、3点目は余計だ。少なくても1-2で終わるべきだった。

ドイツ VS コスタリカ

開幕戦、さっき録画を見終えますた。一応感想だけ。

ドイツの立ち上がりは力入ってましたね。硬かった。先制点が入ってからはいくらか良かったかなって程度。全体的にはでき悪いです。コスタリカはもっと悪かった。超アウェーは理解できるとしても、べた引きで失点しているようではきつい。ワンチョペだけが救いでした。

ドイツのサイドバックって、もっとでかいという印象があったけど、左サイドのラーンって選手はいままでのイメージとは違う。おもしろい。後はもっと強いところとやって、どこまでやれるかだな。

最後に、3階建てのスタンドは迫力ですな。

福岡昇格

まずはおめでとうと思った。正直、J2常連かと思っていたからね。勉強不足でした。今日の日刊スポーツで優勝候補だったことをはじめて知った。来年は大分とのダービーを楽しみにしよう。
で、その日刊スポーツにセルジオ越後が書いていたことにちょっと違和感があったのだ。福岡は小さなクラブってな感じのことがちらっと書いてあったと思うが・・・福岡は充分都会。福岡がだめなら九州ではJのクラブは成り立たんのでは。人口だけでは片付かない問題はあるにせよ、下地にはなるはず。クラブとしての魅力が昔は少なかったんだろう。
今回の昇格は本当の飛躍になってほしいと思う。これもセルジオ越後が書いていたことだが、ビルバオの例は好例だと思う。長崎もこうなってほしいね。

日本 VS 韓国

一応、日本もホームの青ジャージだったので、上記のタイトルにしました。まあ日本の応援ということで。

パスサッカーはどこへ行ったか、というのが率直な感想。中国戦を見てなかったので今日のスタメンのゲームというのがどんなものか興味がありました。アジアでのゲームはガチガチのゲームになってしまうものかもしれませんね。日韓戦というのもいくらか影響があったかもしれませんが。

得点を取ったのが途中出場のスタメン常連メンバーというのも少し残念でした。今日のスタメンで得点がほしかった。

コンフェデのブラジル戦のイメージからどうも抜け出せないでいる自分がいます。あのサッカーがアジアでできていないというのが不思議でなりません。阿部とか今野とかがスタメン常連メンバーと組んだときにどういうゲームができるのか、見てみたいです。次のイラン戦のメンバーが注目ですね。

日本 VS 韓国

一応、日本がホームのジャージだったので上記のタイトルにしました。

確かに必死さは伝わるが…雑さが目立つし、一杯一杯とも取れる。チーム立ち上げからまもないせいか連携はいまいち。もうすこし遊びを出せる選手を入れたらよかったようにも思う。新なでしこはアスリートサッカーを目指しているのか、止まっている選手があまりに少ない。アテネのときはもうちょっと押さえが利いていたようにも思うが。

女子のサッカーを見る機会はめったにないので、東アジア選手権は貴重ですな。にしてもだ、韓国の9番や途中で入ったでかい選手は今後脅威かも。

V長崎 VS FC琉球

気温37度の熱闘でした。24日、九州リーグ第12節、長崎総合運動公園まで行ってまいりました。暑いよ、たまらんかった。

0507241

試合は長崎がセットプレイから先制。前半を終える。後半、琉球が追いつくも、再度長崎が突き放す。後半終了間際押し気味の琉球が同点に追いつき、PK戦へ。PK戦は長崎が4人成功、琉球の3、4人目がはずし、ゲームオーバー。長崎は地元初勝利らしい。

暑かったが、試合も熱があってよかった。特に長崎FWと琉球DFの走りあいがおもしろかった。試合開始からマッチアップが続いていて、特に後半からは激しいものになっていた。それだけに余計はまった。

こういう暑いときは技術よりも体力ですな。ゲームとして非常に楽しかった。客もはらはら状態が続いたせいでちょっとテンションが高くなっていた。こういうのもいい。

またそのうち行こう。

北朝鮮 VS 日本

今日のゲームはFIFA直轄ですか?青青のユニはアジア予選ではめずらしいですね。

で、ゲーム内容はというとすばらしかったと思います。確かに前半はヒヤヒヤする場面もありました。実際失点していたら展開は変わっていたでしょう。1つは北朝鮮がベタビキしなかったのが大きかったと思います。3日のイラン戦のように退かれたらどうだったか。日本はこの試合引き分けでも良かったわけでその辺の状況の良さが結果的にプラスに働いたかと思います。もし、3日に北朝鮮で今日がバーレーンだったら意外とすんなりとは行かなかったかも。

後半、大黒様効果はテキメンでした。セルジオの「リーグで結果を出しているヤツを使え」に一票です。もっとキープできる2トップでないとこれから先はいかんと思いますが、日本人の体格を考えると動きでスペースでボールをもらうタイプを2枚そろえる手かなとも思いました。

最後に代表の皆様おめでとう御座います。

バーレーン VS 日本 (後半)

後半戦です。

そう、こういうまったりしたゲームが日本代表の(現時点の)アジアにおけるゲームだと思う。淡々として、ゆるみがない、過度の興奮もない、事務員が電卓叩くようなゲーム。こういう試合をコンスタントに出来るようになって欲しい。

今日のゲームでは福西が良かったと思う。ここ数試合の課題と言われた最終ライン前のスペースをよく埋めていたと思う。本当はもっと上がりたかっただろうけど。

今日はテレビを見ながらリアルタイムに思ったことを書いてみました。ブログの使いかたとしてはこういうのもいいのかも知れませんね。

バーレーン VS 日本 (前半)

イランVS北朝鮮戦に続き、NHKBS1でテレビ観戦。バーレーン国立競技場、思ったより威圧感の無いスタジアムですね。

新布陣はそれなりに機能しているように見える、というか試合開始からかなりガツガツ行っている。90分持つのかが心配。
ディフェンスについては中沢が戻ったせいか危なげ無し。中盤のチェックが早いせいかも知れない。
小笠原のゴールは良かったが、やはり中盤の厚さが産んだゴールだろう。

今のところ磐石と言って良いと思う(すげー危ないシュートも打たれたけど)。後半もこのまま、追加点を祈りつつ、後半戦に続く(寝なければ)…

Recent Trackbacks

Categories

折り鶴

  • 100306o18
    ロトのはずれ券で鶴を折ってみました。紙質が固くて意外にかっちりした折り鶴ができますね。

最近借りた本

  • 酒井順子: 携帯の無い青春
    酒井順子と言えば負け犬のイメージなんだが、なんだかうらやましい青春を送っているな。年代的にはほぼ同じ。書いてあることはまあまあ合致する。携帯の無い時代はやはりいろいろめんどくさいことが多かった。電話の取り次ぎしかり酒の飲み方しかりだ。それに今と比べていろんなものにチープ感があった。お金はかかっているんだけどね。大雑把なんだろな。あんまり考えなくても就職はできたし、それなりの生活ができた。知り合いに失業者なんていなかったからね。バブルがはじけて以降、様変わりした感があるな。 酒井順子が国難と言われる今をどう書くかな。ひそかな楽しみにしているのでした。
  • 石田衣良: 東京DOLL
    2004年に書かれたもの。金持ち野郎と若い女の子の話。どちらも才能のある人。個人的にはリアル感はない。おもちゃにしてほしいと思っている女を知らんしね。でも、憧れるなあ。
  • 畠中恵: つくもがみ貸します
    作者の本は本屋ではよく見てたのですが読んだのは初めて。おもしろかったですね。付喪神は物についた神様。損料屋にある品物についた神様とその店の主人の関係がなかなかつかず離れずで愉快。神様なのでえらいんだけど、売られると噂話ができなくなるという弱みを持つ。でも、偉そうなんだよね。愉快愉快。
  • 伊坂幸太郎: オーデュポンの祈り
    約1年ぶりのアップですな。未来を予見できる案山子が殺される。この案山子は会話ができるのだ。ミステリーなのだが、ファンタジーが混ざっている。お話は終盤すごいスピードで展開するのだが、伏線がばっちり張ってあっておもしろかった。時間軸、場所の変化もあり、あっという間に読み終えました。ラストシーンの案山子の描写は素晴らしいの一言。
  • 北村想: 怪人二十面相・伝
    K-20の原作本。映画を見たので原作を読んでみようと思った。話は映画とは全く異なる。江戸川乱歩の二十面相のような昔の言葉を使っているのも雰囲気があってよい。最終章は読ませてくれる。
  • 伊坂幸太郎: チルドレン
    陣内さんがすばらしい。吹っ飛びキャラはいろいろな小説に出てくるが、この方はそれほどでもない。ただ、言動が自己中。まわりがいいように解釈してあたかも予言のようになっているのがご都合主義ぽく見えるが楽しい。短編集なのだが陣内さんは全部に出てくるのでおもしろい。チルドレンIIが特にいい。
  • 坂東眞砂子: 傀儡
    生と死の境目を書くのが作者の得意分野のように思う。この作品でも復讐に命を懸ける男が出てくるが、復習しても先はないと考えている。つまり、すでに死んでいるのだ。体を動かすのは怨念のみ。復讐という目的のみで動いている。あと、話の中で親鸞の話が出てくるが、作者の宗教観に裏打ちされたものかどうかはわからない。だが、他力本願をうまく説明しているなあと感じた。
  • 川上弘美: 風花
    夫婦喧嘩は犬も食わない。裏を返せば、夫婦の間のことは夫婦にしかわからないということだろう。この本の中の夫婦、特に女性のほうは積極的に他人に相談している。友人のような第三者的な人間ではなく、親戚にだ。悩みを相談するなとは言わないが、親類縁者は最終手段に近い位置づけではないか。結局、この夫婦、どうしたいのか、どうもできないこともあるというお話なのか。どうも、よくわからんかった。
  • 田口ランディ: Cure
    ターミナルケアの最近の事情はよく知らない。認知症の介護も昔とは変わったような話も聞く。あと数年もすれば私もいやでもそれらの情報を集めることになるだろう。この本ではガンがフォーカスされていたが、がんに限らず難病と言われる類いの病に冒された人はどう人生を歩むのが幸せなのだろう。ひと括りで結論は出ないのは当たり前だが、幸せと感じられるシステムというのが日本では提供されているのだろうか。それは医療だけでなく、生活に関するあらゆる面でケアされているのだろうか。また、ケアに限らず生きることの大局というものが我々には見えているのだろうか。私は残念ながら見えていない。まったく、残念だが…
  • 吉田修一: 静かな爆弾
    吉田氏の作品は穏やかな感じがする。もちろん、すべてではないと思うが印象として静かである。この作品はそれほどではない。たぶん、耳が聞こえない人とのコミュニケーションを書くとなると意外とせわしくなるのかもしれない。作品の最後は思いと迷いが交錯する。そして、忘れていた静かな思いがはじける。